« アフリカな心、アフリカな生活 | トップページ | 太陽ソウルと月ルナが、合体してソルナ。 »

巨大ピンと小さな緑の一粒。

P1150286風の強い小雨愚図つく今日
寒いような、蒸し暑いような
じめじめとして、盛岡は、あまり天候的には
好ましい日ではありませんでした。

でも、夕方には、雨もやみ
曇り空から光が差し込み
眩しく夕方の街を
照らしました。

上堂の北大橋の所を、通ると
大きなボーリングのピンが
光を浴びて神秘的に
空に突き出していて

「時には、ボーリングせよ。」

と神様のお告げが聞こえた気が
しました。

ーなんじゃ!そりゃ。どんなお告げじゃ!?-

写真を撮るため
すぐ車を止めて
駐車場で撮影。

車を止めた目の前は、大きな川岸。
草木生い茂り目の前に生い茂るのは
胡桃の木。

6月のまだ青々しい小さな緑の実は、
日の光を浴びて輝くオリーブの実のようで
愛らしい。

P1150295この実、一つの中の無数の細胞
それを成すさらに無限と言える分子・原子
その無限といえる原子を成す無数の素粒子
それが、それぞれ法則にのっとって
自ら動き、そのいくつもの無限を
抱えた一粒の実を思う時
ただただ驚嘆と神秘の思いに
包まれる。

不思議なり。

|

« アフリカな心、アフリカな生活 | トップページ | 太陽ソウルと月ルナが、合体してソルナ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

えー”胡桃って、あの茶色くて、実が脳ミソみたいな
あのくるみですか。
いやー恥ずかしながらこの年で初めてみました。
たっぷり陽をあびて、あの味わい深い色になっていくんですね。     うん、今日も胡桃から学びました。

投稿: tagu | 2009年6月24日 (水) 12時09分

tagu さん

ハイ、毎日、学んでおりこうさんに
なりましょう。

この実が、そのまま木の上で
茶色になるんでなく
木から落ちて
周りの実が腐れ落ち
秋の落葉や地面の土などで
茶色の堅い胡桃の実が
誕生するんですよ。

今度、図鑑を見ながら
いっしょにお勉強しましょうね。

投稿: ナカムラ | 2009年6月25日 (木) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨大ピンと小さな緑の一粒。:

« アフリカな心、アフリカな生活 | トップページ | 太陽ソウルと月ルナが、合体してソルナ。 »