« 2009年、政権交代なるか。日本の命運はいかに!? | トップページ | 9月の詩「Love lettter」 »

民主党、悲願の政権交代を達成。船と船長、スタッフ交代。日本丸の舵はいかに!?

Photo_3 民主党が過半数を大幅に上回る308議席を獲得。
ちょうど4年前の小泉劇場による自民党圧勝での
議席数が逆転した。

マスコミやこの不況と時代の閉塞感により、
変わってもらいたい、一度やらせてみたらという
国民感情、心理により大きな民主旋風を起こし
民主の圧勝となった。

自民党は119議席に留まり、凡そ200議席減の
史上最悪の歴史的敗北となり、結党以来初めての
野党転落。
連立を組んだ公明も、本来ならアピール性のある
様々な実績も、効をせず、連続の政権投げ出し首相と
麻生さんの失言と不人気を丸ごと受けて
連立与党としての、一蓮托生のとばっちりを受け
手堅い公明の選挙戦からは考えられない
8小選挙区全滅、全体で10議席減らし
さらには小選挙区一本の党代表も失い、
解党的スタートを強いられている。
台風のような選挙だった。

民主党、圧勝の台風のような選挙のあと
結果の出た明け、今日は、本当の台風が来て
朝から、雨、風に見舞われ
民主圧勝、政権交代のこの結果が、
日本のこれからに吉と出るか凶と出るか
一抹の不安も抱く一日がスタートした。

テレビでは民主党議員も、自民党議員も
言葉慎重にコメントしている。
どちらも浮き足だっていない。

東京で6年、予備校の社長として
お世話になった自民党の下村博文氏も
この民主の怒涛の中で東京10区で
大物議員、総理経験者も落選する中
議席を死守した。

おめでとうございます。

民主党は、まずは
まずは約15兆円の補正予算を抜本的に
見直す方針だという。

そして年明け来年度、予算。

今までは、ただ反対していれば
良かったが、この各省庁、及び
そこに関わる利権の調整で
どれだけ官僚、利権団体への
リーダーシップ、イニチュアチブを
取ることができるか、腕の見せ所
力量の見せ所だ。

ネット上には、新しく誕生する民主党政権に対して、
多様な意見が寄せられている。
「ついに二大政党制の幕開けた。歴史的快挙」
「これまでは中長期的な戦略がなさすぎた。
 国家戦略局に期待」と期待する声がある一方、
「補正予算の執行停止が、裏目に出ることが心配」
「罵倒し続けてきた官僚との仕事は、
うまくいくのだろうか」など、心配する声も多い。

期待と不安が入り交じるなか、
まずは新政権のお手並み拝見といった
ムードが漂っている。

|

« 2009年、政権交代なるか。日本の命運はいかに!? | トップページ | 9月の詩「Love lettter」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

業務連絡です。

太樹男君の写真、ヤフーメールのアドレス宛に送りました。確認ください。
遅くなりました。すいません。
さくらだ

投稿: A.Sakurada | 2009年9月 3日 (木) 22時39分

A.Sakurada様

了解です。ありがとう。

投稿: | 2009年9月 4日 (金) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党、悲願の政権交代を達成。船と船長、スタッフ交代。日本丸の舵はいかに!?:

« 2009年、政権交代なるか。日本の命運はいかに!? | トップページ | 9月の詩「Love lettter」 »