« 花巻東、高校野球、ワンダフルだ! | トップページ | コンビニたそがれ堂 »

深津絵里のご案内

729月号のダ・ヴィンチの表紙に
可愛い女の子が。

深津絵里じゃないか。

ちょっと肌が白すぎ
CGで処理したのかな。

深津絵里は、
美人と言うのではないのに
もう、底なしのとびっきりの
可愛さと、キャラの魅力が
あるので、へんに整えない方
がいい。

本誌の中で、彼女が
村上春樹訳の
「ティファニーで朝食を」の中から

=何にでも慣れてたりしない。
 そんなのって、死んだも同然じゃない=

とホリーのコトバを取り上げ
自分の役との出会い、演じる姿勢を
語っていた。

今月末、全国公開の映画
漫画家、西原理恵子原作の
「女の子ものがたり」
見に行きたい映画の一つだ。
 
さて、今月のダ・ヴィンチでの
数知れぬ新刊、話題の本書評
広告の中で気になった

「コンビニたそがれ堂」村山早紀
「星守る犬」     村上たかし

村上春樹訳の「ティファニーで朝食を」
は、品切れで買えなかったが
後日、読みたい。

「星守る犬」村上たかしは、

誌面で大々的に、泣ける、泣けると
宣伝していたので
泣きたいと思って買った。
これは、小説でなく、劇画だ。

悲劇の基本構造として避けられぬ状況
というものがそこになければ、悲劇に
ならないし、それ故、泣けない。

「星守る犬」における、その事の顛末が
避けられぬものであったか?
主人公のおとうさんと犬以外の登場人物の
リアリティーは十分であったか?
と言う感想を持ったが
構成、話の展開は
いろいろ考え工夫していると感じた。

感じ方は、いろいろだ。
きっと、半分以上の人は、広告にあったように
ボロボロ泣くのだろうと思う。

今、「コンビニたそがれ堂」村山早紀を
読み始めている。楽しみたい。

|

« 花巻東、高校野球、ワンダフルだ! | トップページ | コンビニたそがれ堂 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深津絵里のご案内:

« 花巻東、高校野球、ワンダフルだ! | トップページ | コンビニたそがれ堂 »