だてこうこ■人のため・地域のため■

Img7022100420001_5

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc4461_6●主な実績

 

●主   張

 

■最新ニュース

 

■ブログ「だてこうこ通信」

 

■だてこうこ通信バックナンバー

 

●私も応援します!

 

●だてこうこ後援会

 

リンク ●公明党 ●公明党代表山口なつお        ●公明党岩手県本部 

 

                                         ●盛岡市議会 ●だてこうこ盛岡市議会インターネット中継

 

Photo_5

 

3_1_3プロフィール
伊達康子(こうこ)昭和29年11月、久慈市に生まれる。
日本女子衛生短期大学卒、創価大学教育学部卒.

 

教育学士・歯科衛生士・社会教育主事・介護支援専門員・防災士   
平成15年、盛岡市議選初当選。               
産業環境常任委員会委員長
社会福祉法人盛岡市社会福祉事業団理事
盛岡市表彰選考委員会委員
盛岡市婦人防火クラブ連合会副会長・青山地区婦人防火クラブ会長

付が丘一丁目町内会会長。党県女性局長・盛岡北支部長。

 

所属 :岩手県歯科衛生士会会員・盛岡地区更生保護女性の会会員
        岩手ピンクリボンの会会員

2015年6月25日 (木)

実現しました!だてこうこの主な実績

 

投票所入場券(ハガキ)に期日前宣誓書のへ印刷 令和元年7月21日参議院選挙より導入!

アンダーパスに注意喚起ライン

豪雨観測体制の強化。エックスレイン(高性能レーダー雨量計)の導入設置

 平成29年8月

 

Img_0494_2


 

●玉山区土砂災害浸水対策の管渠と側溝の大規模改修

●道路下の空洞化調査実施

市内の公衆街路灯のLED化リース方式の導入及び市諸施設のLED照明導入

 平成24年12月議会で初質問・提案。平成30年1月より市内の公衆街路灯がLED交換。

 導入により2億9000万円の経費削減が実現!

●ふるさと納税の盛岡市HPでのアクセスアップ、利便性向上

●踏切の改良工事の実施(境田川原踏切)

●「ゴミ分別辞典」の全戸配布

●国民健康保険被保険者証の一人一枚のカード化

●青山3丁目アパート立て替えを訴え実現

●市営住宅抽選制度の見直しを訴え実現

●中学生の自転車通学の安全確保、ヘルメット着用推進。

●プレミアム付き商品券の推進(平成277月より販売)

1セット(額面1千円の商品券12枚)を1万円で購入可能に

●あんしん連絡パックの提案と実現

 

Anshinpac_3

 

 

芸術文化施策推進指針の策定

●市防災会議への女性委員の登用拡大

●期日前投票の宣誓書のダウンロード可能に

●岩洞湖の公衆トイレの改修の実現

●公共施設及び全小中学校へのAEDの配備

 

Yjimage_2_2

 

 

 

 

●岩手公園地下駐車場料金の上限設定推進

●トイレの手すりを設置(青山活動センター)

●歩行者用信号機設置と歩道改良(月が丘児童公園前)

●すみ切り確保と歩道改修(青山地区活動センター体育館)

●法面改修工事を推進(黒石野一丁目)

 

Dsc_0579

 

 

 

 

●ドットライン表示の整備(みたけ三丁目・長橋町)

●泥吐弁マンホールの段差解消工事(月が丘一丁目)

 

 

●側溝にグルージング設置(南青山町)

●カーブミラーの設置(青山一丁目・月が丘一丁目・みたけ四丁目)

 

         トップページに戻ります。

2015年6月24日 (水)

だてこうこの政策

1.防災。災害対策の強化と安全・安心のま街づくり

   ■地区防災計画策定の推進

   ■地域防災リーダーの育成

   ■防災ラジオの導入補助

2.高齢者が安心して暮らせる街づくり

   ■認知症対策の強化、フレイル予防とオーラルフレイルの普及啓発

   ■エンディングサポートプランの導入

   ■死亡に係る行政手続きの簡素化と「お悔やみコーナー」の設置

3.子供が世界の視点を持ち、のびのび育つ街づくり

4.市民の健康を守り、健康寿命の街づくり

 

女性の健康を守り、子育てしやすい街づくりを目指します!
●産後ケアの充実
_dsc4452_6●地域による子育て支援の拠点づくりの整備
●DV対策の推進

教育環境の充実を目指します!
●スクールソーシャルワーカーの充実
●学校におけるメディア・リテラシー教育の充実
●ネット依存対策の推進
●いじめや不登校の未然防止や早期対応、教育相談体制の充実
●特別支援教育の充実
●発達障がい児支援の強化と相談体制の充実
●5才児健診の実施

高齢者・障がい者にやさしい街づくりを目指します!
●地域包括ケアシステムの充実
●介護予防のさらなる充実
●認知症の人とその家族の支援強化
●成年後見制度の普及と市民後見人の養成

 

 

 

                   トップページに戻ります。

2015年6月23日 (火)

私達も「だて こうこ」さんを応援します。

★岩手県歯科衛生士連盟  会長

  浅沼陽子氏

当連盟は、「地域社会の歯科衛生の向上に寄与する」という共通の目的を持つ岩手県歯科衛生士会に協力しております。多くの地域住民がオーラルフレイルを予防し健康長寿を実現できるよう、だてこうこさんを応援して参ります。

 

★元月が丘一丁目町内会 会長
  平野 良司 氏 

だてこうこさんには、町内の環境整備、高齢者福祉、児童の安全等に大変なご尽力をいただき感謝しています。これからも地域のために一層のご活躍を期待し応援して参ります。

 

★国分通商店会 会長
  久保田 行雄 氏

国分通商店会夏祭りは毎年盛大にとり行われてます。だてこうこさんには色々な面で活躍をいただいており、この地域では無くてはならない人材です。市政発展のため頑張って下さい。

 

           トップページに戻ります。

だてこうこ最新ニュース

宣誓書の印刷された投票所入場券が実現!
今回の7月21日投票の第25日参議院議員
通常選挙より実施!

私が議会で提案して来た、投票所入場券に期日前投票の
宣誓書の印刷が、この7月21日投票の第25回参議院議員
通常選挙より実施されます。投票場での利便化、混雑
の回避が出来ることと思います。

期日前投票をすることができる人

 投票日当日に,以下の理由などにより,
指定の投票所に行けない人は期日前投票
ができます。

1.仕事や冠婚葬祭などの予定がある。
2.自分の投票区の区域外でレジャーや
  買い物などの予定がある。
3.病気やけが,妊娠などの理由で指定の
  投票所へ行くことが困難。

期日前投票の方法

•あらかじめ,投票所入場券裏面に印刷されている
「宣誓書」に記入の上,期日前投票所に
 ご来場ください。
 (宣誓書の記載例は添付ファイルをご確認ください。)
•投票所入場券(宣誓書)を提出いただき,受付をすることで
 期日前投票をすることができます。
 (注)投票所入場券が届いていなくても有権者であることが
 確認できれば投票できます。その場合,期日前投票所に備え
 付けの宣誓書に記入していただきます。


宣誓書を記載する上での留意事項

1.期日前投票事由
 該当する項目1つを選択してください。
2.現住所
 投票所入場券の住所と異なる場合のみ記入してください。
 現住所と投票所入場券の住所が同一の場合は,
「裏面入場券のとおり」を選択してください。
3.氏名
 本人が自署してください。
 自署できない場合は,投票所の係員にお申し付けください。
4.その他
 日付は投票所受付の係員が記入しますので,
 記入しないでください。

 

7月15日太田国道交通大臣に豪雨対策危険予知整備で市長と共に

6月議会で私がこの件を取り上げた関わりで市長と共に要望に行って参りました。

 

Img7160939510001


Img_0107

 

 

 

盛岡市議会6月定例会にて、だてこうこが市長から確約!
医療費助成、小学生の通院まで拡大

 

 盛岡市は、これまで14年度に就学前の乳幼児までの医療費助成から、
小学生の入院まで助成を拡大しましたが、子育て支援の観点で、2016
年度から小学生の通院についても助成を拡大するとの市長の答弁、確
約を取ることが出来ました。

 

Img7030931040001_3

 

公衆街路灯のLED化リース方式の導入を29年度から実現!

 

 だてこうこは、平成24年12月と平成27年3月定例会の議会質問で
 公衆街路灯のLED化リース方式の導入について提案。結果、平成
 29年度から導入が決定しました。市内の公衆街路灯(玉山区を除く
 旧市内の町内会・自治会保有)は1万8739灯あり、平成26年度の
 電気量総額は、9600万円でした。リース方式導入で、45%の削減
 となり10年間で約3億4000万円の削減効果が見込まれる。このこ
 とにより、町内会の維持管理費が不要となります。

 

             トップページに戻ります。

2015年6月21日 (日)

だてこうこ通信バックナンバー

            No42_1   No42_2No42_3No42_4No42_5No42_6No42_7No42_8























No41_2017_10__1
No41_2017_10__2No41_2017_10__3No41_2017_10__4No41_2017_10__5No41_2017_10__6No41_2017_10__7No41_2017_10__8























No40_01
No40_02No40_03No40_04No40_05No40_06No40_07No40_08No40_09No40_10No40_11No40_12No40_13No40_14No40_15No40_16















































No39_1



No39_2



No39_3



No39_4



No39_5



No39_6



No38_1



No38_2



No38_3_2






No38_4



No38_5



No38_6



No37_1



No37_2



No37_3



No37_4



No37_5



No37_6



No37_7



No37_8_3



No36_1
No36_8



No36_2


No36_3


No36_4No36_5


No36_6
No36_7









No35_

No35_2


No35_3


No35_4

No35_5


No35_6





No34_2015_05__1
No34_2015_05__2No34_2015_05__3


No34_2015_05__4
Ano33_2015_01__1_2Ano33_2015_01__2

Ano33_2015_01__3_2


Ano33_2015_01__4


Ano32_2014_07__1


Ano32_2014_07__2


Ano32_2014_07__3


Ano32_2014_07__4
Ano31_2014_04__1


Ano31_2014_04__2


Ano31_2014_04__3


Ano31_2014_04__4


Ano30_2014_02__1


Ano30_2014_02__2


Ano30_2014_02__3


Ano30_2014_02__4


Ano30_2014_02__5


Ano30_2014_02__6


Ano30_2014_02__7


Ano30_2014_02__8


Ano29_2013_11__1


Ano29_2013_11__2


Ano29_2013_11__3


Ano29_2013_11__4


Ano29_2013_11__5


Ano29_2013_11__6


Ano29_2013_11__7


Ano29_2013_11__8


Ano28_2013_05__1


Ano28_2013_05__2


Ano28_2013_05__3


Ano28_2013_05__4


Ano28_2013_05__5


Ano28_2013_05__6


Ano28_2013_05__7


Ano28_2013_05__8


Ano27_2013_02__01


Ano27_2013_02__02


Ano27_2013_02__03


Ano27_2013_02__04


Ano27_2013_02__05


Ano27_2013_02__06


Ano27_2013_02__07


Ano27_2013_02__08


Ano27_2013_02__09


Ano27_2013_02__10


Ano27_2013_02__11


Ano27_2013_02__12Ano26_2012_03__1


Ano26_2012_03__2


Ano26_2012_03__3


Ano26_2012_03__4Ano26_2012_03__5_2


Ano26_2012_03__6_2


Ano25_2011_12__1_2


Ano25_2011_12__2_2


Ano25_2011_12__3_2


Ano25_2011_12__4_2


Ano25_2011_12__5_2


Ano25_2011_12__6_2


Ano24_2011_07__1_2


Ano24_2011_07__2_2


Ano24_2011_07__3_2


Ano24_2011_07__4_2


Ano24_2011_07__5_2


Ano24_2011_07__6_2


Ano23_2011_03__1_2


Ano23_2011_03__2_2


Ano23_2011_03__3_2


Ano23_2011_03__4_2


Ano23_2011_03__5_2


Ano23_2011_03__6_2


Ano22_2010__1_2


Ano22_2010__2_2


Ano22_2010__3_2


Ano22_2010__4_2Ano21_2009_12__1


Ano21_2009_12__2


Ano21_2009_12__3


Ano21_2009_12__4


Ano20_2009_09__1


Ano20_2009_09__2


Ano20_2009_09__3


Ano20_2009_09__4


Ano19_2009_07__1


Ano19_2009_07__2


Ano19_2009_07__3


Ano19_2009_07__4


Ano18_2009_03__1


Ano18_2009_03__2


Ano18_2009_03__3


Ano18_2009_03__4


Ano17_2009_01__01


Ano17_2009_01__02


Ano17_2009_01__03


Ano17_2009_01__04


Ano17_2009_01__05


Ano17_2009_01__06


Ano17_2009_01__07


Ano17_2009_01__08


Ano17_2009_01__09


Ano17_2009_01__10


Ano17_2009_01__11


Ano17_2009_01__12






























 

              トップページに戻ります。

2015年6月 3日 (水)

だて こうこ 後援会

〒020-0121 盛岡市月が丘1-24-20 
TEL:019-645-4151(FAX兼用)

だて こうこ 後援会規約(抜粋)
●本会は、だてこうこの政治信条を支持し、政治活動を後援することを目的とする。
●本会は目的を達成するため、講演会・座談会・語る会などを開催、会報の発行など必要な事業を行なう。
●本会に役員若干名を置き、会を運営する。

              トップページに戻ります。