« 忘れられない大切な一枚の絵 | トップページ | 自分の世界の広げ方:自分の売り込み方「作品ファイル」 »

石原裕次郎、あじさい忌に逝ったララちゃん

P1160174 国民的大スター石原裕次郎の
今日は命日。

生前紫陽花をこよなく好んだことから
「あじさい忌」と呼ばれている。

友人の所のララちゃんの命日となった。
拾われた子で、おてんば娘だったが
最後、乳癌にやられた。

3年前、家族の一員であった
ゴールデンリトリーバーの
ボシュがお世話になった「こずかた霊園」
で火葬した。

県道沿いだが深い木々と、
小さな小川の流れる
穏やかな所だ。

月日の経つのは早いもの
ボッシュが煙になって昇って
いくのをお茶を飲みながら
待っていた同じベンチに
座りながらララちゃんの
思い出話をしていると
3年前からここにいて
缶コーヒーを飲みながら
ずっとここにいたようで
この3年の月日に起こったことが
思い出せない。

私は3年間、ここで
こうやっておしゃべりして
いたのではないだろうか。

押し込め、閉じ込めただけで
逝ってしまったものの
悲しみは消滅するものではない。
悔いのない関わり、愛し方をした
ことだけが永遠のサヨナラの
いくらか慰みになる。

悲しみのほとんどの中身は
後悔だとニーチェは言った。

人生に後悔を残さないため
「ありがとう」だけは
取り置きしないで
ちょっと唐突でも
照れくさくても
その都度、言っておこう。

路頭に迷い、ガス室に送られることもなく
可愛がられ愛され重い病になっても
最後まで面倒見てもらい静かに
苦しまず眠るように行った
ララちゃんは幸せだったろう。

ララちゃんも煙になって
お空に昇って行った。

おてんば娘のララちゃんも
おっとりやさしいボッシュと
仲良くしているだろう。

霊園の小川の辺には
あまり色の濃くない小ぶりの
美しいあじさいが咲いていた。
今日の日をあじさいの中に
留めた。

|

« 忘れられない大切な一枚の絵 | トップページ | 自分の世界の広げ方:自分の売り込み方「作品ファイル」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うちのポチも
去年こずかた霊園にお世話になりました。

去年の初盆は、寄り道してきたのか1日遅れで帰ってきましたが、今年も寄り道しながら来るのかな?と思ったり…来月が楽しみです。

投稿: Rei | 2009年7月18日 (土) 16時56分

Reiさん

ポチちゃんも、こずかた霊園でしたか。

袖触れ合う他生の縁、
縁はいなもの味なものというので
もしかしたら
ポチちゃんとボッシュ君
仲良しになってるかもしれませんね。

投稿: ナカムラ | 2009年7月19日 (日) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石原裕次郎、あじさい忌に逝ったララちゃん:

« 忘れられない大切な一枚の絵 | トップページ | 自分の世界の広げ方:自分の売り込み方「作品ファイル」 »