ようこそナカムラユウコウのコトバカフェへ


ホームページ「ナカムラユウコウの世界」 

Pg
ナカムラユウコウのギャラリー

ナカムラユウコウの作品通販

盛岡出版コミュニティー

 

日々のブログ記事は↓に掲載されています。

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

15の私へ

15の私は気短で怒りんぼ私が
いなくなってしまった歳だ。
 
母親に人生で最初にして最後の説教
人への「感謝」を教わった。
それ以来、私は怒らなくなった。
何十年も続いている。
 
15歳から私は、変わっていないかもしれない。
母親の一言で私は少年時代を終え
大人になってしまったのだろう。
激しい強烈な自己嫌悪の時間を
味わい通り抜けて。
 
15の私よ。
人生のイメージは順調か。
人生の戦略、戦術はうまくいっているか。
なりたい自分、辿り着きたい場所にたどりついたか。
ビジョンはどれだけ実現している。
自分が好きか、嫌いか?
この時点、今、どこが嫌いで、どこを治したい?
15の私よ。
今の私をどう思う。
いいと思うか?
今からどこをどう矯正しどのような人間になり
何を補い、何に集中し何をなし
どのような生活、どのような人生にすれば
「すばらしい」「さすがだね」と言ってもらえるかな。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10歳の私へ

繰り返す季節の風物。毎年来るお正月と新年。
満開の桜と桜吹雪、カエルの大合唱、昆虫採集、秋の栗拾い。
繰り返す学校行事、春の遠足、秋の遠足、
そして運動会、文化祭。
繰り返す学校生活、1学期、2学期、3学期。
全校朝礼、毎日の授業、朝の会、帰りの会。
春休み、夏休み、秋休み。
子ども会という地域活動と行事。
こいのぼり大会、盆踊り、廃品回収。
そういう全てに一度すっかり飽きてしまった10歳。

時間の流れのなんと遅いこと、拷問のよう。
これから生きていくであろう気の遠くなるほどの
残っている人生の時。
ひとことで飽きた、疲れた。
「疲れた」が口癖の気持ちの悪い少年。
おまけにずるくて細くて、おまけに生意気で暗い少年。
ねえ、ボクちゃん。
人生は、そんなたいくつなものじゃなかったですね。

じゅうぶん、怒り、愛し、慌て、苦しみ悲しみ
尊敬し憧れ嫉妬し疑い
喜び、笑い感動し、感銘し感涙し
それなりにのめり込み必死で
退屈しなかったではないですか。
まっ、おもしかったんではないかな。

あんなこと、こんなこといろいろありましたね。
生きている限り、これからもどうせきっと
なんだかんだとこれまでのように生きていくのだから
しっかり楽しんで楽しく生きていくのだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5歳の私へ

あれは、5歳離れている弟が誕生する前の
最後の記憶だと思う。
 
私は年のせいか、頭のせいか
幼い頃の記憶がほとんどないけれど
母親の膝にまたがり抱っこされていた記憶だ。
母親のでっぱた腹が気になった。
「弟」という生きのものがここにいるらしい。
母親から聞いた気がする。
幼少のころの数少ない記憶の最古の記憶に
ちがいない。
 
あれから随分と私も弟も大きくなった。
母親は2年前に亡くなった。
そのすべてが不思議だ。
時は流れ人は変化し
人には寿命があり
人生に終わりがある。
 
この瞬間も今日という日も
私という存在もいとおしく
そしてこの世界もいとおしい。
この自分の人生をたいせつにし
しあわせなものしなければならない。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

副作用のない、法律に触れないドーパミンの出し方

薬やマリファナに、頼らずに良質のドーパミンを出す方法は

誰かに協力する、助ける、共にやるという行為行動。

心を開放し快くし脳を健康にしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Happy」というDVD

車で聞き流せる用に映画ではなく講演のDVDを借りた。
もちろん映像もあるのだが、この手のものは
映像を見ずに話しの内容だけで十分堪能できる。
気になれば、ちらりと見ればよい。
 
事故で顔半分が潰れて9年再生手術をしベットで過ごした
かって大変に美しかった女性のインタビュー。
長寿で幸せな沖縄のコミュニティーの人たちの様子。
幸福実感度世界一の国ブータンのことや、
大学までの教育費、医療費が無料のスエーデン。
などなど。
 
そして世界中の著名大学の人間の「しあわせ」について
研究している心理学等や脳科学を中心とした先生方の
インタビューなどなど。
 
結論、「しあわせ」とは何ぞやは、ここでは置いておいて
しあわせな人は、よい友人関係、家族関係、人間関係が
必ず存在しているということだ。
しあわせな人生のためには
よい人間関係を構築することが手段であり
ゴールであるとも言える。
よい人間関係構築には、すべてがあり
人生で必要な、欲しい全てを手に入れる基盤であり
最高最善の手段であるだろう。
 
などと、考え感じたDVDだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心配な二人のおじさん

もう、10年?になるだろうか。
早朝5時過ぎから夜遅くまでいる。
私は、いろんな時間帯に仕事場として
マックに行き作業する。
どの時間帯も二人のおじさんはいる。
名前も、国籍も誕生日も血液型も
家族構成も知らない
一度も話したことはない。
 
昔は二人とも競馬新聞を広げ煙草をぷかぷかしていた。
年のころは70,80代だろう。
朝昼晩と、コーヒーと100円マックだけのせいか
年々顔色がどす黒いというかどす白いというか
あまりいい顔色になってない。
癌になったり病に伏さないことを
顔馴染みとして祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「本気」について

何かをやろうと思っているものがある人は
本気でやった方がいいだろう。
 
たとえば、ずっとずっと
絵本作家になりたかった。
書家になりたかった。
お店を持ちたい。
ハワイで暮らしたい。
世界旅行をしたい。
〇〇の資格、〇〇の技能を取りたい。
などなどがある人は。
本気でやった方がいい。
一度や二度の思付きでなく。
深層心理にずっとあるもの。
結局人生の不満や充足感の欠落の
根本原因になっているものが
そこを避け取り組めていないことに
起因しているのであれば
本気でやった方がいい。
 
生まれ変わりがあるかは定かでないが
少なくてもあなたの、私の人生は
一度っきりで、突然の重い病気や徐々に病と老化で
管でつながれベットの上で暮らす状況にならず
私たちが持っている足腰元気、頭正常の時間は
後10年でしょうか、20年でしょうか?
 
本気とは、「今、すぐ始める」ことで
生活を出来るだけ「そのことに集中」して
エネルギッシュに「圧倒的に取り組む」
ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビで見た「日本のおかしい履歴書」

欧米の人たちにとって一般的、就職・転職の
日本の履歴書にはびっくりだそうだ。
 
住所や電話(携帯)などを記入するなんて
ありえない。
個人情報保護やセキュリティの問題に
まったく日本は無頓着過ぎと言う。
 
それと顔写真なんて全く添付しない。
それは肌の色、人種で差別しないため
だという。
 
学歴なども日本は、小学校から大学まで
入学・卒業とスペースさいて記入するが
それも一切ない。
 
では何を書くのか?
 
①自分のこれまで務めた会社・部署・役職名
②自分が担当した業務や自分が出来ること
この二つだけだという。
なるほど、合点した。
 
学歴頼り、容姿頼り?
そして危険に対して無防備なのが日本社会で
世界は社会での実力第一主義なのが分かる。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバード大学の「リンゴ賞」

その年、最も優秀な授業をした先生を
学生の投票により決め、賞品はなんと
「リンゴ1個」だそうです。
 
ステキな大学、ステキな賞ですね。
本当は、なんの賞品もお金もいらない
とても名誉な賞。
 
この世界には、いろんなリンゴがあります。
アダムとイブのリンゴ。
ニュートンに万有引力を
インスピレーションさせたリンゴ。
幼い頃、風邪をひいて全く食欲がなかった時
母ちゃんがおろし金で擦ってくれたリンゴなどなど
素晴らしいリンゴの仲間入りにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目下(もっか)の私の課題

私はいくつかのテーマで1時間から2時間のスピーチ、
講演ができます。
同じように何かの話題で対面で1時間や2時間、
話し続けることもできます。
で、ついつい自分だけ一人話し続けて
しまうことも多々あります。
話すのは、もういいのです。
十分です。満腹気味です。
相手に良かれと思って話すのでが、
いっぱいいっぱいになっている人、
そういう場面もたたあるのだろうと思われます。
幾分は気を付けているのですが話し過ぎです。
もっと、聞き上手、相手が話したいことを
話したいように話せる空間を作り
そういう自分でありたいと、
そしてそろそろ本気でしっかりと、
そのところを直したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分のこの人生でやるべきこと

この人生でやらねばならないことなんて
あるんだろうか。
 
私たちは意識せずに生まれてしまったから
なんだかよく分からないけれど
なんとなく生き続けているだけではないか?
かといって自ら死ぬ理由もきっかけも動機も
それほどの勢いも別にないから
ただただとりあえず生き続けてる
だけでしかないのではないか。
 
はい。人生なんて、自分の人生なんてそんなもの。
人生など無意味な無意識的な成行きの生の
持続でしかない。
 
だが、しかし
 
ただただこの無意味な人生というものを
漫然と持続して自然にやってくる死を
心のどこかの深奥で心待ちにして
無意味な日々をダラダラと過ごすのは、
生きるのやめよう。
 
そういうのはやめて
そもそも無意味な人生だからこそ
自分が本当にしたいことの一番をしてしまったらどうだ?
あれこれ考えず自分が成し遂げたいただただの一つに
この自分を全部使ってしまったらどうだ!?
この人生で、私は100%自分を使いました、満喫しました。
本来ならただただ無意味なこの人生を
じゅうぶん、じゅうにぶん
楽しませてもらいました。
この自分、この人生は
おもしろかったですって感じに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行動力

「今」が「今」だという実感の鮮度、強さ。
これがないと、動けない。
これがないと、流れる人生の時に食い込めない。
現実という巨石を自分の思うがままに砕き
形を持たせ自分の作品「私の人生」を
造ることは出来ない。
 
行動力のある人たちの共通項が
「今」が「今」だという実感の鮮度、強さ
だろう。
 
走ってもいい。
深呼吸してもいい。
空を見上げてもいい。
歌ったり唱えたり祈ったりしてもいい。
何かの方法で、何かで感動してもいい。
 
自分を感じ、ここを感じ
「今」を感じるのだ。
「自分」をいとおしみ
あそこやどこかでなく「ここ」を愛し
「今」感じるのだ。
無限悠久なる宇宙の中の
ただただ一つの、ただ一度っきりの
この「今」を。
この「今」を見つめ感じ愛するのだ。
それが創造開始のスタートであり入口だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己変革

自分のいいところをしっかり
確認、意識したうえで
自分がなおしたいところ
自分がよくないと感じているところ、ことを
一つ一つ、1週間か2週間単位
長くても1カ月単位で、強く意識しなおして
自分の思うような、自分が憧れるような自分に
自分を変えて行こう。
 
誰でもいつでもどこでもできて
いつでもどこでも始められる
まったくお金のかからない
もっとも楽しい創造、制作だ。
 
思い通りの、憧れの自分づくり。
ステキ、かっこいい、気持ちいいい
シビレル、楽しい自分づくり。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日

東日本大震災で亡くなった何千人の方々
癌などの病で亡くなった両の手では収まらない
親しい友人、知人たちの欲しかったであろう今日を
彼らが知りえない、生きることのできない今日を
私は生きている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金が、本当に欲しいか?お金が欲しい理由は?

あなたはお金が欲しいだろうか?

欲しいもの、したいことがあるから
お金が欲しいのだろう。

お金は、その欲しいものを手に入れ
したいことをするためのあなたが分かる手段
一方法でしかない。

お金が無くても、欲しいものを手に入れ
したいことができるのなら
お金は必要ない。

さて

その欲しいものは本当に手に入れた方がいいものだろうか?
したいと思っていることは、本当に楽しいこと
自分をしあわせにしてくれることだろうか?

ということも、あらためて考えてみて

お金が無くても、あるいは自分にお金が無くても
欲しいものを手に入れられ、したいことができないか
あらためて考えてみたらどうだろう。

さらには、お金が無ければできないと
鼻から諦めず、お金のない今でも出来ること
出来る分、はたまた十分な代該物、代該行為はないかも
考えてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ステキなお友だち募集