« 太陽は語る。ダ・ヴィンチも語る。和田秀樹も語る。 | トップページ | 続・おそろし!インドとパソコン事情 »

私のオリジナルメモ戦略。同じ穴のムジナ、本日発見!

Jpg できる時、できるだけのことやっておけ!

いつも人間一直線に進化するとは限らねぇからな。

いい人間やってる時、できるだけいい事やっておけ!

それが未来のおまえの人生の預金だ。

私の専用のコトバ、イラストの
アイデア記録・展開・収集のB5コピー用紙が、

整理していた雑誌からパラリと一枚
落ちてきた。

いつ書いたものだろう。

「ふむ。」

そうだな。先のことは、考えず、
自分ができる時、できる事、
できるだけやっておこう。

とっておいたり、先送りしちゃ、ダメダメ。

右上がりに人間、進化、
向上するとは限らない。

過ちも犯せば
停滞する時も
あるだろう。

自分のことしかできない、
自分のこともろくにできない
そういう人間に、そういう状態に
いつなるかもしれないのだ。

命自体、明日、1年後、3年・5年後
あるとは限らない。

気持ちに
潤いがあって
パワーがあって
誰かに何かやってあげられる時
そんな時には、やってあげよう。
燃えられるものがある時は
徹底してやろう。

それを、やり抜こう。やりまくろう。

自分で書いた言葉に
励まされ
注意され
気づかされ
そして
自分の言葉を
追いかけて
私は、

今日まで生きてきたような気がする。

発見!

本屋でふと見た「ノート」特集の雑誌に
私の専用のB5コピー用紙によるアイディアと
同じ発想、使い方をしている
「吉永賢一氏」なる人物を発見!

一枚にひとアイディア、記録は全てこの用紙。

ジャンルやテーマに分けて整理。

この究極の単純化、合理化、戦略の核がほぼ同じ。

ただ、サイズがA4で一回り、私の用紙より大きい。

帰ってから、ネットで調べる。
うわぁ、うわぁ、なんか、すごいぞ、この人。

吉永賢一氏プロフィール
(よしなが・けんいち)

「1971年生まれ。群馬県出身。
わずか2歳で数字と計算を覚え、小学生になると読書に熱中し、
学校の図書館や本屋に通うのが日課となる。特に感銘を受けた
のは、藤田田、トニー・ブザン、カーネギー各氏の書籍である。
又、小学校の高学年になると、パソコンにも熱中し、シャープ
のPC-1500には寝食を忘れて打ち込むようになる。
「東大が1番なんだよ」という母親の言葉だけで、東大理Ⅲを
目指すことを決めたのも小学1年生のときである。

受験生時代は東大に受かるかどうかではなく、どのくらい速く
問題を解けるかにこだわるようになる。ストップウォッチを使
い解答時間を記録し、常に高速化に努めていた。
「マシンになれ」とは当時の口癖である。

偏差値93で東大理Ⅲ入学後、生活費を稼ぐため家庭教師、
塾講師を始める。もともと教えることに興味があり、
また自身の実践してきた
勉強法「わかる」「覚える」「慣れる」の3要素を
組み込むことで、着実に成果が得られるようになる。
今まで指導した生徒は1000人を超え、生徒、
保護者から絶大な信頼を得ている。

大学は長期に亘り在籍したものの、
『医者になった自分の姿を想像できない』
という理由から退学している。」らしい。

彼の『東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法』

受験しないサラリーマンにも、誰にでもマンパワーアップのためになる

オモシロそうな本です!

|

« 太陽は語る。ダ・ヴィンチも語る。和田秀樹も語る。 | トップページ | 続・おそろし!インドとパソコン事情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分のことしかできない、自分のこともろくにできない。
最近、自分がそういう状態に近いので、ガーンと殴られたような気持ちです。僕の場合あせればあせるほどやらなければならないことが増えていく感じなので、マイナスからゼロまで持っていくのが非常に苦しい作業になってしまいます。とにかく頑張らねば。
PS 昨日は色々とありがとうございました。ユウコウさんの手際の良さにただただ感心して、何もできませんでした。ごめんなさ~い!!そして中村ブラザースのいつもながらにめちゃめちゃ楽しいトーク。そしてそしてONTPの仲間との会話、最高に楽しい時間でした。
うちのカミサンもユウコウさんの淹れたコーヒーを飲みたがってましたよ。


投稿: ダーキ | 2009年2月23日 (月) 16時21分

やらなければならないことがどんどん増えて、
押しつぶされそうになるのは、
中途半端に、やらずに済むものならとか、
労を最小限にとか消極的であったり、
策に思いが捕らわれている時ですね。

全部やる、全部やりきると決めるか、
一番大切なものだけをやり、後は全部捨てる、
断ち切ると考えるかどちらかですね。

中途半端で何もできないより、
一つのことでもやり遂げる、
やり上げたら立派じゃないかと、
一番大切な事、緊急性の高いものを
まず一つだけやれれば充分立派と、
ハードルを下げて、
自分をいい子いい子しながら
頑張らせましょう。

それにしても、すばらしいアトリエでした。
今度、奥様にも
コーヒーを入れに行きたいものです。
どうも、ありがとうございました。

投稿: ナカムラ | 2009年2月25日 (水) 00時08分

同じ穴のムジナだなんて、うれしいです。

アイデアは、ポップアップしてきたときに書き留めておかないと、またどこかにさまよって、せっかくぼくの心を通過してくれたのに、もう見えないとこに行ってしまう。

だから、出てきた瞬間に、文字として書いておくことが大切だと思っています。(もちろん、文字でないアイデアは、そのアイデアを記録するのに適したかたちで。)

ナカムラユウコウさまに、すべての良きことが、なだれのごとく起きますように。

投稿: 吉永賢一 | 2009年3月13日 (金) 23時46分

吉永賢一様

 まさか、ご本人が見てくださるとは、夢知らず、同じ穴のムジナなんて、たいへん失礼なことを申しました。私自身は、確かに頭の毛も立っていてムジナやタヌキという感じです。

 雑誌で吉永さんのA4用紙のメモの方法を知りとても嬉しく思いました。きっと書籍を読んでも多くの共感できるものがあるに違いないと胸が高鳴っています。

 今後、お勉強させて頂き、私のブログを読んでくださっている方々に、有益と思われること、私が学びましたこと、感動したことをお伝えさせて頂くこともあると思います。
どうぞ、よろしくお願い致します。

 吉永賢一氏の、より多くの方々へのエネルギーの伝播、ますますの、ますますのご活躍をお祈りします。

 

投稿: ナカムラ | 2009年3月16日 (月) 17時22分

ブログにも、御書き込みくださり、ありがとうございました。

ネット時代というものは、すごいもので、いろいろなものの間が省かれて、直接つながってゆく時代になってきていると思います。

これは、コミュニケーションの幅が広がったということで、とても好ましいことだと思っています。

だからと言って、構える必要もなく、ただ、言いたいことを言ってゆけば良いのだと思います。

ナカムラさまに、すべての良きことが、なだれのごとく起きますように。

投稿: 吉永賢一 | 2009年3月16日 (月) 22時56分

吉永賢一様

 興味と感心、志や感性を共鳴し合える人たちが、地域、キャリヤに関係なく、その時の自分として直接コミュニケートできる、しかも時に幸運に恵まれれば、吉永様のようなクオリティーの高い専門性を持った方にコトバを戴き、言葉を送ることのできるネットのすばらしさを改めて実感する次第です。

 ネットサーフをしてましたら吉永さんのDVD「東大家庭教師が教える頭が良くなる記憶法」が、ツタヤでレンタルしてるとのことで、昨晩、パーティーが終わった後、レンタルして、夜中帰って来ましたら、このメール。参りました。
勉強する暇もありません。

ありがとうございます。

「・・・勉強法」の方は、書籍でじっくりとお勉強させて頂きます。


「すべての良きことが、なだれのごとく起きますように。」
と、多くの人に願い祈っている吉永賢一様の生活と人生に
その願いと祈りのさらに10倍、100倍の、100倍の良きこと、シアワセなことが起きますように。

投稿: ナカムラ | 2009年3月17日 (火) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私のオリジナルメモ戦略。同じ穴のムジナ、本日発見!:

« 太陽は語る。ダ・ヴィンチも語る。和田秀樹も語る。 | トップページ | 続・おそろし!インドとパソコン事情 »