« 狂牛病・鳥インフルエンザそして豚インフルエンザ | トップページ | ほんに、今日は良き日なり。 »

晴れた日の空ばかり

P1100578 急に寒く天気の悪い日が続いている。
夕方、分厚いグレーの雲の合間から
光の光線、スポットライトが
地上を照らし出す。

メロディーと共に
一編の詩が訪れた。
後で詩を増やし膨らませたり、削ったりして一曲にしょう。

晴れた日の空ばかり
美しいわけじゃない

生まれてから
さよならの時まで
晴れ続けるわけもない

それでも
いつでも
幸せでありたいなら
どんな空にも
美しさを見る

そんな心を持てて
生きられたら
いつかあなたは
まぶしく輝く太陽を
あの空ではく

あなた自身の
その心の中に
いつかきっと
見つけるでしょう。

|

« 狂牛病・鳥インフルエンザそして豚インフルエンザ | トップページ | ほんに、今日は良き日なり。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の作った
てるてる坊主は
とっても効き目が
あります。

投稿: Rei | 2009年4月29日 (水) 15時04分

Reiちゃんへ

効き目のあるてるてる坊主の
作り方の講習会を
開いてください。

もしかしたら
商売になるかもしれません。

投稿: ナカムラ | 2009年4月29日 (水) 21時02分

グレーの雲から天使のカーテンでしたか?
日が差し込む光景は好きです
なんとなく踊りたくなる気分です
こちらの地域は
雲が無いのです
空気が汚れてるのかなぁ?
雲が無いから
天気なのか曇りなのか最初は分かりませんでした
空が立体に見えない感じです
雲の動きで雨になるとか天気になるとか
おじいちゃんに教えてもらったので
全然、天気が読めません

投稿: ともぞう | 2009年4月30日 (木) 08時58分

ともぞうさん

昔、イラストの空といえば
青い空に入道雲ばかり
描いていました。

ある日、台風の後の
早朝のグレーの様々な
色調の雲に魅せられて以来
グレーの空も好きになりました。

灰色の雲の割れ目から
差し込む光を
「天使のはしご」とは
よく言ったものです。

新鮮な気持ち
時に、生きていることに
襟を正したい気持ちになります。

桜の季節も間もなく終わり
新緑の盛岡の美しい
季節がやってきます。

投稿: ナカムラ | 2009年4月30日 (木) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晴れた日の空ばかり:

« 狂牛病・鳥インフルエンザそして豚インフルエンザ | トップページ | ほんに、今日は良き日なり。 »