« コトバの呼び寄せ方、2つの仕事と人生のある定義。 | トップページ | 春の空気、春の風景、春の味。 »

先生と呼ばれる人の仕事

Img_0154_2 大学の恩師の退官記念パーティーを
5月に開催する。

その出欠の期限まで連絡の来ない面々に
電話で確認作業を開始した。

教育学部ということで、さすが教員が多い。
県内が多いが、関東、東北を中心に広がっている。
みんな先生を頑張っているわけだ。

出欠確認だけで済まず
ついつい先輩や、後輩、同級生と
数十年ぶり、十数年ぶりと

話し込んでしまう。

私は教育がなすべきことに
二つの重要なことがあると
常日頃、思っている。

一つは、

「人間は、自分は、多くのことができること、
 たくさんすばらしいことをなすことができる」

ということを、教えてほしい。

もう一つは、
「私たちは世界に愛されるために
 生まれてきたのではなく、
 世界を愛するために生まれて来たのだ」

ということ。そういう人としての
立ち位置、凛とした意識、志を
その存在の背骨に突き立てて欲しい。

これは、教育の仕事だけでなく
後から生まれてきたものに対して

先に生まれた人間の先輩として
誰もが為すべき仕事だろう。

|

« コトバの呼び寄せ方、2つの仕事と人生のある定義。 | トップページ | 春の空気、春の風景、春の味。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先生と呼ばれる人の仕事:

« コトバの呼び寄せ方、2つの仕事と人生のある定義。 | トップページ | 春の空気、春の風景、春の味。 »