« 祝・WBC優勝おめでとう一色の日本・大輔大好き! | トップページ | ステキなおばあちゃま。そしてデザイナー集団!? »

澤口たまみとヨダミチコの「親子で読みたい『宮沢賢治』」のトークセッション

Photo 親子で読みたい「宮沢賢治」(PHP文庫)
2月18日発刊。本文イラストを担当した
ヨダミチコさんがその原画と近作の
パステル画で作品展を開催している。

本日、3月26日(木)2:00より
著者の澤口たまみさんを招いて
二人でトークセッション&サイン会を開催した。

今回上梓された「親子で読みたい『宮沢賢治』」
の内容の紹介、またそれに関連する興味深い
エピソードや、本で紹介した賢治の童話を選んだ
理由と、著者の澤口さんの、その作品への
思い入れや、興味深い澤口たまみさんならではの
独自な視点と、賢治と自然や命あるものへの情愛と
温かな視点での深い考察に根ざした興味深い話は
時の経つのを忘れさせるたいへん楽しいものだった。

Jpg_4 イラストを担当したヨダさんも、
たいへんな読書家で
読み聞かせのボランティア活動に
長く携わるなど文学、賢治への造詣も深く
時折、澤口さんに玉を投げられ
それに答えるトークの掛け合いは
非常に楽しく興味深いものとなった。

二人のセッションの絶妙の極みは
まったくの打ち合わせなしの
二人で役割分担しての絵本「やまなし」の読み聞かせ。

さらには、賢治の一編の詩から
賢治の女性関係や恋愛に関する話へ
盛り上がり、参加者は人間・宮沢賢治、
そしてその作品に
改めて、新たな興味と感心が湧く機会となった。

とっつきやすいようで実は
意外ととっつきいにくい賢治作品の
橋渡しとして本書の使命は大きいと思うが
個人的には、澤口たまみさんの本書での11ページに
わたる前書きは、まさに名文であり
すばらしいエッセイであり
私はその短い中で3箇所くらいぐっと来て涙が溢れた。
この部分だけでも本書の代金である税込み600円
を払っても全然惜しくない。

すばらしい。

さすが、日本で最高の
エッセイストの称号である
日本エッセイストクラブ賞
受賞者の文章だ。

この、トークライブセッションは
最終日29日(日)2:00~から
展示会会場、ギャラリー・リリオにて
開催される。

是非、ご家族、ご友人をお誘い合わせの上
ご来場ください。

そして、本日同様、29日も、
未熟ながら私が、司会進行役を
勤めさせて頂きます。

どうぞ、よろしくお願いします。

ギャラリー・リリオ 盛岡市大通1-11-8 ℡019・623・7131

Dm_1

|

« 祝・WBC優勝おめでとう一色の日本・大輔大好き! | トップページ | ステキなおばあちゃま。そしてデザイナー集団!? »

作品展・個展ご案内や記録」カテゴリの記事

コメント

沢山の感激を土産に帰宅した姉妹達です♪あれこれ 話だけに留まらず 何と本を買って来てくれました!サプライズなサイン入り♪心にジュワ〜っと来たのは私でした♪我が家にシアワセ菌増殖中!ありがとうございました。

投稿: あっちゃん | 2009年3月29日 (日) 19時48分

良かったですね。お母さんへのプレゼントだったんですね。
シアワセですね。トーク&サイン会の会場の撤去、後片付け
お二人の娘さんにしっかり一生懸命手伝ってもらいました。
澤口さんともしっかりお話して、何かアドバイスをもらってました。未来にたくさんのハッピーを、幸運を!

投稿: ナカムラ | 2009年3月29日 (日) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 澤口たまみとヨダミチコの「親子で読みたい『宮沢賢治』」のトークセッション:

« 祝・WBC優勝おめでとう一色の日本・大輔大好き! | トップページ | ステキなおばあちゃま。そしてデザイナー集団!? »