« 朝日と夕日に挟まれた一日 | トップページ | キミのおかあさん、私たちのお母さん。朝6時20分。 »

息子の育て方、本当の愛情。ドアマン佐々木重政氏・『脳トレ』川島隆太教授

P1130162 先日、9日付けのブログで取り上げた
シゲちゃんこと、ビックリドンキーのドアマン
佐々木重政は、ポジティブで素晴らしい。

現在全国300店舗以上のハンバーグレストラン
発祥の地、盛岡のその初代店長。

26歳の時、その笑顔と接客のすばらしさで
社長に茶店からスカウトされた佐々木さん。

何事にも前向きで、その前向きさが
心身を健康にし、今は、冬の寒空
ドアマンとして外に立っていても
風邪一つひかないそうだ。

さらに、息子さんがいるらしいが
佐々木さんが素晴らしいのか
息子さんが素晴らしいというべきか
大通りでパブ系統の飲食店を
やっているらしいが一切親の手を
借りず、頼らずやってるそうだ。

親父が店の宣伝をすることさえ
禁じているとのこと。
親のすねをかじる息子の話ばかり
テレビでも現実に私の周りでよく聴く
ので、気持ちよく、そして息子さんにも
そう言う風に育てた佐々木さんにも
偉く感心した。

その時、思い出したのが、一昨年前の
ニュースだが、脳トレ開発者の川島教授
の話だ。

ニンテンドーDSで任天堂から発売された
『東北大学未来科学技術共同研究センター
川島隆太教授監修 脳を鍛える
大人のDSトレーニング』は
続編を含めて世界中で大ヒットし、
DSがここまで一般層に普及した一つの
原動力になった商品だ。

しかし、なんと、これを、監修し、
ゲームにも出演した川島隆太教授は
ロイヤリティを自分では1円も受け
取らなかったのだ。

Untitled_2 DSの『脳トレ』は2作品合わせて
全世界で2000万本以上が売れた大ヒットで、
任天堂から支払われるロイヤリティは、
およそ、4億4000万円にも上り、
大学の規定によりその半額が
川嶋教授本人に入る予定だった。

しかし教授はその収入を新たな研究に
投資するということで大学に寄付。

その時、川島教授が言うには

「1円も自分のポケットには入ってません。
 家族はみんな、バカじゃない? 
 と言いましたが、
 お金が欲しければ自分で稼ぎなさいと
 家族には言いました。」

というのだ。

川島教授は4人の息子さんがいる。
きっと親父の金、力を頼りにしない
素晴らしい若者になるにちがいない。

さすが、世界一流の脳科学者!

お見事!パチパチ!(賞賛の拍手の嵐!)

「1100万円の通常の収入で十分で、
 大金が入って遊びに行くようなヒマがあるならば
 研究に費やしたい。」

「おかしいかと思われるかもしれませんが、
 僕の唯一の趣味は働くことです」

  すばらしい!!

|

« 朝日と夕日に挟まれた一日 | トップページ | キミのおかあさん、私たちのお母さん。朝6時20分。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。

ドアマンの方が初代店長だったとは、人に歴史ありですね。

佐々木さんが立っていることで、ベルがドンキー発祥の地という証のようで、嬉しくなります。

投稿: ナック | 2010年9月 9日 (木) 22時18分

ナックさん

そうですね。
佐々木さんは、ベル・ドンキー
の歴史そのものですね。

今は、ドアマンの他に
研修等の講師もしているそうです。

笑顔とあいさつが
健康のヒケツだそうです。

投稿: nakamura | 2010年9月15日 (水) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息子の育て方、本当の愛情。ドアマン佐々木重政氏・『脳トレ』川島隆太教授:

« 朝日と夕日に挟まれた一日 | トップページ | キミのおかあさん、私たちのお母さん。朝6時20分。 »