« 勉強できる人の正体。遺伝子に火星人のDNAが!? | トップページ | 松坂の強さ、アメリカに勝って、WBC決勝戦へ! »

2時間で風邪を治す、私専用の治癒法

Photo 今朝、目覚めると
耳の周りが痛い。

これは風邪気味の時。

私は、もうかれこれ6~7年前
になるが右耳の
大掛かりな手術をした。

もともとは、小学校時代にこじらせた
中耳炎が原因で悪くしてしまった。

でも、おかげ様で名医に執刀してもらい
ずっと聴覚がほぼ方耳状態だったものが
聴力も回復し今では両方の耳で、
普通に聞くことができる。

この耳が風邪の防御、防波堤になってくれている。
ウイルスの進入にたいへん敏感で
アンテナになり決定的な体全体が風邪状態に
侵されることから守ってくれている。

で、耳が痛いと、すぐ起きて
買い置きのコンビニでも売っている

①ゼナ(5~600円)を、唾液と混ぜ
ちびりちびりと喉に流し込むように飲む。

②遠赤外線ストーブでその痛む耳の周り
を一気に暖める。

この二つで1~2時間、じんわり額、首のまわりと
汗をかくと共に、徐々に痛みも消えて
朝ごはんを食べる頃には
ウイルス撃退。風邪完治。普通どおりに
一日を開始。

ゼナが風邪に利くか、どうかは、薬事、医学的な
ことは分からない。私には少なくても
プラシーボ効果だけでも確実に起きている

今日のお勉強「プラシーボ効果」

(Placebo)の語源はラテン語の
「I shallplease」(私は喜ばせるでしょう。)
に由来しているそうです。
そこから患者さんを喜ばせることを
目的とした、薬理作用のない薬のことを
指すようになったのです。

通常、医学の世界では乳糖や澱粉、
生理食塩水が使われます。
従って、プラシーボ効果(反応)は、
このような薬理作用のないものにより
もたらされる症状や効果のことをいいます。
それはいい場合と(治療効果)、
悪い場合(副作用)の両面があります。
「これは痛みによく効くよ。」といわれて、

乳糖を飲んで、痛みがなくなったり、
逆に吐き気がでたりすることがあります。
この場合、プラシーボにあたるのが乳糖であり、
プラシーボ効果にあたるのが、
鎮痛効果であり(治療効果)、吐き気(副作用)
であるわけです。

|

« 勉強できる人の正体。遺伝子に火星人のDNAが!? | トップページ | 松坂の強さ、アメリカに勝って、WBC決勝戦へ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2時間で風邪を治す、私専用の治癒法:

« 勉強できる人の正体。遺伝子に火星人のDNAが!? | トップページ | 松坂の強さ、アメリカに勝って、WBC決勝戦へ! »