« よく会う人 | トップページ | 講演して来ました。新緑薫るいい季節。 »

久しぶりの青空に、天井知らずに、あがるあがるタコあがる。

500p1110954 午前11時、マックに入る。
ここは音楽がいい。

有線なのか、CDなのか。
音楽に誘われ、ポメラを取り出す。
いい音楽は、コトバを呼ぶ。
思いのまま、ポメラのキーを打つ。
指はかってにキーを打つ。

「・・・・・

 風は冷たいが
 久しぶりに青空が広がって
 広がった青空分、私の心も
 明るくなった。

 ちょっと
 気分がしんどい日が
 つづいていてからね。

 そんな日もあるさ
 人生だもの。

 そうさ、そんな日があったって
 人生は、人生。

 また明日から
 大変な重くて黒い雲が
 お空を包んだって
 ボクらは
 その雲の上に広がっている
 青空を知っている

 一喜一憂するほど、
 若くも幼くもない。

 そのさらに向こうには
 宇宙が続いていて
 それは無限に
 広がっているんだそうだ。

 その広さは、広くて広くて
 無数無限の命の生きるこの大きな大きな
 水の星が、果てなく広がる砂浜の
 一粒の砂ほどにもならないほどの
 広さだそうだ。

 その果てない無限の宇宙の
 その小さな小さなこの星で
 あと、せいぜい2~30年
 生命活動をするであろう
 この私だ。

 そのことを考えると
 私は今日、明日、そしてこの春、この夏
 今年、来年、どれだけ
 楽しいことをして過ごそうかと思う。
 本当の意味で、ワクワクする
 本当の冒険や挑戦をしたい。

 人生は、真っ白いキャンパス。
 何を描いても、描かなくてもかまわない。

 でも、私たちはみな誰もが生まれいづる時に
 授かった背中のリックの中に
 鉛筆やクレヨン、絵具やスプレーを
 持っている。それに、気づけよ。

 なっ、描こうではないか。!

 キャンパスもあって、描くものもある。

 ならば、描こうではないか!
 なっ、描こうではないか!

 うまい下手ではなく、自分しか描けない絵を

 誰がなんと言おうと自分は、少なくとも
 この自分だけは確かに
 愛して、いとおしくやまない絵を

 もしチカラあらば、もし大志あらば
 描こうではないか、
 最高傑作のひとつを、いや数々を!」

 歯止めが利かずに、どんどん
 一人で盛り上がるんです。困ったもんです。
 いい音楽とポメラとコーヒーがあると
 天井知らずに興奮しちゃう習性があるんです。

 でも、こうやって一人で
 キモイくらい自分で盛り上がって
 自分を鼓舞しながら、はっぱかけて
 実は、私も、必死に生きているんだろうな。

 ・・・・・・・・・・・・・

      ウン。 

|

« よく会う人 | トップページ | 講演して来ました。新緑薫るいい季節。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日も、私は私の真っ白いキャンバスにむかって、
自分なりの素敵な絵を描いてみます。

ありがとうございました。

投稿: トク | 2009年5月16日 (土) 08時10分

絵も文も描けない私は何をしましょうか?
探す毎日もワクワクしながら楽しく生きて行きたいです!

投稿: samusun | 2009年5月17日 (日) 11時47分

トクちゃん

小品、大作、
いろいろあると思います。

時間を見つけて
見せに来てください。

投稿: ナカムラ | 2009年5月17日 (日) 16時49分

samusanさん

絵と文章というのは
人間の数ある表現方法の
創造作業のほんの一部
2手段、2分野でしか
ありません。

人間がこの人生
創り生み出すものは
目に見えるものだけでは
ないでしょう。

文字や色彩、描線ではなく
笑顔や微笑、放つコトバの数々
えらいな、すごいな、しびれるな
かっこいいな、みごとだな
あったかいな、ありがたいな
という行動の一つひとつ

そういうもので満ち足りた
自分の人生自体を
丸ごと作品とする一生

さらには、人の心のキャンパスに
感動や感謝、温かいものや楽しい思い
そういう消えることのない
輝く一色を、一筆を入れる
創造活動もあるでしょう。

いわゆる創作活動を含んだ人生も
それは含まぬ人生も
人生が一番のアート作品ですよね。


投稿: ナカムラ | 2009年5月17日 (日) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの青空に、天井知らずに、あがるあがるタコあがる。:

« よく会う人 | トップページ | 講演して来ました。新緑薫るいい季節。 »