« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

「人生のすべてに意味がある」の真偽の検証

Jpg_2 今日で3月も終わり。

明日から、新しい年度が始まる。

今年は本当に年明けから忙しく、イベントも多く
その分、人とも出会い語る機会も多かった。

会話。対話は、創造活動であり、
智慧、アイディアの製造工場、ファクトリーである。

話す中で、新しいアイディアが生まれたり
永くぼんやりしていたり、
あと一押し未完成だったりする
イメージや、考えが明確になったり
完成したりする。

たとえば、こんな、こともありました。

                    *

「そうですか。その講演会で
『人生のすべてのことに意味がある。』と
その偉い有名な先生は言っていたんですね。」

  私も、これまで、随分、
  書物、テレビやラジオで
  芸能人、文筆家、宗教家、哲学者や諸先生方
  何かをなした一角の方々が、
  そう言っている、書いているのを
  見て聞いて、そして考えさせられ
  このコトバとは永いお付き合いがある。

  ただ、悪い時や不運や、問題の渦中にある時に
  「その不運は意味がある」というコトバは
  「その不運は、価値がある。」と元気に言われても
  そんな状況で、平常よりナーバスになっている
  心には、何かを強引にねじり込まれている
  ように感じてしまうこともあるではないか。

  それに、人生のすべてに意味があると言うと
  カミサマが私たち一人ひとりに
  意味のある出来事を準備し、我々のあずかり知れぬもの
  個々の意志のおよばぬもの、それらを人生にひとつひとつを起こさせているような
  表現を変えた運命論であるような感じを受ける。

  「人生のすべては意味がある。」
  大局その通りなんだけど、なんかちょっと
  しっくり来ないところがある。理解できない部分ということだろうか。

  もちろん、人生のすべてのことに意味があると
  捕らえる方が救われたり、力になる人もいるだろうし
  また、それがすんなり素直に入ってくる
  タイミングもあるだろうということも否定しない。

というようなこと、だからなんなの、
だからどっちなのはっきりしろという
ようなことを頭の中で、ぐるぐると
思い巡らしていた。

しかし、口はかってに開いて語り始めるもの。
これが、対話、会話の不思議であり、力なのだ。

私の口は、語りだした。

ー人生のすべての事に意味があるかどうか
 私はカミサマ、ホトケサマでも
 偉い先生でもないから
 正直わからない。

 ただ、私は、人生のすべて
 起きたこと、起きてしまったことに
 最大の意味と価値を与える行動を
 未来に生かしていく行動をとって
 生きていきたい、それを自分の人生としたい。

 それでいいんじゃないんだろうか。
 そう考え、人生のすべてに向かって行く方が
 誰にも平等に人生は存在し
 頑張っていけるんじゃないだろうか。

 もし本当に、そういう風に生きていけたら
 結論、私も、きっと同じことを言うのでしょう。

 「人生のすべてのことに意味がある。」と。ー

                                 *

ということで、本日は、お月様の上から、さようなら。

おやすみなさい。ヤッホー!

ホームページ「ナカムラユウコウの世界」http://www.nakamurayukoh.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津軽半島、北の海に行く。

P1090406 今日は、朝からいい天気。
津軽半島に向かった。
高速、青森に入ると、雪がチラつき
空は鉛色になる。

雪はチラついたり、やんだり。
日は時折、鉛色の雲から
スポットライトのように
つき抜けて来たり、
あるいは、雲を明るく白く
ぼんやり光らしたりする。

鉛色の曇と太陽の光とのコラボも
意外とバリエーション豊かで
おもしろい。

P1090421 そのコラボの下の大地に
時折、幻想的な名前の分からぬ
白い動物たちが走り抜けたり
杖を持った旅人が幾人か見えたりする。

浅虫温泉の道の駅の5階から青森湾を
見下ろしながら温泉につかった。

灰色の雲からつき抜けてくる光線は
海面に無数の輝く光の魚を連れ来る。

P1090455_2 輝く無数の光る魚の群れは
陸を目指し押し寄せ
P1090497 乗り上げることもなく

空に向かって昇天し
光となって空に帰っていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨダミチコパステル展、最終日。満員御礼!

ヨダミチコパステル
澤口たまみ『親子で読みたい宮沢賢治』原画展

P1090307_2 が無事、盛会裏で終了。
本日の第2回目のトーク&サイン会は
テレビ、ラジオ、新聞
マスコミフル活動の宣伝効果で、満員大盛況。
開始の2:00を過ぎても次々増えてく来場者に
とうとう出せるだけのイスを出しての満員御礼。

サイン会も行列を作っての
本も準備したポストカードも
どんどん売れて、売店コーナーもてんてこ舞い。

P1090310 今日も二人のトークは舌好調!
息もぴったりで、本日の
二人の読み聞かせライブのメニューは

賢治童話のラブロマンス。

「シグナルとシグナレス」

トークショー&サイン会終了後は
イス等の後片付け、会場晴らしの後は
私のアトリエで、イラストや絵を描く
メンバーと澤口さん、ヨダさんと懇談。

P1090346 澤口さんもギャラリートークでは
話したりなかった賢治の恋物語など

皆さんでヒートアップ。

楽しくそして活気のある一日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チューニング

Jpg_3 「向上のためのシステムとして重要なのは、
 実行するだけで、チューニングが自動的に
 起こってくるシステムを
 採用することだと思います。」

これは、偏差値93の吉永賢一氏の
ブログの中で吉永氏と、私の
コメントのやりとりの中での
吉永氏のコメントの一部だが

この「チューニング」というコトバ
かなり深く私の琴線にふれた。

チューニングということばと
久しぶりに新鮮に向かい合った。

究極ラジオのチューナーのように
一番いいい自分というその周波数に
つまみを回すとすぐ
合わせられる、戻ることができるような
チューナーとつまみを自分の中に作ることが
できれば、シアワセ間違いなし
楽しい生活、人生間違いなしだ。

あの港の見える公園まで走るというつまみ
大声で5回「ガンバルぞ!」と
大空にめがけて叫ぶつまみ
正座して「ありがとう」と部屋で
10回声出して仕事場に向かうつまみ。
一日に数度、あの歌、あの曲を聴くというつまみ
誰かのことを思うだけで、
一番、いい心で生きている自分
生きていた自分にもどれるというつまみ

できれば、相手を必要とせず
制約条件もいろいろ要らず
どこでもすぐにチューイングできるつまみ
がより戦略的でしょう。

いいチューナーと、いいつまみを
取り付けよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステキなおばあちゃま。そしてデザイナー集団!?

Img_5019 今日は、懐かしいパン屋さんによって来た。

赤ちゃんから高校1年までの十数年
永く住んでいた長田町の、福田パンという
知る人ぞ知る有名なパン屋さんだ。

小中の学校給食はもとより、
市内、県下の高校での販売
さらには、コッペパンを半分にし
クリームやバター、ジャムを
塗ったシンプルなパンだが
販売網をスーパーまで広げ
人気の商品になっている。

私が小学校の4年生、10歳の時
親父がくも膜下出血で病に倒れた。

もともと難病を抱えた自宅養療の長女を含め
兄弟6人、家族に2人の病人を抱えることになり
我が家が貧乏の底にいた頃
福田パンさんの食パンの耳は
我が家の毎日の、主食であり
おやつだった。

10円、20円で大きな紙袋
いっぱい買うことが出来た。

最初の頃、何度かは、聞かれてもいないのに
犬に食べさせるような事を言って
その食パンの耳を買いに行った記憶がある。

子供心に貧乏は恥ずかしかったのだろう。

この事は、以前にも書いたような気がするが
そのパン屋さんにいつの日か
とても綺麗でやさしいお嫁さんが来たのだ。

いつも笑顔で、やさしい可愛い声だった。

「菓子パン入ってたよ、コッペパン入ってたよ。」
と笑顔で声をかけてくれることもあったし
何も言わずに何個か入れてくれていることもあった。

菓子パンの崩れや、少し固くなったやつを
勤めて私には入れてくれていたように思う。

ありがたいことです。

その綺麗でやさしいお嫁さんの面影がある
きりっと、しゃきっとレジを打って働いている
おばあちゃんがいた。

(あっ、パン屋のお嫁さんだ。)

なんだか、ドッキリとした。間違いなく
あの綺麗でやさしかった
菓子パンをなるべく突っ込んでくれた
あのお嫁さんだ。もちろん
今は、大女将なのだろう。

私は、なぜか
あたふたして
注文した2つのパンの他に
買う必要もないのに目の前
カウンターに置いてあった
食パン半斤340円も買ってしまった。
何か恩返しがしたかった。(340円か!)
後ろにずらりとお客が並んで、忙しい中で
「その節はと・・・・」
話すわけにもいかい。  (そりゃ、話さないほうがいい!)

大女将さんは、なぜか私の
お勘定をレジ打ち損ねた。(おっ!なんかドラマおこる?それだけだった・・・)

ぼけているわけではない。
すぐ打ち直せた。
その時、両脇にいた店員が
(だから、おかみさんは店に出なくていいのに。
 やっかいなんだから。)と、感じさせる目つき
振る舞いじゃなかった。

ああ、よかった。
いじめられず、煙たがられず、仲良く
やってるんだ。よかった。よかった。

「はい、すみません。」とおつりをよこした。

私は、異常と思われるほどにならないよう
気をつけて、最大限、
心を込めて、

「ありがとうございまーす。」

と言っておつりを受け取った。

 心の中では、10歳の少年に負けない立派な
 気をつけをして、大きな声で言った。

    真ん中の穴に、ピーナツバターの入ったパンや
    クリームパン、ジャムパンを入れてくれて
    ありかとうございました。

    硬いといって、あまり硬くなかったですよ。
    ありがとうございます。

    『犬は何犬?』とか、聞かないでくれて
    空しいうそに、空しいうそを上乗することなく
    済ませてくれて
    ありがとうございます。

    あの頃、あの時、いつも笑顔で迎えてくれて
    ありがとうございました。』
    

それにしても、本当にたいしたものだ。

社長婦人でありながら、この年齢で一売り子として、店に出て働いている。

当時20代、30代としても
今60代、70代なわけだ。

おばあちゃんになっていて
不思議ではないが
やっぱり不思議だった。

店にいる間中、なんかずっと不思議な気分だった。

少年だったころ、自分が
世の中で見る周囲に存在するおやじになるとは

深層心理では、とても信じられなかったが
年月は私を、少年からおやじにした。

不思議だ。

きっと、私もおじさんを越えて、
おじいさんになり
そして、さらにいつかは
死ぬのだろう。

いつか必ず死ぬというものであるという
深い認識は、その実感を深めると共に
「人間」の度合いを増していく。

なぜなら、死を意識し、死から逆算して
生を、人生をデザインし
その事から、今日という日を
ありがたがって生命活動のエネルギーにする
生き物は、おそらくは
予想として人間ならではのものだろう。

我々は人類は
死から生をデザインする
この星でキラキラ輝きながら
ステキに生きる
この地球が宇宙に誇る
カッコイイ、デザイナー
集団でありたい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

澤口たまみとヨダミチコの「親子で読みたい『宮沢賢治』」のトークセッション

Photo 親子で読みたい「宮沢賢治」(PHP文庫)
2月18日発刊。本文イラストを担当した
ヨダミチコさんがその原画と近作の
パステル画で作品展を開催している。

本日、3月26日(木)2:00より
著者の澤口たまみさんを招いて
二人でトークセッション&サイン会を開催した。

今回上梓された「親子で読みたい『宮沢賢治』」
の内容の紹介、またそれに関連する興味深い
エピソードや、本で紹介した賢治の童話を選んだ
理由と、著者の澤口さんの、その作品への
思い入れや、興味深い澤口たまみさんならではの
独自な視点と、賢治と自然や命あるものへの情愛と
温かな視点での深い考察に根ざした興味深い話は
時の経つのを忘れさせるたいへん楽しいものだった。

Jpg_4 イラストを担当したヨダさんも、
たいへんな読書家で
読み聞かせのボランティア活動に
長く携わるなど文学、賢治への造詣も深く
時折、澤口さんに玉を投げられ
それに答えるトークの掛け合いは
非常に楽しく興味深いものとなった。

二人のセッションの絶妙の極みは
まったくの打ち合わせなしの
二人で役割分担しての絵本「やまなし」の読み聞かせ。

さらには、賢治の一編の詩から
賢治の女性関係や恋愛に関する話へ
盛り上がり、参加者は人間・宮沢賢治、
そしてその作品に
改めて、新たな興味と感心が湧く機会となった。

とっつきやすいようで実は
意外ととっつきいにくい賢治作品の
橋渡しとして本書の使命は大きいと思うが
個人的には、澤口たまみさんの本書での11ページに
わたる前書きは、まさに名文であり
すばらしいエッセイであり
私はその短い中で3箇所くらいぐっと来て涙が溢れた。
この部分だけでも本書の代金である税込み600円
を払っても全然惜しくない。

すばらしい。

さすが、日本で最高の
エッセイストの称号である
日本エッセイストクラブ賞
受賞者の文章だ。

この、トークライブセッションは
最終日29日(日)2:00~から
展示会会場、ギャラリー・リリオにて
開催される。

是非、ご家族、ご友人をお誘い合わせの上
ご来場ください。

そして、本日同様、29日も、
未熟ながら私が、司会進行役を
勤めさせて頂きます。

どうぞ、よろしくお願いします。

ギャラリー・リリオ 盛岡市大通1-11-8 ℡019・623・7131

Dm_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祝・WBC優勝おめでとう一色の日本・大輔大好き!

Jpg_3原監督、イチローを初め、

侍たちのインタビューがあちこちで放映された。

私は、松坂のインタビューが
一番好きだ。

「岩隈がMVPだ、自分より投球内容がいい。
 自分なんかよりずっといい内容だ。」

とか、岩隈賞賛に貴重な世界発信の電波の
全てを使う。

松坂のその発言には、へんな謙遜もない。
上からの目線もない。
裏表も計算もない。淡々と事実だけを語る。
冷たくもなく、べっとりとした
どこかウエットな気持ち悪さも
微塵もない。


自分が本心から認める
優れている者への、
心からの賞賛。あるべき評価への
あるべき進言。

松坂はいい。

あのかっこつけないところが
運気を呼ぶし、人が寄る。
松坂が投げると
横浜高校のナイン、西部のナインも、
レッドソックスのナインも打線が
奮起してしまう不思議な波動。
勝ちを呼ぶ不思議な力。

みんな大輔が、大好きだからだ。

最後、10回延長、ここでダルビッシュが
抑えればいよいよ世界一という瞬間
誰もが、その瞬間、グランドに飛び出したい時
松坂はダッグアウトにいない。
ダルがダメな時のため
ブルペンの控えの投手達に
アドバイスし、リラックスさせ
何より世界の、大リーガー「松坂大輔」が
そこに一緒にいる。

誰でも一番いい場面、浮かれたくなる場面では、そこに居たい。
その時、全体、時・空を見回し影の力になれる人、すばらしい。

勝利目前。

それでも、浮かれず自分の出来ることを、最悪の事態に備えて
自分の利や快を捨てて、手を打てる人間。

そこに松坂の、すごさを見る。

そこに松坂の魅力を見る。

松坂の不思議な力の源を見る。


我々は、テレビでしか松坂を知らない。
きっとこういう心使いがいつも、どこにいても
出来る人間なんだろう。

その上、飾らない、かっこつけない松坂。

松坂が起こすドラマと不思議な力の秘密は何か。

やはり、みんな大輔が、大好きだからにちがいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界一の結果を出すイチローのすごさ!世界一の古だぬき!

イチローは、今回のWBCでは、
はっきり言って散々だった。

ランナーを貯めて、いざ、という時
全てチャンスを潰しまくって来た印象
さえもあった。

そんなイチローを、数日前の野村監督は
「イチローは運気も最悪、使うべきじゃない。」
といい、さらには、かなり人格的、
存在の核心に触れる部分で、容赦のない
言い方で「マリナーズでも誰も相手にしない、
誰も話しかけてこないそうじゃないか。
組織プレー、組織競技で最悪」というような事も
言っていた。

野村監督は、数日前には、韓国戦で1:0で惜敗した
試合でJpg の城島采配をコテンパンに言った。

城島は、記者やマスメディアに
「あのおじさんは、一度も負けたことがないんだね。」
とか、次の試合で勝った時には、
野村監督の著作物であるが
「野村ノートのおかげです。持ってませんけど。」とまで
おちょくり返した。

城島は、向こうっ気が強くて喧嘩早い。
若いな、人間としては未熟もんだ。
アスリートとしては、その部分も
エネルギーになってるだろう。

野村さんは、城島の発言にあきれてもいるような
発言をしているが、野村さんは、大物だ。
そういう城島も、心の中では、
「あいつも向こうっ気強くて、若いな」
くらいしか思ってない。喧嘩にはならない。

城島は城島で魅力的な人間だ。

王監督が福岡ホークス時代勝てない最悪な時
ファンに「やめちまえ!」と生卵投げられるのを
目の前で見て、いろんないい条件の
他球団のオファーも一蹴り続け
王監督を胴上げするまでと、チームを引っ張り
見事Aクラス、そして優勝へと導いた男気の
ある人間だ。金や条件、楽や楽でないなんて
ことを越えた義理人情の熱いやつなのだ。

野村さんももちろん、そういう城島の
事も知っているにちがいない。

今回のやり取り、ちょっと、城島、大人げなかった。

すごいのは、イチローだ。

城島は、リードが単純だとか、
あくまで野球のスキル的な
内容だったことに比べたら、
イチローは人間性の核にまで触れる所まで
めった切りされたが、何も言い訳しない。

イチローは、言い訳どころか、
野村さんがマスコミを使って
自分に発信しているコトバの意味を考え、
いや、感じている。

野村監督の発言の後、気のせいだろうか。

いや違う、明らかに、画面でイチローの笑顔や、
ハイタッチが頻繁にクローズアップされ始めた。
勤めていい雰囲気を作ろうとしているイチローを
メディアもしっかり捕らえていた。

今のイチローに、
「おまえは200安打を7年も連続で越え、
 アメリカ大リーグの中でも最高の打者なんだ。
 不調な時もある、しかたがない、
 でも、今からの活躍に期待する、頑張れ!」

なんて言って励ましたって、
誰よりもこの不信、スランプに苦しむ
イチローの心を変えることも救うこともできない。

この重症のしんどさを、そんな励ましや言葉が
救えない、この状況を脱することが出来ないことを
野村さんは誰よりも知っているのじゃないだろうか。

もし、このまま、イチローの不振が原因で
世界一連覇を逃したり、韓国に負けたりしたら
一生イチローが苦しむ。

もしかしたら
あらゆる個人タイトルを総なめした
イチローではあるが
自分の不振でWBC連覇を逃したら
きっと野球への情熱と、
最悪、人生への情熱も
失う心配を野村さんは
してたんだと思う。

あの発言を、ただ、意地悪だけで
言っていたとは、私には、どう考えても
考えられない。駆け引きのプロ中のプロと言っていい
ミスター野村だ。

あんな発言をしても、
大記録を持つ世界的スーパースターに嫌われるだけだ。
野村さんには、なんの得もない。

選手の精神管理も、意識変革も今は原監督の仕事だ。
自分のでしゃばる余地はない。
野村さんの唯一の手段が、マスコミを通してのイチローへの
檄をなのだ。野村さんは、自分のコメントがおもしろいように
すぐアメリカの侍たちのもとに伝わるのを城島との
マスコミを介してのやり取りで実感したのだろう。

このイチローの重症ぶりは普通じゃない。

野村は最大の愛と智慧とを発揮し、
最大級の賭けをし
イチローとWBC日本代表の若き監督、原と
侍たちに援護射撃をしたのだ。

城島実験で、自分の発言が
イチローに届くことを確信した
日本現役最高、日本史上最高監督の
一人と言ってよい
監督の野村克也は
不振に苦しむ天才イチローの苦しさと
その孤独を、素人の我々どころではなく
リアルに人事ではなく
我がことのように感じていたと思う。

どうせ自分は嫌われ、毒キャラ。

「何を気負ってる。何に縛られている。
 どんな雲が心にかかっている。
 どんなマジックにかかっている。
 裸になれ、今のおまえは打てない。
 へたくそだ。 

 裸になれ。

 スタメンはずされて当たり前。
 そして打てる打てないに関係なく
 チームリーダーとして
 おまえは勝つためのチームの雰囲気作りも
 しなくちゃならないだろう!
 つらい、もしかしたら、
 今までの選手生活で一番つらいかもしれない。
 でも、頑張れ、おまえは世界の多くの
 無数の人たちに力を与えてきた星だし
 こんな終わり方で終わってはいけない、
 日本の、世界の宝なんだ、頑張れ。」

 その思いを込めて、この内容を、
 野村流のコトバに還元すると

「運気最低、使うな、マリナーズで嫌われ者」

 となるのだ。

 イチローの性格と人格と特徴を分析して、
 最大の敬意を持って、こんなことを言える
 タヌキ親父こそ、
 日本の宝だということを私は、訴えたい。

イチローは野村さんの言葉を聞いて、吹っ切れたのではないか。
誰もいえない。「イチローを使うな!」
たとえイチローが不調でも、世界の誰が「イチローを使うな!」
と言えるだろう。あんな憎まれ口をきいてだ。

 そして、もしも、あの2点タイムリーで
 イチローが世界一を掴んだとしたら
 それは、野村克也が世界一を導いたといえる。

イチローには、誰もいえない、原も言えなければ、
まっしてナインの誰もいえない。
イチローは、どんなことばも
自分に向けられたものはうれいしいほど、
ものすごい孤独の中で、
プレッシャーの中で生きてる人間だ。

イチローの孤独を思うと涙が出る。

イチローがランナーを二人置いて、
なんども潰してきたこの場面。
決勝戦の、ここで打つのは、物語が出来すぎだ。

しかし、イチローは出来すぎた物語起こした。

日本時間2009年3月24日
原と28名の侍ジャパンは
ロスに行けなかった数百名のプロ野球選手と
底知れぬ愛情を持つ老獪な古だぬき共に
世界一の野球を、世界に証明した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松坂の強さ、アメリカに勝って、WBC決勝戦へ!

Photo_4 松坂の甲子園でのPLとの準決勝のあの
激闘以来、すべてのスポーツ選手の中で
私は一番松坂のファンだ。

あの激闘は、プロ、アマ、高校野球全で
きっとナンバーワン、3本指、5本指に入る
試合だったと勝手に思っている。

あの時、私は、昼飯時、
ラーメン屋に入っていた。
食べ終わったのだが、試合は延長戦。
いつまでも、ただで長居するわけにもいかない。
コーヒー牛乳を頼んだ。
試合はどんどん延長。
コーヒー牛乳、1本、2本、3本。
初めて入った店だったが、
ラーメン屋のおっちゃんも、おばちゃんも
店のお客も、昔からの知り合いのように
何気なく一緒にずっと見ていた。

1998年の熱い夏だった。

あの試合は、
「ドキュメント 『横浜vsPL学園』」
アサヒクラブ特別取材班による本も
でている。

やはり特別な試合だったんだと思う。
1点取っては、また取り返し。
2点取っては、また取り返し
17回までのシーソーゲーム。

そして、後から知ったのだが
松坂は、11回、12回くらいから
もう記憶がなくなっていたという。
もはや、高校生の、人間の心身の限界
を越えていたのだ。あの真夏の灼熱の
大阪の球場で。

そしてドラマは、本当にドラマだ。
決め手となったのは、17回にマウンドから

帰ってきた松坂に、すれ違いざま
名前は忘れたが
「俺が打つ、決める」と言ったチームメイトが
ホームランを打って、さよならで
試合を決めたのだ。

鳥肌の立つ高校生のドラマだ。
集団競技、スポーツのドラマだ。

松坂は、今日の試合も決して良くない。
良くないけど、松坂が登板すると勝つ。

昨年のアメリカ大リーグでもそうだ。
松坂は乱れるし、打たれる、
いい印象、記憶の方が少ない。
でも、松坂が登板すると
それ以上に味方レッドソックスの打線が
爆発して打つ。そして勝つのだ。

プロになって、日本での西武時代も
いつもファンの私としては
胸を痛め、やきもきして、乱れることも多い

のに結局なんだかんだと言って
二桁、十何勝と勝ってしまう。

不思議なピッチャーだ。

やはり、結果、運気を寄せる力も含め
やはり本当に強いのだろう。

勝つまでの持って行き方は、それぞれであるが

勝つところまで、結果、持っていける力

その強さが松坂の強さなのだろう。

そして本当の強さとは、本当に強い人間は、運気も持ち合わせて
いるレベルなのかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2時間で風邪を治す、私専用の治癒法

Photo 今朝、目覚めると
耳の周りが痛い。

これは風邪気味の時。

私は、もうかれこれ6~7年前
になるが右耳の
大掛かりな手術をした。

もともとは、小学校時代にこじらせた
中耳炎が原因で悪くしてしまった。

でも、おかげ様で名医に執刀してもらい
ずっと聴覚がほぼ方耳状態だったものが
聴力も回復し今では両方の耳で、
普通に聞くことができる。

この耳が風邪の防御、防波堤になってくれている。
ウイルスの進入にたいへん敏感で
アンテナになり決定的な体全体が風邪状態に
侵されることから守ってくれている。

で、耳が痛いと、すぐ起きて
買い置きのコンビニでも売っている

①ゼナ(5~600円)を、唾液と混ぜ
ちびりちびりと喉に流し込むように飲む。

②遠赤外線ストーブでその痛む耳の周り
を一気に暖める。

この二つで1~2時間、じんわり額、首のまわりと
汗をかくと共に、徐々に痛みも消えて
朝ごはんを食べる頃には
ウイルス撃退。風邪完治。普通どおりに
一日を開始。

ゼナが風邪に利くか、どうかは、薬事、医学的な
ことは分からない。私には少なくても
プラシーボ効果だけでも確実に起きている

今日のお勉強「プラシーボ効果」

(Placebo)の語源はラテン語の
「I shallplease」(私は喜ばせるでしょう。)
に由来しているそうです。
そこから患者さんを喜ばせることを
目的とした、薬理作用のない薬のことを
指すようになったのです。

通常、医学の世界では乳糖や澱粉、
生理食塩水が使われます。
従って、プラシーボ効果(反応)は、
このような薬理作用のないものにより
もたらされる症状や効果のことをいいます。
それはいい場合と(治療効果)、
悪い場合(副作用)の両面があります。
「これは痛みによく効くよ。」といわれて、

乳糖を飲んで、痛みがなくなったり、
逆に吐き気がでたりすることがあります。
この場合、プラシーボにあたるのが乳糖であり、
プラシーボ効果にあたるのが、
鎮痛効果であり(治療効果)、吐き気(副作用)
であるわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強できる人の正体。遺伝子に火星人のDNAが!?

Img_4991_3 偏差値93東大理Ⅲ合格、
物理のセンター試験5分で
やる人も、英単語見た瞬間
頭に入るとか、物理や数学
の問題を見た瞬間解けると言う
魔法の目を持っているのでなく
見た瞬間解ける努力、トレーニングを
しているのだと知ることが
非常に大切だ。

我々は、怠け者なので
また吉永賢一氏たちのような
桁違いの勉強における
努力の世界を知らないので
頭いいから、勉強が出来るんだ

東大受かるんだ、まして理Ⅲだ、
この人たちは、人間の質が種類が
違うんだで、片付けてしまう。

実は、勉強できない人の
一番の問題はそこだと思っている。
つまり自ら作っている
自分の殻と、すばらしい人間
優れた人、勉強の出来る人
からの敵前逃亡だ。

この自分もそうなれると
努力と精進を重ね続けられれば
そこに至ると
自分をその延長上に置けない。

正直、私だって、「偏差値93東大理Ⅲ合格、
物理のセンター試験5分」で解く人間が
ほんとに普通の地球人かどうか、
「もしかしたら人間ではないのではないか」
検証しようとDVDを借りて来たのだから。

私も、3月17日付けのブログで書いた。
吉永氏のレベルではないが
あまりにもその程度は違いすぎるが
中学で5教科400点を越えるような点数を
取る人たちは、頭がいいから、親の遺伝子が違うから、
取れると思っていた。

しかし、自分が実際にその点数が取れて、
そういう点数の高い友人たちと勉強面での
会話やつき合いが増えると、わかったんですね。

彼らは、頭でも、遺伝子でもなく努力家であり
勉強しているだけなのだと言うことがわかった。

でも、勉強できない子達は、
勉強できる子は、見た瞬間、単語の意味もスペル
も暗記できると思ってるんですね。
何度も、紙に書いては、スペルを口ずさんだり
書けなくてまた、クソーと言いながら
暗記している努力なんてまったく見えない
想像できないんですね。
この世界は、頭のいい子と、悪い子と分かれていると

深層心理で信じきっており
実は、努力する子、努力しない子ということなんだという
ことがわからない。

わからないから努力しないという不毛の悲しき
悪循環、スチュエーションの中に落ちている訳です。

ですから、頭がいいから、人間の質が違うから
とかでなく、勉強できるこの人たちも
偏差値93東大理Ⅲ合格、物理のセンター試験5分
で解く人も、火星人やターミネーターでなく
普通の人間で、ただ、勉強している、ものすごくしている

努力している、努力の仕方の工夫と研究さえもし
桁違いの努力をしている頑張り屋さんなのだと
知ることは、意識を大きく開放することであり
生きてるこの世界を大きく開放することになる。

独りよがりに永遠に開かぬ扉だらけの世界かと
思っていたら、どの家も皆、扉を開けていたのに
歪んだ目と、元気のない心で扉がしまっているように
見えていた自分に気づくのだ。

さあ、3軒目の本屋で見つけた「・・・勉強法」
じっくりお勉強させてもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偏差値93、東大理Ⅲ合格、センター物理5分解答、吉永賢一氏、見たり!

Img_4988 吉永賢一氏の

「東大家庭教師が教える記憶法」

のDVDを見た。

メモを取りながら、見た。
これは、いつものことで、
映画でさえメモを取る。

私と一緒には映画を
見に行かない方がいい。
隣でメモ取りながら
映画見られたら
たまらない。
冷める。しらける。


でも、見てると、感動したり、
コトバが訪れるので仕方がない。
メモざるを得ない。
そもそもメモ魔だし。

偏差値93の人の記憶法。
東大理Ⅲを合格する人、
物理のセンター5分でやっちゃう人の
記憶法は、興味ありありだ。

端正な顔立ちと流暢な語り。

普通の人間だ。

目からレーザービーム
を発したりもしていない。

血液も緑でなく
普通に赤、皮膚の色が
物語っている。

記憶するために
1.つなげる
2.またやる
3.外にだす

(このブログで内容の要旨説明はしない。私は、さらに本も手に入れ、本でも勉強しようと思って  いる。興味のある方は、具体的なことは、是非、本やDVDを手に入れてご研究ください。)

特に1.つなげる
つなげ方について、具体的に
英単語の記憶のし方の説明があった。

ユーモアを交えながら
流れるような流暢なトーク
なのでついつい聞き入ってしまうが

言っているのは涙ぐましい程
一見、バカらしい程の語呂合わせなのだ。

そのつなげ方、語呂合わせの仕方
の技術的なことより、何より

英単語、覚えるのに、
偏差値93東大理Ⅲ、
物理のセンター試験5分で
やる人も

5感をフルに使い
こんな馬鹿げた、私たちでもやりそうな
やれる、やっている語呂合わせで

暗記するのかと安心した。

てっきり、こんな人は
見た瞬間に単語の意味が入り
こんな苦労してるとは
思わなかった。

つまり、こうやって頑張って
頑張り続けて勉強している
頑張っている人

頑張れる人なのかという事が
生身とは言わないが、映像で
実感できたこと、これが
正直一番の収穫だった。

見た瞬間、単語が暗記される
特別な目と、異常な脳反応でもあるか
と思っていたのに、
そうか、こうやって、
涙ぐましいくらいくだらない
語呂合わせをし、
覚える努力をしている
頑張りやさんの程度のスゴい人たちだ
ということが知れて
なんかうれしく、安心もし、
このDVDを見て、

努力するということにに、
なんか健康的にに向かえる自分に
なった気がする。

観客というもの、人という者は
予想もしない反応をする。

おそらく、著者の吉永賢一氏は
中身でなくこんな所に感動されると
思っていないだろう。


しかし、私は、意外と
私と同じ感動、インスピレーションを
もらった人が多いのではないかと思う。
そして、この感動、インスピレーションは
実はたいへん重要なものだと
思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忍者事件!

5_3 11歳と半年でボッシュが逝っちゃって、
まるまる3年経つのかな。

今日もテレビでやっていた。
話す犬、踊る犬、いろいろいるが、

忍術をつかえる犬の話は
聞いたことはないと思う。
私も、本当にびっくりした。

かれこれ、あの日、あの夕暮れ時
買ってきたばかりの、
でかいフランスパンが一本
台所のテーブルの上から無くなった。
突然に消失したのだ。

私は、家人に一時、
おとな気なく一人で大きな
フランスパンを食べてしまう
いやしい男としての疑いをかけられたが
私が食べてない真剣な弁明は
何とか理解されたものの
それは、さらなる新たな
真の恐怖を生み出した。

私たちは恐怖に包まれた。

Photo

白昼堂々、小ぶりのラグビーボールのような
フランスパンが突然と、
なんでもない平和なこの世界から
消失してしまうなんて事が
この世に無秩序に、そして頻繁に
おきてしまったら
恐ろしいことだ。

しかし、私たちは
その恐怖から目を背けたり
ただ、そこで怯えているだけでなく
思考を停止することなく
恐怖に立ち向かった。

「待てよ。おやっ?」と思った。
思い当たる節が。

いやな予感。

もしかしたら、犯人は、
まだ、部屋の中にいるかもしれない。
しかも、それは、人間ではない。
緊張が走る。

犯人が逃げ出さないように、やさしい声で
「ボッシュ。ボッシュ」と、
やさしい、やさしい声で
名前を呼んで家中を探し回った。

いくら成長が早くすでに成犬、
大人の柴犬くらいあるとは言え
生後3~4ヶ月の赤ちゃんだ。

今まで、悪さをしたこともない。
ありえないことだったが
しかし、一つの可能性として
一応、罪の無い無垢な彼も
検証の対象にせずに
高度な現代科学の21世紀の人類としては
原始人のように「消えた!消えた!」と
いって恐怖におののき、もろ手を挙げて
台所のテーブルの周りを踊っているわけには
いかない。

「ボッシュ~。」「ボッシュ~。」

うんとも、スンとも返事も気配もない。

最後に寝室のふすまを開けると、
その薄暗い部屋のふとんの上に
何かもっこりとしたものが、
ぴったりと、普段はない
平べったくなっている毛皮があった。
一瞬、ボシュかと思ったが
あまりにも平らで布団と
一体化している。

「あれ、ボッシュ、どこ行ったのかな。
 ボッシュ、いないな。」

と言いながら、その平べったくなった
その頭の方に、私も寝転がって正面から顔を見た。

アンビリーバブル!
そこには、この世と思えない
ありえない光景が。

Photo_2

 そのぴったりと布団にへばりついた
平らな毛皮はなんと、見事に布団と
体を一体化させ、
はちきれんばかりに一本丸ごと
フランスパンを口に入れ、
この犬、この生物は、何犬と
原型を留めぬ新種の顔立ちをした
上目使いにギョロリと目を見開いた
ゴールデンリトリバーだったのだ。

Photo_3

しかも、こんなそばで目があっても、
ぴたりとも動かず平らなまんま、
忍者体形のままなのだ。
これは、確かに忍術のレベルだ。

目だけ、キョロキョロ、
動かし「ボクは、フランスパン知りません。」
という、「しらっぱぐれの術」の使用中だ。

時間を忘れて、笑い転げました。

それから、3年間は、笑えた。
どんなつらい時も、あの顔を
思い出すとシビアではいられなく
噴き出してしまう。

十数年たった今だって、この時のキミの様子は
キミを知って、キミを愛していた人たち
みんなを微笑み、笑顔をにしてくれる。

あなたのフランスパン好きには、参りました。
時効成立。犯人逮捕。逮捕後、すぐに釈放。

それは、あなたのものにしましょう。
「つばつける」どころか、もうヨダレだらけだし。

一個まるまる食べたかったんだね。

この星に生れ落ちて
最初の野望だったんだね。

ただの、甘えんぼだと思っていたら
食いしんぼだったんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春。恋の季節。「恋愛論」を語る。語るか?

Photo_2 キミがもしも、10代や20代、
あるいはぎりぎり30代であって
「嫉妬心の完全にない恋愛」
をしていたら、キミは、怪物だ。
キミは、きっとすごい人だろう。

あなたが、もしも40代や50代以上で
「嫉妬心の完全にないステキな恋愛
 満ち足りた、すばらしい恋愛」
をしているなら
いい人生を生きて来た証だ。

楽しく恋愛するには、
自分への絶対的自信を持つか
最高の人間、最高の心を持つ人間になる事を
決心、覚悟するしかない。
未来への自信といってもいい。

つまり、この2つのどちらか、
あるいは両方がないと
嫉妬心を越えることが出来ないからだ。

「恋愛」イコール「強烈な嫉妬心にさいなまれている時
であっては楽しくない。

地獄だ。

恋愛には、強烈な飛躍的、
人間進化の仕組みが仕掛けられていて
いい恋愛をする人は、飛躍的に
爆発的に進化する。


しかし、恋愛のその仕組みは紙一重で
嫉妬地獄に落ちる可能性に満ちている。

強烈な独占欲を
強烈な自己進化によって、あるいは
強い進化への決心によって
自己の支柱を堅持しバランスを取れるか
そういう恋愛を出来るか。

強烈な独占欲を
自己の進化と具体的努力、
あるいはその決意はさておき
不毛な妄想、想像により
恋愛相手の周りに自分を越える

魅力を持つ存在を想起、作り出し、
その存在へ一人嫉妬にもがき、のたうち
恋愛相手を、そこからの
隔離と管理に労力を費やすか。

どちらかである。

自分が魅力の無い、いやな人間でも
恋愛相手に付き合わせ続けると言うのが
そもそも卑劣な行為だ。

だから、人は、進化し続けなければならない。

進化とは、深くなる、高くなること、広くなることかもしれない。

強くなる、明るくなる、柔らかくなることかもしれない。

楽しく、シアワセになることかもしれない。

心からよく笑うようになることかもしれない。

イラつかず笑顔が多くなることかもしれない。

人は、可能な限り魅力ある
人間と付き合う自由がある。
より自分が必要とする人間と
付き合う自由がある。

不毛な拘束に心身のエネルギーを消耗するより、
自分が、一歩でも1メートルでも進化することだ。
進化、成長し続ける人間であることだ。

魅力的人間であり続けること、
魅力を増幅し続けていくことは
もちろん大切だし
それが、できれば、人としてとても幸運である。

しかし、恋愛感情や愛情は魅力によってだけ生じるものでない。


そこには

その人間の魅力+その人間への感謝=その人間への愛情

という式も厳然としており

そういう意味で人生の時の重みと言うものが
やさしくその関係を包んでもくれる。

いずれ、いい恋愛をする人は、
飛躍的に進化する。
いい恋愛とは、
嫉妬心のない恋愛のことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県立高校入試合格発表!中学時代発明の人生の重要法則

人は完璧、完全というわけにはいかない。
時に、完璧完全を求めることは
結果、創造的行為やシアワセから人を
遠ざけることがある。

結果はどうあれ、
今までの自分では出来なかったくらい
頑張れたというものがあればよしとしなければ、
息苦しく生きていけない。

地方の子にとっては、高校受験は、

初めて社会の厳しいふるいにかけられる

強烈な経験だ。

私は、中学時代の勉強と受験から
その後の人生を左右する重要な法則を
編み出した。

この法則で、私は、これまでの人生において
多くのものを獲得し、つかんで来た。

これは、中学で講演を頼まれた時に
話す内容を長編詩にしたものの一部抜粋である。
その中で、この法則のことを語っている。

ボクの高校受験<一部抜粋>      

 ・・・・・・略(毎度貧乏だって話です)
 

 ボクは幼稚園も入っていない。
  塾にも行ったことがない。
  問題集も買えない。
  滑り止めの私立高校も受けられない。
  県立一本。失敗は許されない。
  県立がだめな時は
  日中働き定時制高校に行く。

  ボクには、問題集がない。
  生活保護を受け、学校からもらった新研究。
 受験のための国数英理社の受験のためのまとめと問題集だ。
  それだけがボクの受験勉強の道具の全てだ。

  ボクは2年生の秋から3年の春にかけて
  死ぬほど勉強した
  400点が取りたかったからだ 。
  なぜ、400点を取りたかったか?

  僕は小学校時代、野球グローブも買えなかったから
  近所の大学のグランドに落ちていたバレーボール
  を盗んで持ち帰って朝から晩まで
  ボールを蹴っていた。

  中学に入ったらクラブの先輩たちも驚く
  ボールさばき。
  その流れでいつの間にか
  2年の秋にはキャプテンになっていた。

Photo_4  

 ある日の夕暮れのグランドで
  一高も楽々合格と言われる後輩たちの憧れ
 畏敬のまとの小林キャプテンが

 ボクら1、2年を集めて
 とうとうと説教した。

  「サッカーはバカにはできない。」
 と言った言葉がボクにはぐっと来た。
  そして上田中ではスポーツクラブのキャプテンは
  みな一高か三高に行くのが伝統だったのだ。

 (一高は、毎年、5~10名東大合格者もでる県内ナンバーワン高校、三高はナンバーツー進学校)

  だから、まず400点を取りたかった。
  平均も行かないボクは、本当に吐くほど勉強した。
  死ぬ程勉強した。

  それでも400点取るやつは人間が違う
  親が違う。DNAが違う、家庭環境が違う
  別な人種なんだと思っていた。
  死ぬ程勉強しても
 ボクは2回の定期テストでだめだった。
 3回目に挑戦している
  ある日ある時、突然、天の啓示がやってきた。

 「オレは馬鹿なんだ、幼稚園も入ってない
  塾にも行っていない、勉強法もわからない。
  ならば、馬鹿には馬鹿の、貧乏人には貧乏人の
  戦い方がある。
  テスト範囲の教科書全てを暗記しよう!
   テスト範囲のワーク全て分からないのは
   問題ごと丸暗記しよう!
   テスト範囲のプリント全て丸暗記しよう!
   そうすれば満点取れるはずだ。
   少なくとも400点はこえる。」

Photo_3

  感動した。
  すごい作戦だ。
  体中に電気が走りしびれた。
  そして、腹は決まった。

  布団には寝なかった。
  勉強部屋もなかったから
  家に帰るとこたつの一角を
  独占して自分の周りに

 9教科ならべて
  疲れたら休むのでなく
 教科を変えて勉強した。
  目覚めたら夜中も
  早朝も勉強した。 

  勉強量は肉体的には、すでに限界で同じくらいだったが、

 丸暗記するという焦点とゴールが決まり、それまでと

 中身の気持ち、集中力、フットワークや気分軽さがまったく違っていた。

  そして、いよいよ、その3回目の挑戦、この丸暗記大作戦は

 見事に大成功!400点の壁を突破したのだ!

 その間、半年くらいの月日は過ぎていたろう。
 

 得点、426点。

 家に帰るまでがたいへんだった。

 もう、こみ上げてきて、こみ上げてきて
 家に帰って一人、
 布団の中にもぐって声を上げて泣いた。

  「人種の違う人間の400点」
 を越えたのだ。

 「中学のテストで400点を超える」
 そんな、たいした話でない。多くの方が、大げさだと思われていると思う。


 しかし、わたしにとっては
 奇跡であり、ドラマだった。

  この自信、このノウハウで
 ボクは高校受験も戦おうと決めた。

 一高、三高を狙うメンバーは当時、皆、白百合学習会という塾に入っていた。

 うらやましかった。あの塾専用の分厚い問題集。

 もちろん、私は、塾にも入れないし、講習も模試も受けれなかった。

 しかし、私には黄金の法則がある。

  新研究を丸暗記しよう!

 この分厚い新研究を5教科、5冊、丸暗記するやつがいるだろうか!?

  新研究を丸暗記したら
  入試の時、新研究を見ながら
  調べながら試験を解くようなものだ。

 この頭の中に、5冊の新研究を入れてしまうのだ。
  絶対一高だって受かる!

  とにかく
  入試までに
  丸暗記するんだ!

  教えてくれる人もいない。
  わからないものは
  問題ごと、解き方と答えまるごと
  公式として
  暗記するんだ!

 何度も書きまくり、何度も声に出して!

  受験間近に一度だけおねだりした
  富士教育の過去3年岩手県入試問題集
 780円を一冊買ってもらった。
 

  千円もしない安い問題集だったけれど
  新研究しかなかったから
  本当にうれしかった。

 カラフルな表紙、コート紙の輝き。

  母ちゃん、あの時のしわくちゃのの1000円札
 ありがとう!

  新研究丸暗記への挑戦!

  ボクの人生の最高の思い出の一つ。
 このページから一問出たら
 2点、3点上がると思うと
 楽しくてわくわくしてしかたがなかった。
                  
  ー確実に目標を獲得できることを
         100%完全にやりきるー    

  これがボクの最大のノウハウの一つだ。
  考えてみれば
  本当に当たり前のことだ。

  しかして、
 ボクの最高の秘密兵器だ。
 必勝戦略、戦術だ。 

 ・・・・・・・・

私は、この法則で高校入試でも9割強の得点を取ることができた。滑り止めの私立高校を受けてないこと、急激な成り上がり者だった不安もあり、得点的には結果ナンバー1高校でも入れたが、ナンバー2高校に進学した。どこにいったとか、どうだとういうのでなく、要は、この法則の効果を訴えたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感動!「吉永賢一」再録。ネットの可能性。

東大家庭教師が教える 頭が良くなる記憶法 Book 東大家庭教師が教える 頭が良くなる記憶法

著者:吉永 賢一
販売元:中経出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法 Book 東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法

著者:吉永 賢一
販売元:中経出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2月20日の私のブログで吉永賢一氏の事を
取り上げましたら、3月13日付けで
そのブログ記事に対して吉永氏本人から
コメントが入ってました。

感動です。

その世界で一流の方から直接コメントを
もらえたというのは、もちろん、
ネットのこのダイレクトに
コミュニケートできる
可能性に感動です。

(コメントをこう取り上げるのは、あまりセンスのいい事ではありませんが今回限り

ネットの可能性というテーマ、趣旨の起稿と言うことでお許しを。)

記事がちょっと前のものでしたので
その事に気づいたのが3日後の16日でした。
早速、お礼のコメントを。

でも、吉永氏がまた私のブログに来る、
書いたコメントを見てくれるとは
限らないので、吉永さんのブログにも
コメントを入れましたら、
また、吉永さんのブログの中でも
それに対して、非常に丁寧な長いコメントが
返されていて驚き感動しました。

吉永賢一さんのベストセラー
「東大家庭教師が教える頭の良くなる記憶法」
「東大家庭教師が教える頭の良くなる記憶法」
しっかり勉強したいと思います。

「ナカムラユウコウのコトバカフェ」吉永賢一さんを取り上げた記事<コメント含む>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の個展の案内は、弟のブログに任せました!

Yubinjpgyukou_2 出来た弟です。
兄を立て、持ち上げて、
16日からの私の2会場同時開催
の個展を彼のブログで、
懇切丁寧に宣伝してくれております。

クリックすると
会場地図まで見れる痛いところ
かゆいところに手の届どいた
案内ですので、どうぞ
下記URLをクリックしてください。

(兄弟で褒めあう気持ち悪い
 兄弟だとよく言われますが
 ちょっと微妙にこの顔も
 気持ち悪いですね。)

Middle_1234203640_2 兄、「ナカムラユウコウのコトバと
イラスト&写真」の展示会へどうぞ。

→中村太樹男ブログ「つれづれ日記」

http://black.ap.teacup.com/nakamura-takio/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「喫茶ママ」というギャラリー喫茶

P1090140_2  <中央通りから、本町通を目指し、カワトク一番館、北ホテルを過ぎまもなく右手に見える。店の前の車は、愛用のキューブ>

3月16日から31日まで
2会場同時開催の作品展の
会場の一つである
「喫茶ママ」は盛岡では
知る人ぞ知る
一つの文化と発信地だ。

本日搬入しました。

ここがギャラリー喫茶として
作品発表の場になってきた
だけでなく
かって古き良き時代に
彫刻家の船越保武、
画家の松本俊介など
早々たる盛岡出身の芸術家たちの
たまり場、サロン、憩いの場と
なっていた所である。

今から3~4年前に
この喫茶ママのママが亡くなった。
どこからともなく
しのぶ会の話が出て
市内のホテルで開催された。

ママは、盛岡市内外の作家さん
そして多くの美術愛好のお客さん
たちに慕われていた。

ここに出入りする多くの男女が
ママの自然な仲立ちによって
結婚した。

小柄のママはなくなった時は
80を過ぎていたと思うが
それでもいつも笑顔の
可愛いおばあちゃんで
若い頃は
船越保武さんのモデルになって
絵も描いてもらったという。
チャーミングな小娘だったと思う。

時は流れていく。

その時は、何の色も味も香りも無い
単に時が流れていくだけなのに

その時が蓄積され程よい距離が
できると初めて色も香も
わかってくる。

100年の歴史を持つ
ギャラリー喫茶は、
日本広し
東京や大阪を含めたとしても
そうあるものじゃないだろう。

文化の街、盛岡の一つの誇りだ。

ママが亡くなって、しばらく
休業しそのまま閉めてしまう
ことになるかと
思われたが、多くの声にも
押されご主人が、姪を新しいママに
迎え入れ、喫茶ママは再開された。

店も麻布地の黄色い壁から
白い壁に新装され
綺麗なギャラリーとして
生まれ変わった。

この喫茶ママの方では
水彩の新作及び自選ベストセレクションの
作品を展示しています。

日曜休み<祝日営業11:00~21:00>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私の一つの精神健康法

Photo_2 車の中で大音量で聴く、
自分で作ったベストCDがある。

車の中でのこの時間は
私には重要な時間だ。

ストレスを発散したり
エネルギーを充電したりする。

車に乗らない日はないので、
そういう意味では毎日
一度は聴く曲の一つが
プシンの「I pray」だ。
YoutubeのPVもいい。http://www.youtube.com/watch?v=1R9211sBxNI

少年時代の夢見る頃の香りが
キューンと溢れ
そして生きている、
この今の空気がいい香りになり
今生きているこの世界に
愛が溢れて来るのだ。

何度聞いても飽きない。
はっきり記憶してないが
少なくても半年以上、
1年未満くらいの期間は
毎日聞いているのだが飽きない。

ふつふつと力が湧いてくる。
音楽は力がある。

Photo_4 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校サッカーのレベルと謎のTTP?

Ttp 8年間、講師として美術を教え3~4年前に
やめた市内の私立高校から突然美術クラブを
少し見てほしいという話が来て先月から、
週に何度か見に行っている。

生徒が絵を描いている間、
窓から、校庭が見える。

そこでサッカー部が練習している。


人工芝の校舎に囲まれるようにある
大きな中庭のようなミニ校庭だが、
ミニゲームが2コート、あるいは
ハーフゲームが出来るほどの広さはある。

しかし、練習が非常に無駄がなく
流れるように効率良く進められている。

岩手の高校サッカーのレベルは高い。
知っての通り一昨年前は、
あの感動の全国優勝。
そして安定してベスト16とか8とか、
すばらしい実績だ。

で、今は、情報が平等の時代だ。
その伝わる早さもスゴい。
良いことも悪いことも一気に広まる。

この高校のサッカーの無駄のない
ハイレベルの練習は、私の数十年前の
Jリーグもない頃の高校サッカーとは
雲泥の差だ。

つまり、これは、高校サッカーといえど、
高校サッカー選手権で優勝したり活躍すれば
Jリーグのスカウト、プロと繋がっている
レベルなのであり、そういう高校生を作る、
そういう高校サッカーのレベルの練習が、
すぐに全国へ流布していくのだ。

本当に無駄がなく、実践的であり、
一対一を鍛えるに十分、バックスの組織力、
フォワードの組織力を高めるのに、
本当に見事な練習で惚れ惚れする。

全国レベルの、最高レベルの練習がすぐに、
全国に流れ、パクられるのだ。
これが、スゴいことで、日本の高校サッカー、
日本のサッカーレベルをあげているのだ。

いいものを徹底的に、
我流、我見を入れずパクることが、
飛躍的成長、進化のためには大切だ。

徹底的にパクる。これを、勧めている吉越浩一郎氏。
彼は徹底的にパクること人気経済雑誌「
PHPビジネスTHE21」に
TTPというコトバで紹介していた。

「てっていてきにぱくる」=「TTP」


彼も誰から習ったコトバらしい。
いいコトバだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう」のステキな人、あるいは人をステキにする「ありがとう」

Jpg 今日は、ステキな二つの
「ありがとう」に出会えた日だった。
「ありがとう」という言葉は
掛け値なしいいコトバだ。

「ありがとう」といえば、
小林正観さんという有名人がいる。

私も3~4年前から知り、何冊か読み込み、
そのうちの2~3冊はとても気にいって
随分と人にプレゼントした。

「ありがとう」というコトバに力があって
自分を心身健康にすることはもちろん、
人生に幸運と奇跡を起こすと言うのだ。

宗教家ではなく、むしろ、
無神論者であるというが、
伊勢神宮のツアーを企画したり、
際どいところにいる人のように思うが、
一宗派に属してどうのこうのという
活動はしてないようだ。

そのフィールドに好き嫌いは、
あるかもしれないが、
「ありがとう」というコトバや、
その他、コトバが持っている力や、
生活や人生に良きインスピレーションを
与える良いことが本には溢れていた。

いづれ「ありがとう」は、
良く発すべきコトバであることには大賛成だし、
「ありがとう」を、素直にタイミング良く
発せられる子供は可愛く、大人は魅力的だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜梅桃李、春よ、来い!

Photo_3 調べものして、ネットサーフしてたら「桜梅桃李」に出会いました。

このコトバ、実は、数十年前から知ってました。

漠然と、

「花それぞれに
 それぞれの美しさがあり
 みな尊いんだとか、
 自分らしく生きなさい。」

とかと思ってました。

それは、それでいいのですが私は、このコトバと出会って、この長い長い数十年

「桜梅桃李」でなく
「桜梅桃梨」
李(すもも)でなく梨(なし)
と書いていたのです。

オー・マイ・ゴッド!

神よ、仏よ、
そして小中高大
の教師たちよ。
許したまえ。

これは驚きですね。
こんなことって
あるんですね。

でも、もっと驚いたのは

「クイズ。桜・梅・桃・李って何科の花かな?」

なんと、みなバラ科じゃーい!

「あれっ、知ってました。」

またまた、恥の上塗り、靴ずみ、カラスウリ!(ラップ調)

でも、でも、これは、これは、知らんでしょう!

桜は、2月1日からのその日の
最高気温の合計が
600度になったその日に
開花するのだ!

どーじゃ!!

ハァーッ、ハァーッ・・・
(最近、打ち上げだなんだと夜遅くまで
 食い過ぎで一気に3~4キロ太ってた。)

ま、それはさておき。
私もあなたも600度まで
600度を信じて
頑張りましょう!
いつか必ず花が咲く!

Jpg_6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新しい朝。次の仕事が始まる。それにしても、ワンコはかわいい。

P1090118 無事、先生の「種倉紀昭自選展」も
昨日盛会裏に終え、今度は
今週末搬入の2会場
同時開催の自分の個展の準備を
しなければならない。

今日は、気持ちのいい朝だ。

カメラを持って、早朝
近くの諸葛川に向かった。

この川を挟んで、住宅密集地と
田園風景と分かれている。

朝は、たくさんのめんこい
ワンコたちに出会えるのだ。

しあわせなワンコたちだ。

岩手山もきれいだ。
帰ったら、まずは、午前中かけて
大掃除から準備開始だ。

P1090092 P1090111 P1090115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界一の世界

Jpg_5 「そうだよ。
 みんな世界一の世界に住んでいるんだよ。
 生きているんだ。

 それは、世界で一番じゃないかもしれないけれど
 世界に一つのものなんだ。

 世界にたった一つのものなんだ。
 世界でたった一人の人なんだ。

 世界で一番のものの価値と
 世界でたった一つのものの価値
 どちらがどうだというのだろう。

 
 
 どちらも同じくらい
 とてもたいせつな
 正真正銘の世界一なんだ。

 そういう世界一のものに囲まれて
 生きていることに深く強く気づくと
  
 心のダムが瓦解して
 愛が怒涛のように溢れてくるんだ。

 (江口洋介「一つ屋根の下」のあんちゃんのセリフ
  非常に似てますが、問題ないでしょうか?)
 
 『こうしちゃいられない』って車走らせ
 受話器を握り
 ペンを走らせ筆を握りキーを打つ
 

 歌われなければならない
 今だ姿をこの世に現していない歌を
 宙から彫り出し、彫り上げ
 
 描かれなければならない絵を
 キャンパスにあぶり出し
  
 書き上げられなければならない物語が
 指先からペンを通り原稿用紙の上に
 キーを鳴らしてパソコンのHDDの中に
 稲妻のごときスピードと激しさで

 産み落とされていく。

 それらは、きっと、確かに
 世界一のものなんだ。」
  
 ところで、Who are you?
 あなたは、だ・れ・で・す・か?

 ホームページ「ナカムラユウコウの世界」http://www.nakamurayukoh.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界一、日本一に囲まれた少年時代

Jpg_3 ボクの世界はゆがんでいた。
母ちゃんのいなり寿司は、
世界一おいしい食べ物ものだったし
この城跡の岩手公園は日本一の庭園、公園で
入り口付近に動物舎があって
ここにいる唯一の動物、痩せた小さなクマは、
日本一のクマだった。

学研の科学・学習の来る日は
前の日から
心が躍り胸が高鳴り
なかなか寝付かれず
朝が待ち通しく

人生で一番楽しい日が
科学・学習の来る日だった。

兄のベッタとビー玉のうまさと
川魚のカジカのヤスさしの技術は
日本一と疑わなかった。

弟は動くオモチャで、
笑ったり、いじけたり
歌ったり踊ったり
世界一かわいい
生き物だった。

Photo_2 ボクの住むとても小さなエリアに
日本一と世界一が
うごめいていた。

貧乏でも、のけ者にしたり馬鹿にしたりせず
グローブも自転車も貸してくれる
二人乗りしてくれる
やさしい世界一の友達に囲まれていたし

PTA会長の三田地商店のおじさんは
世界一金持ちで、この町の子供たちが自由に
遊べる児童館を私財で作ってくれ

みんなそこで卓球をしたり
マンガ本を読んだり
特に雨の日はありがたく
いつも笑顔の世界一立派な人だった。

思えばボクは世界一や、
日本一のもので溢れた
とても豊かな少年時代を過ごし
本当に幸せものだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車に乗ってて困ること

Photo 移動するもの、列車やバス、車に

乗っているとコトバが

次々やって来て、

非常に困ることがある。

走りながら、メモることもある。

危ない!

やはり危ないので、できるだけ、

止まり横付けしてバーっと殴り書きメモる。

で走り出すと、また

すぐやってくることがあり、本当に困ったものです。

メモ疲れ!メモ地獄!

でも、最近、もっと困ったことになります。

頭の中に訪れたコトバを読みながら

涙が溢れてくるのだ。年だなー!

そう、年なんだそうです。

生理的に涙腺がゆるくなるとかでなく

年をとり経験が豊かになると

付随、関連して思い出されることが

多くなるため涙が溢れやすく

なるのだそうです。

車の中で、泣きながら走っている人

あまり見たくないですよね。

そこで、そんな時、最近は、

サングラスをするという

グッドアイディアで対処してます。

まっ、涙が出ることは悪いことではありません。

日に何度か、心にシャワーを浴びるようなものです。

「われは、泣かねど、涙、ひまなし!」

ってとこの今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハリウッドを目指ざせ!

Jpg 私たちはハリウッドを

目指さねばならない。

私たちは「答えの出ない」

「正解の無い」根本的な問いに

さいなまれて生きてきた。

「私とは、何者か?」

この問いに一生答えが

出せないのなら

我々のとるべき行動は、ただ一つ。

一生この自分が何者か、解らぬのなら

この人生という舞台で

一番いい役を、自分が考えられるだけ

すばらしい役を、ステキな役を取ってしまえ。

かってに、一番いい役をとって演技を開始せよ。

自分が考えられるだけ

すばらしくステキな役こそ

実は、その人の「本当の自分」であるという

すごい仕掛けが我々には仕掛けられている

今日から

今日、たった今のこの瞬間から

ハリウッドを目指し

人生の舵を取れ!

ホームページ「ナカムラユウコウの世界」http://www.nakamurayukoh.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

種倉紀昭自選展

2009・3・4(水)-8(日) 9:00am-5:00pm  

初日2:00pmオープン   最終日3:30終了

当日搬入、当日開催。会場にて、作品最終セレクト。

よって、キャプション及び出品目録掲載ビラも会場設営と

共に、同時制作と、この規模では、考えられない

芸当にて何とか開始時間にぎりぎりセーフ。

私は、下準備で前日ほぼ徹夜。お手伝いくださった

現役学生諸氏、OB・OGのみなさん、ご苦労様でした。

P1080961 P1090007 P1090037 P1080944 P1080898 P1080900 P1080879_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーニングコーヒー。コーヒー一杯分の決意

Photo ある朝、目覚めたら
私はキムタクになっていた ということもなく
この人生で、あの数秒間、太郎さんや次郎さんに
なっていたということもなかった。

この分析は、実は、たいへんに重要なことだ

この自分は、今日まで、今日のこの「今」まで
ただの一瞬、一秒たりとも自分でない時は
なかったように、どうもこの自分は
死ぬまで、ほんの一瞬たりとも
中断することなく
「この自分」であることはほぼ間違いない。

腹を決めてこの自分と付き合おう!

この自分という生きものを、いくらかでも進化させよう!

この自分に力をつけよう、能力を高めよう!

この自分で勝負しよう、戦おう!

この自分を飾ろう、磨こう!

この自分とダンスしよう!

オー・マイ・ライフ!と歌いながら
あまり、自分と自分の人生を今は、愛してない人も
とりあえず、形から、コトバから入ろう!

オバマが「Yes、We Can」と叫び
モハメッドアリが、「I can do it!」と紙に大きく書いて
ベットの上の天井に貼って
史上最高のヘビー級チャンピオンになったように
私たち庶民は
日に三度、「I love my life!」
と声に出して、こっそり世界一この自分の人生を
楽しく生きる自分を創りあげよう!

ホームページ「ナカムラユウコウの世界」http://www.nakamurayukoh.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私が考えるクリエーターにとって一番たいせつなこと。

Jpg_2  たくさん、たくさん書く、描く、作る
それら膨大な作業、作品群の生産は
ある日、ある時、突然に質を一気に高める
地点に達する

多くを作る。その姿勢、その行動、そのもたらすものに
誰も異を唱えるもの、批判するものはいないだろう。

私も、大賛成だ!

しかし同時に何千枚、何万枚描いても
世界一の絵を描こう
世界最高傑作の絵を描こう

何千、何万曲作っても
世界一の歌
世界最高傑作の歌を作ろう

数万、数十万個の器を作っても
世界最高
史上最高の器を作ろう

量質転化の背骨を成す「努力」に
敬意を払いつつも、量質転化を大前提
いや前提というより
量質転化=努力は当然のこととして

敢えて、自戒の思いを込めて言おう。

アーチスト、クリエーターには


努力の100万倍、志が大切だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月は展示会ラッシュ!

いよいよ、3月。
3月は、個展、展示会だらけです。
まずは、大学の恩師の退官記念の作品展の責任者、
プロデュースが3月初め。

半ばに、2会場同時開催で、私の作品展。
そして、月末には、うちのアトリエのメンバーの
イラストレーターのヨダミチコの個展のプロデュース。

その間、実際は、運営・準備・フォローがあるので1ヶ月、

展示会漬けです。それぞれ、若干、ご案内致します。

D_2m_4
種倉紀昭自選展
岩手大学教育学部美術科教授退官記念

マリオス4F 市民文化ホール
3月4(水)-3月8日(日)
9:00am~5:00pm
*初日2:00pmオープン
*最終日のみ3:30

ナカムラユウコウの近作水彩
とコトバのポスター展示会

喫茶ママ
3月16日(月)~3月31日(火)
11:00am~9:00pm

盛岡市本町通1-8-10
019・622・5576

「かもめのたまご」さいとう菓国分通り店
3月16日(月)~4月12日(日)
9:00am~7:00pm

盛岡市月が丘3-30-8
019・605・3110

Dmjpg ヨダミチコパステル画展
澤口たまみ「親子で読みたい宮沢賢治」PHP出版ヨダミチコ挿画原画展

3月26日(木)~3月29日(日)
10:00am~7:00pm
最終日6:00

ギャラリー・リリオ
盛岡市大通1-11-8
019・623・71319:00am~5:00pm
*初日2:00pmオープン
*最終日のみ3:30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »