« 子育て世代のママたちのセミナー | トップページ | 「人生、自ら苦しむな、悲しむな令」本日、発令! »

個性なんかどうでもいい。私のかってな作品論。

個性的な作品を作らねばと悩んでいるクリエーターの方々へ。

72_3 「個性なんかどうでもいい。
 オリジナリィティーとか、
 自己表現とか、自分とか、
 そんなちっぽけな迫力の無い
 カテゴリー、こだわりなんか
 どうでもいい。

 そんなもん表すために
 人生の時間を使ってはいけない。

 自分が、今、イメージできる最も
 すばらしい、かっこいい、
 シビレルものを表すのだ、
 絵にするのだ、音にするのだ。

 オリジナル、オリジナリティー
 脅迫観念から脱却しよう!

 オリジナル、オリジナリティーからの
 脱却こそが、真のオリジナリティの
 誕生を可能にする。

 それぞれが、オリジナリティなんか
 気にせず、今出来る最高の表現をする
 志向する、そこにしか
 真のオリジナリティーは
 存在しない。

 その生命体が、最高最善を目指すところに
 真のオリジナリティーが自然に発生するのだ。

 我々は、個性的作品とか、オリジナリティー
 溢れる作品など作ろうとしてはいけない。

 自分が、今、イメージできる最も
 すばらしい、かっこいい、シビレルものを
 音を、絵を、コトバを形にするのだ。

 とっておく必要はない。
 人の命など、いつどうなるか解らない。

 今、一番いいもの、旬なものを作り出そう。
 描き表わそう。

 その時々、生涯一の作品を目指して
 一枚一枚作っていこう。
 世界がシビレる作品を目指して
 悪戦苦闘しながらも
 わくわくしながら作り出すこと
 生み出すこと、描き表わすことを楽しもう。

 小さな自分や、こじんまりとした個性なんかでなく
 自分は、無限永遠の宇宙なる存在であることを
 瞑想しよう。思い起こそう。
 そこに巨大な自信を感じ取ろう。
 自身の巨大さ無限さ、永遠を察知しよう。

 過去に形成された自分のオリジナリティーも
 その時の一番、ステキ、かっこいい、シビレル
 という最善を尽くした結果ではなかったか。

 最初からオリジナリティーなど存在していない。
 その時の最善の結果こそがオリジナリティーの
 正体であり、出来上がった形を超えて
 その生命体の、その時々の最善最高を志向し
 尽くすその行為こそがオリジナリティーであり
 それこそが作品に脈打つ力であり鮮度であり
 波動ではないのか。」

 と、私は、自分を、こう鼓舞して制作、創作している。

 これが、私の作品論だ。

|

« 子育て世代のママたちのセミナー | トップページ | 「人生、自ら苦しむな、悲しむな令」本日、発令! »

創作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99059/31938061

この記事へのトラックバック一覧です: 個性なんかどうでもいい。私のかってな作品論。:

« 子育て世代のママたちのセミナー | トップページ | 「人生、自ら苦しむな、悲しむな令」本日、発令! »