« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

3M

石川遼~世界への挑戦~―秘蔵写真でたどる成長の軌跡2007-2009 (GAKKEN SPORTS MOOK) Book 石川遼~世界への挑戦~―秘蔵写真でたどる成長の軌跡2007-2009 (GAKKEN SPORTS MOOK)

販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日は、早朝
いつもかけない
ラジオのスイッチを入れた。

石川遼を育てた
高校の監督の話題を
DJが話していた。

遼を育てた
そして彼の
人の育てか方。

3M。

向き合う  MUKIAU
認める   MITOMERU
任せる   MAKASERU

これが、人を伸ばし
自立心と向上心
に満ちた人間の
育て方だという。

怒ったことはないと言うし
ただ、挨拶だけは
きちんとできるように
させたという。

人が伸びる上で
挨拶は、とても大切だという。

MMM、3M。なるほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島の合唱文化はすごい。

72 NHK全国中学合唱コンクール
の課題曲、いきものがかりの
「YELL」。

http://www.youtube.com/watch?v=Fl6Gp89os0Y&feature=related

いい歌だ。

旅立つよ。次の空へー

金賞に輝いた中学校。

http://www.youtube.com/watch?v=RycFWNZoezY&feature=related

私の知り合いの福島の
Webデザイナーも
オペラをやっている。
大人も子供も合唱大好き。

中学、高校の合唱のレベルも
半端じゃない。

知らないで聞けば
我々素人は、プロのCDだと
思う。

いったい福島はどんな
ヒストリーとストーリーで
こんな合唱王国になったのだろう。

今日は、一日、Youtubeで
中高生の合唱曲を聞いて
仕事をした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コトバ革命

72jpg 平凡な日常生活
無血革命

たとえば「疲れた」と言って
ソファーに座らず
「頑張ったー!」
と言ってソファーに
ごろんとする。

話題がなくなった時
「疲れたー」と言いたくなる
気持ちと戦い
何がなんでもこの単語を
発せず、意地で何か
話題を探す。
ないなら、沈黙を守る。

これが、戦場の革命児
例えば、これがコトバ革命!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その一言を言わない大人

72hitokotoyojpg 言うことで状況が良くなる
楽しくなることでなければ
喉まで出てくる一言、
言いたくなる悪口、ステゼリフ、グチを
ぐっと我慢、飲みこむことが大切です。

それが、出来る人が
大人と言います。

逆に出来ないと

「あの人が言うと、来ると
 暗くなるとか、場が悪くなるとか
 むかつくよね。」

とか、実は影でみんなに言われる
悲しい人になっています。

それが、夫婦や恋人同士だと
とても不幸な状況を作り出します。

相手に先制攻撃食らったからと言って
目には目を、歯には歯をと
言い返してはいけません。

地獄に落ちますよ。

言い返すことで
状況が良くなる
楽しくなるのでなければ
喉まで出てくる
一言、言返したくなるその言葉を
ぐっと我慢し飲みこむのです。

負けるが勝ち。

負け上手こそ本当の強者、勝者です。

相手も実は、言い返してくるであろう
一言を言い返さず、抑えて我慢して
いることは十分に分かるのです。
それは、心のどこかで敬意に
近い感情を抱かせるし
自分より、一枚、やっぱり上の人だな
と思うわけですよ。

負けてくれて、折れてくれて
ありがとう、売り言葉に買い言葉を
飲み込んでくれてごめんね、
ありがとうと思うわけです。

ところが、言い返すと、その瞬間
下品とか最低とか、女々しいとか、
卑しいやつとか思うわけです。

とことん言い返すと
言い返しながらお互いに相手に対する
尊厳を失い、自分に対しての誇りも失い
目糞、鼻糞笑うで
相手に対しても、自分に対しても
悲しくなってしまって
一緒に、共々悲しい人種に
なるわけです。

負けることができ、自分の非
至らぬところを認められ
「ごめん」が言え、場合によっては
どちらかと言うと相手のほうに非が
あったとしても
あえて積極的に負けられる
そんな度量を、1ヶ月で
身につけましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モテる理由とモテない理由

72jpg_2 わたしがこの人生で出会った
3896人をサンプルとして
マック研究所でコーヒー
一杯分の分析をした。

分析結果を発表します!

モテない男の特徴

1.夢語ることなく、グチ多し。
2.ため息をつく男。
3.「疲れた」を連発する。

モテない女の特徴
1.人の、特に同性の悪口ばかり言う。
2.ため息をつく女。
3.追い込み、相手を打ち負かさないと終われない
  「負けるが勝ちの」の技術がない。

モテる男の特徴
1.細かいことにこだわらず、概して明朗快活で
  彼あるところいつも「夢と未来」に溢れてる。

2.具体的に努力、挑戦していることがあり
  得意、専門分野を持ち一流であるか、
  一流を目指している。

3.やさしく、気配りができ楽しくあることの
  苦労を厭わない。

モテる女の特徴
1.せめない、すぐ怒らない、意地悪でない。
  概して大らかで穏やかで、心が休まる。

2.細やかな心遣いが出来ながら、楽観主義で
  頼もしい。

3.家族に信頼され愛されている。特に同性の
  姉妹に信頼、尊敬され、愛されている。

分析に要した経費120円、かかった時間15分
というもんですから、信憑性は保障しません.。
私の、理想の男性像・女性像の特徴であるだけだと
思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は、岩手大学の推薦入試。あの頃の私と言えば。

P1070316_3今日は、岩手大学の推薦入試。

私のアトリエ通う高校生も
二人受験。

作品を積んで、生徒を大学に
送り届けた。

数日前から、最後の準備の詰め。

試験は、持ち込み作品2点と
作品フィアルと面接によって
合否を決める。もちろん
内申書も加味されるだろう。

作品には、校長による
ここ1年以内の当人の作品で
あることの証明書が必要だ。

いずれ、学科の入試がないのは
なんと楽だろう。

かれこれ、あの頃の私。

私は、一般受験だった。

高校2年の秋で、サッカー部もやめ
3年生からは、本格的に受験勉強に
シフトした。

学校が終わると、3時か4時頃から
美しい高松の池公園の中にある
市立図書館で、苦手な数学の勉強を
数時間してから家に帰った。

家では、英語に日本史、世界史
科学は、文系らしく生物・地学と
毎日深夜までやったが、もしも
落ちて来年、もう一年、こんな生活を
していたらと思うとヘドがでた。

私の中に浪人という選択肢はなかった。

なぜなら、わたしは合格したとしても
すぐ大学をやめて、花の東京に出るつもりでいた。
大学に落ちたら願ってもない何よりのこと
なんのためらいもなく東京に出られると
思っていたのだ。

私は、東京に出て本屋でアルバイトをしながら
文章を書き芥川賞を取るのが夢だった。

古い時代の少年がみな、将来の夢はと聞かれて
誰もが総理大臣と答えたあのレベルと同じだ。

芥川賞がなんたるか、そしてそれが
どんなたいへんなことかも分からず
ただ、文章を書くものの最高の賞
あるいは有名人になる数少ない有力な手段
でしかなかったのだろうが、
とにかく芥川賞だったのだ。

それより何より、数ある仕事、
生活の有り様の中で、
なぜ本屋でアルバイトであったのか
今も、昔も分からない。
18、19とかって、
何考えているかわからないですよね。

人間、その頃、一番、不安定で、子供でも
大人でもない変な生き物ですよね。

しかし、不運にも合格してしまった。

心、ここにあらずの、中途半端で
何かと非常に精神的に不安定な
大学生活の前半の2年間が始まったのだった。

人は生き続けることは、当たり前で
正しいことと思い込んでいたそのことを
もう一度、本当にそれは当たり前で
正しいことなのか、生きることの意味と価値を
抜本的に問い直し理論構築し、同時に
この世界とは何たるかを見極める
苦行のような思索の
暗黒時代に突入したのだった。

それは、私が最も書き思索した
一時期であったし、私の人生の構成
物語という視点で言うなら、今思えば
非常にたいせつな一時であった。

あの頃の自分と同じ年頃の子達の
面倒を見ている自分に、
長いような、短いような
時の流れを感じながら、
冬枯れの木々がそそり立つ
美しい大学構内を散歩した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「死ぬときに後悔すること」と「ありがとう」の関係

51awlioyaml__ss500_ 明日、あさって中に
本屋に行って
「死ぬときに後悔すること25」
という本を買って来よう!

ネットサーフしていたら
出会ったのだが
ずいぶん話題になっているらしい。

非常に興味のあるテーマ。

私は、人は、それぞれどこまでも違うが
たいへん似ていると思っているので
人生の一般法則は、いろいろ見出せる
と、思っている。

この本は、人生の研究に
重要な情報を資料を提供して
くれるに違いない。

この本についての論評している
ブログにもであった。

「わたしの知らないスゴ本は、
きっとあなたは読んでいる」
というブログはたいへん丁寧で
サイトとしても、おもしろそう。
是非、この本に関する記事
見てください。

そのブロガーは、本を読み
25の後悔を自分なりに
10位までにまとめていました。

ベスト3についてだけ
お話します。

第3位
「自分の生きた証を残さなかったこと」
第2位
「美味しいものを食べておかなかったこと」
第1位
「愛する人に『ありがとう』と
伝えなかったこと

人間が人生最後に後悔する
一番多い例と、その中身が
愛する人、愛してくれた人へ
「ありがとう」と言えなかった
伝えられなかったことだというのだ。

「ありがとう」はどんな身近な人で
あろうと、また、明日も
会えるであろう人へでも
とっておいてはいけないよ。

「ありがとう」は、感じた時
言いたい時に、即、言うべき言葉なんだね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

村上春樹の意味

今日、村上春樹の話題になった。

対話とはすごいものだ。

頭にあることをまとめてくれる。

ー村上春樹は一小説家ではすまない。

 彼のデビュー作「風の歌を聴け」から
 始まる一連の村上春樹作品の起こしたものは
 人間の幸福論の新しい提示であった。
  
   72zigazou_2 日常は、かっこいいんだ。
  台所も、かっこいいんだ。

  有名人やスポーツ選手
  大統領や総理大臣じゃなくても
  普通の一人ひとりも
  そして普通の暮らしも
  かっこいいんだ。

  自分をおもしろがれ。
  自分の人生を自分で特別扱いしろ。

  おまえ自身が、ストリーであり
  物語、小説なんだ。ー
  
 そういうことを思考ではなく
 全細胞で感じさせた。

 若者たちは、体を痺れさせ
 日々の生活に村上春樹がBGとして流れた。
 文書きのプロもアマも村上文体になった。

 だから、村上春樹は小説家ではなく
 この世界の色を変え、自分ひとりで
 できるしあわせの作り方を教えた
 魔術師であり哲学者なのだ。」

 19歳から25歳までの7年間
 私は村上春樹の小説の中で生きていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正しいアドバイス、助言、激励の受け方

72_3 私も、よく人からアドバイスを
求められたり、相談されることがあります。

その時は、出し惜しみなく
本気で何とかその人のために
なるよう一生懸命、話します。

出し惜しみしないことが
自分を進化させるコツです。

さて、アドバイス、助言をした時
次のような受け応えは良くありません。
私も気をつけています。

1.「それは、分かっているんですが・・・」
  分かっているなら相談するな、聞くな
  ということになります。

2.「○○さんにも言われました」
  あなたが言うことは、既に知っていました。
  あなたは、ちょうど○○さん程度ですね。
  ああ、そうですか。それでは○○さん
  聞いてください。私より先に相談してた
  わけですしと、いじけちゃいますね。

3.「考えたことあるとか、やったことあるある・・・」
  というのもいただけません。本当に考えたことあるの?
  やったことあるの。なんか、「それいい考え!」と
  アイディアを横取りするトークのようで嫌です。

4.「でも、それ○○○○○○じゃない?」と、
  アドバイスのへの感謝や共感、評価出来ることを
  述べることもなく、欠点を弱点を指摘する人います。
  これには、もう悲しくなりますね。
  相談があるといって、来ておいて、
  あんたは考えが足りない大したアドバイスじゃない、
  俺のほうが、ワタシの方が頭いい、
  優秀だと言いたいために相談しに来たのかなと
  思っちゃいますよ。


ということで、人に相談したり、アドバイスを
求める時の応対として1~4には十分に
気をつけてください。

自分は、違うと思っている人が、一番危ない。
良く冷静に考えて、自分が無意識にこういう
受け応えをしてないか、よくよく考えてみてください。
意外と多いとおもいますよ。

「なるほど(一度丸ごと認め、評価する)
 それはすごいですね。いい考えですね。
 素晴らしいアドバイスですね。(全面的に感謝する。)」

まず、一生懸命助言、アドバイスしてくれている
その気持に報い感謝しなければなりません。

その上で、本当に以前やったことがある、
考えたことがあるのなら、その状況となぜ今、
その事が実行されていなかったり
継続されていないのかを具体的に述べ、
補うべき点、不足している
部分があるのなら、

「こういう部分を補い、注意して、
 そのアドバイスを
 大いに参考にし、また実行していきたい。」

と言うように述べることです。

話は少々違うのですが、私の愛読している斉藤孝さんは
会議などで素晴らしい意見を述べた人には、
我の方が上なりとしたり顔やいかめしい顔をせず、
躊躇わず手を高く上げて「素晴らしい!」と
拍手することで嫉妬を超えたり、横取りする
いやらしい自分の心などを追い払い、
いい精神状態に自分を維持コントロールする
技を使っているようです。

心が美しい人は、心が美しいのではなく、
美しい心にする、維持する技があるのです

黙っていて何もせず為すがままに生きていて美しい心など
物語の中に住む、少し間の抜けたとろい
お姫様じゃあるまいしありえないのです。

美しい心の人は、絶えず、闘争している。
努力している。精進しているのです。

斉藤孝、ワンダフルな人間ですね。
素晴らしい人間は、カッコイイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目は口ほどに物言う。眼(まなこ)の力と美容法

72jpg 「5尺の身も一寸の眼」
全部、目に出る。

最近の脳科学の研究結果
1日に、およそ50000回
人は、いろんな想念が
よぎると言うことらしい。

50000回のうち高い
パーセンテージで
いい想念に満ちてる人は
瞳も美しく、魅力的なのでは
ないかな。

人が分かる、分からないは
関係なく、いつも人や物事に
いい感じ方、いい向き合い方
いい思い方をしていたいものだ。

いい眼づくりのため。

「(キライだけど)、好き」
「(ああいうところいや、だけど)
  ああいうところ好き」
「(あそこがよくない、でも)
  こういうところはいい」

と意識的に、人や物を
悪口や批判のみの言い切り、
言う癖のある人は
人や物のいい部分を言い
良く言って終わる癖を
頭の中で1ヶ月も意識して
トレーニングすると
すぐに、批判癖、悪口癖が
直ります。

人は、どんどん変えられるし
変わるのです。

「いやー、あまい
 いやー、変わらない
 変えられない。」
 と反論して
 何の意味があるんですか。

人は、どんどん変えられるし
変わるのです!

是非、1ヶ月頑張って
みてください。

自分の生きる世界、見える世界が
変わりますよ。

ー人は自分の持っているもの
 自分の中に抱えているものにしか
 気づかないから
 人や物のいい事に
 たくさん気づく人、感じる人
 いいように捉える人は
 それだけいいものを
 たくさん持っている
 ということ。ーこのことは
 ちょっと前にも書きました。
 
いずれ、いい眼を持つことは
どんな化粧も、オシャレも
及びません。

いい顔つき、眼の人は
高い化粧品つけなくても
高い整形手術代をかけなくても
しわも相応にまた美しい。
魅力的な人と言うのは
そういう人です。

いい思いをたくさん持ってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人生のデザイン

72p1170285

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分を好きになる方法

72hato_2別にナルシストになる方法でない。

誰にも夢や理想や思いや願いが
ある。

ない人、ないと言う人は
存在の仕方に、少々問題がある。

楽しく生きてますか?
「今、しあわせ」って言えますか?

で、そこには、今日は踏み込まない。

で、誰にも夢や理想や思いや願いが
ある。

それに近づくために
ああしよう、こうしようと
自分でひそかに決意したり
それを人に言ったりする。

それを、キチンと実行できないと
自分が信じられない。
だんだん自分嫌いになる。

それを、一つ一つキチンと実行できると
自分が信じられる、
自信がつき、自分が好きになる。

それだけのことだ。

自分が決めたこと、人に言ったことを
やれないのは、自分の心のコントロール
能力がないこと、ルーズでだらしなくて
心と頭にしまりがなくて、
子供だってこと、かっこわりいい
人間ってことだ。

決めたことをやるため、
自ら一人の時間、一人になって何かを
書いたり読んだり創ったり考えたり
準備したり出来る
かっこいい身も心もしまった
それでいて心豊かな大人になろう。

かっこいい女性、かっこいい野郎
になってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの青空、お勧めの盛岡が誇る中津川両岸のお散歩。

72p1180785 久しぶりの
明るいお空、青い空。

鮭の登る盛岡の市街地を
流れる中津川沿い。

目の前に
「深沢紅子美術館」
オシャレな小作りの
私設の美術館。

ここの川沿いの
蔵づくりの建物は美しい。

どこをトリミングしても
いい風景、写真になる。
いつまで見ていても
飽きない。

小京都盛岡、城下盛岡の
誇れる味わい深い風景だ。

この美術館の川を挟んで
向かいには、大きな大きな
イチョウの木。

72p1180789_2 今日は風もなく
天気がいいが
北風舞うその日には
黄色い無数の葉っぱを
空に放つ。

この川沿いを
もう一本、次の橋まで
歩いていくと、その橋の手前に
深草という喫茶店がある

おじいちゃん、おばあちゃんで
やっていたが今は、いつの間にか
息子さんたちがやってるようだ。

その小さなカフェの中に
可愛い柴犬が愛嬌を振るう。

犬好きは、たまらない。

息子さんたちの代になってから
入ったことがない。

どんなメニューか。
コーヒーはおいしいか。
おいしい焼きビーフンは
引き継いでいるか。

ぜひ、近々、行ってみたい。

中津川沿いのこの道の右も左も
両岸、お散歩お勧めコースだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

型の重要性。微笑みの型。

Nakamura_yuukou_2眉間にしわ寄せない。
寄せると何事も大変になり
大変なことも
寄って集まってくる。

型が大切です。

楽しくない時も
微笑む。

楽しことに頭と心が向かう。

たいへんな時も
微笑む。

目の前の出来事と
俯瞰の視点の程よい距離が
取れる。

優先順位も最短距離もさりげなく
ひらめき、力まず最も効果的、実利のある行動が自然体で開始できる。

困った人、悲しくなる人を
見る時も微笑む。

怒りや、嫌悪、暴力的、破壊的感情の
ヒートを下げ、やさしい大らかな
気持が心を包む

型が大切だ

「微笑む」という型を
自分の心と人生と世界を
変える型としてマスターし
体得せよ。

最重要なマスターすべき型のひとつだ。

私、船井幸雄さんのようなだんだん
タレ目の顔になって来た。

ここ最近、船井氏は、神がかり的境地まで
達して、どうかなと言うところも
ありますが、20代後半から
30代にかけて、経営戦略
ずいぶん勉強させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その道の、プロはやはりすごい!

展示会とセミナーの案内ハガキ
原稿、やっと出来上がりました。

72dm_1 72_1 松田十刻さんを漫画キャラにするのが
どうも上手に出来ず数日苦しみましたが
諦めて、友人のその道のプロの
イラストレーターさんに、
タッチの統一感がなければならないので
松田さん、澤口さんと私と
描いてもらいました。

さすが、プロ。素晴らしい!

自分を人に描いて貰うって楽しいですね。

どうぞ、みなさん、展示会、セミナーと
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空の声

72_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島幸二個展とステキな鳥の写真展

3_2 私のアトリエに10年以上通って
絵を描いている福島君。

どんどん絵に色彩と物語の深みと
味わいが増して素晴らしい世界を
作っている。

今年は私のところの3人のメンバーが
イタリアのボローニャ国際児童絵本原画展に
出品したが、その
一人。

本日から開催。30日(月)まで日曜休み。

ステキな鳥の写真展。

数日前、偶然、この写真展の搬入日に、打ち合わせの後
ソルナで、食事をした。

食事が出る間、展示中の作品を鑑賞。
いや、鳥の写真にというか
写真にこんなに引き込まれ魅力を
感じたのは久しぶりな気がする。

欲しくもなった。安かったら
欲しいな。

後で、あらためて、また、
ゆっくり見に来よう。

2_2 ソルナのランチ、外れなしだ。
この前は、タラのフライをメインのデッシュ
カキとわかめの小鉢も絶妙。

週替わりのメニューです。
毎日、限定6食。

1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「葉っぱのフレディー」死の意味・死の力

Photo_2 森繁久弥が10日に96歳にて永眠。
NHKで追悼の特番をしていた。

黄葉のもみじ葉を見ると
「葉っぱのフレディー」
を思い出す。絵本だ。

森繁久弥が10年前
最愛の長男を亡くした。

毎日、毎日、朝から晩まで
泣いて暮らしていた時
この「葉っぱのフレディー」が
自分の心を救ってくれたと
テレビ、ラジオで語り
数十万部のビックセールスに
なった絵本だ。

一有名人の本のセールスへの力
森繁久弥の人気と影響力を
感じた。

木の葉は、若葉から枯葉まで
一年間の短いストーリーを
完結して終えるけれど
毎年毎年、また生命力溢れた
黄緑色の葉をつけ
永遠の命の中にあることを
語っている。
そのコンセプト、哲学が
愛する者を失った万人の
心を納得させ、満たし
安らかな心を与えてくれるかは
わからない。

けれど、森繁久弥のように
救われた人も数多く
いたに違いない。

私も、幾人者の愛する者を
既に亡くしている。

「死」が強烈に我々の人生に
厳然とした意味を持つのは

「死んだ人間と、二度と会えない。」

と言うことだ。

それは、せつないことだ。

ありがとうと心を込めて言いたい。
ごめんねと一言謝りたい。
一杯だけお茶を飲みたい。
一言報告して、褒められたい、喜ばれたい。
一言だけ意見を聞きたい。
ぎゅっとしたい、されたい。

でもそれが出来ない。

しかし、悲しいかな。
だからこそ、人は後悔のないように
人と接し、愛し、その時々、思いや気持ちを言葉にし
行動し、形に表さなければならず
結果、それ故、人生は
まぶしくしくキラキラ輝くものとなる。

本格的創造的人生は
「死」より始まる。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

したいことない!夢なーい!なんていうかーい!!

72jpg生きていると
いろんな人に会う。
ビックリすることもあるし
感動することもあるし
惚れることもある。

時には残念なことだが
ほんとうにたまに
一刻も早くそこから去りたく
なる人もいる。

それと、一番困ってしまい
閉口し悲しい気持になるのが
「やりたいことがない。」とか
「何も夢がない。」とか
平気で言う人と遭遇した時だ。

「したいことがない。」って
もし本気で言っていたら
その人は、
「『だれかに何かをしてあげたい。』
というしたいこともない。」
ということなの!?

それ、ロック的に、ソウル的に
悲しいぜ!悲しい状況ね!

生きていることで
生きている有り方で
最も悲しい存在の仕方は
愛される能力や魅力に乏しいことより
愛する心、力がないこと。

それは、世界に興味がない
世界の、どんな出来事にも
本当の所では心が動かされていない。

もしかしたら、「やりたいことがない」
「夢がない」と言う人は
ただ単に、世界がほんとうに
あると思えてないのかもしれません。
それと同じくらいに、自分の存在も
不確かで実感が薄いのかもしれません。

「この私とはなんですか?
 この世界とのかかわり方は
 私とは何で、本当に
 存在しているのですか。」と

おお、もう、我慢できない!
文体は突然、ロック体だ!

世界は確かに存在し
おまえも確かに存在する!

おまえは、おまえを直接管理、指導
創造することが出来るんだ。

おまえが思うような人間に
おまえを変えることで
世界もそれに対応して変化する。

変化したおまえの目と脳と心、
感性がとらえる世界は
その選択する反応する事象
できごとを、それに応じて
まったく変えるからだ。

おまえが変わって
世界が変わる。

おまえが、おまえ自身と、おまえの存在する
世界の責任者であり創造主だ。

つまり、その時
人は、オーッ!人はもれなくゴットになる!
ゴットになる以外、しあわせなんてもんには
なれないという答が、人生全体に隠されて
いたなんて、ダ・ヴィンチコードを
越えるエキサイティングだぜ!

アイ・ラブ・ロック!
ところで、いつから俺は
こんなにアイ・ラブ・ロック
生き方、ロック!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自問自答、不幸者なんて、いやだ!

72 曇り空、グレーの空。
枯れ葉の舞う中、今日の午後
車で国道を走っていた。

「なぜ、楽しい!
 しあわせだ!って
 言う人が少ないのだろう。
 めったにいないのだろう。
 おかしいではないか。
 生命活動、人生とは
 そんなに苦しくつらく 
 楽しくないものなのか!?」

とっても、唐突な疑問。
枯れ葉舞う国道で湧くか?
この内容のこの疑問!

「楽しくない人、不幸な人間が
 たくさん溢れかえっているってこと、
 この世界!?

 ・・・・・・・・・
 
 不幸の構造、仕掛けってなんだろう?」

「したいことをし、やりたいことを
 やって生きていたら
 誰だってみんな
 楽しいんじゃないか。
 幸せになれるんじゃないか。」

「誰だって、したいこと
 やりたいことあるだろうに!?。」

誰と話してんだろう?

これを自問自答という。

「ねえ。ねぇ、ボクらってやらないこと、
 やり始めないことの理由ばっかり探して
 何かをやるエネルギーではなく
 何かをやれない、始められない
 自分用の、他人用の理由探しに
 頭、使かってんじゃないか?
 エネルギーを使っているんじゃないか?」

「お金がないから、時間がないから
 経験がないから、もう少し勉強しなくちゃ
 準備しなくちゃ、○○ないから、
 ○○しなくちゃって、いったい
 いつ始められんだ。」

「したいことを、やりたいことを
 やれない、始められないって人間は
 結局、臆病で怠け者でずるくて
 その場しのぎの、近視眼の単細胞なだけ。

 いやだ!単細胞なだけなんて!

 それが不幸な人の正体!!

 えっ、それが不幸な人間の正体なんて、いやだ!

 ずるくて、ルーズで、怠け者で
 だらしないだけが楽しく生きれない
 しあわせに生きれない不幸な人間の正体なんて
 不幸者なんていやだ!!!

 自分に今ある時間、あるお金、
 ある経験と知識とで、
 自分のしたいこと、やりたいことにつながる、
 今、出来ることをやらずして、
 したいことをする、やりたいことをする
 思い通りの楽しいエキサイティングな人生なんて
 始まりはしない。」

 自分好みの自分で、自分好みの人生を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「すっきりと生きようね」という詩

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若い才能、そしてやはり音楽は生が一番。

72p1180685 高校文化祭の作品展示会に
行ってきた。
私のアトリエに通っている
女の子が、全県下で最優秀で
ポスターになった。

その他、二人の女の子も
入選し展示されていた。

なかなかの出来であった。

72p1180720 ポスターになった子は
今、3年生。大学や
専門学校に行かず
私のアトリエに通い
プロのイラストレーター
としてやっていく予定。

十分、やっていけると思う。

今年から見ている私立高校の
美術クラブでは、今年は
男の子が一人だけ出品。
1年生。学校が、インフルで
閉鎖なったので、私のアトリエで
制作した。

72p1180703 とても頑張ったし、結果
学校を代表する形になったので
なんとか、何か賞を取らなくても
入選、展示になればと思っていたが
良かった。

きら、きらと光る才能も
目についた。

作品をじっくり見て
腰の痛くなったので
一休みしようかと思ったら
ちょうどロビーで
無料コンサート。

『フィガロの結婚』
『魔笛』から数曲。

72p1180723_3 やはり、音楽は生、ライブがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白鳥の来る町

72 昨晩、祝賀パーティーのあと
東京からはるばるいらっしゃった
栃内さんの所属する短歌の会の
ご友人たちとホテル14階の
スカイラウンジで、お茶を飲んだ。

短歌の話、文学の話
琢木、白秋の話、もりおか文庫の話
と、楽しいおしゃべりをした。

おしゃべりしているその時、その高いビルの窓の外、
夜の闇を2羽の白鳥が
飛んで行った。

話は、白鳥のことになり
高松の池に群れなす
白鳥に話が及ぶと
「ああ、残念、見たかった。」
と皆さん残念がる。

明日は1:00に東京で
歌会がり9:40分の
新幹線で帰るという。

で、ホテルに今朝7:00に電話を入れた。

「ご希望とあれば、新幹線に乗る前に
 高松の池まで、白鳥の群れを見に
 ドライブしますか?」

みなさん、大喜び。

高松の池に向かう
盛岡の町並みの黄葉にさえ
みなさん感動してくださり
高松の池に着いては
野生の白鳥をこんな近くで
見られるなんてと
子供のようにはしゃいで
喜んでいただいた。

全国桜100選のここ高松の池は
桜は桜で、美しく
桜が終わって真夏までの
新緑から緑のグラデーションも美しく
こうして秋は秋で紅葉、冬は冬で
桜もみじと白鳥と、年中
美しい季節の絵巻物のようなところだ。

9:40一行、新幹線で東京に向かう。
白鳥は、新幹線の中で歌になって
いるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もりおか文庫」創刊祝賀パーティー開催

松田十刻著「26年2か月」発刊記念のパーティー

P1180464盛岡駅前のホテルルイズで開催。
100名を少々越える参加者。
盛大、大人数の派手派手の
パーティーではなかったけれど
アットホームでいい
パーティーになった。

司会進行がIBCラジオ
水越かおるさん。

臨機応変な名司会で会全体を
温かく朗らかに、それでいて
キチンとしまったもの
にしていただいた。
さすが、ラジオのパソナリティー
プロのアナンサーだ。

発起人代表の東山堂の玉山社長のあいさつ
20年自分の会社で働いてくれた元部下、元社員
に対する辛口ながらも温かいスピーチ
心に打つものがあった。

祝辞の岩手放送IBCの阿部社長のお話も
ユーモアと機知に富みながら
出版こと地方出版、盛岡出版コミュニティーへ
格式ばらない形式的な
はなむけのあいさつとは
一線を画した温かい期待のコトバは
感動的でさえあった。

もりおか出版コミュニティー代表の
栃内さんとの出会いは8~9年前に遡る。
私の中央での初めて大きな仕事となった、
世界的ベストセラーとなった
アイリック=ニュート著の「世界のたね」
NHK出版の装画・挿画を担当し、発売した時
に遡る。装画が読者ハガキ等で好評となり
急遽、朝日新聞に全4段使った全国広告を
打つことになり、私はその広告投入に合わせて
盛岡で原画展としての個展を企画した。

私は、書店にその新聞広告の入る日を教え、
それに合わせ入荷数を事前に
増やしておくことと平積みをお願いし
さらにこの書籍を大きく入れた個展開催の
ポスターを市内各店舗に貼って戴く様
お願いした。

B1初めて訪れたこの厄介なお願いを
する私に、ニコニコ応対してくれ
全て手を打ってくれたのが
この栃内さんだった。

今回、出版社を立ち上げるにあたって
第一回配本の表紙の絵である装画と
「もりおか文庫」の文庫全体の
ブックデザインを
お願いされた。

私は、即答でOKと言った。

数日の前のブログで
野村克也氏の座右の銘を紹介した。

「金を残す人生は下
 仕事を残す人生は中
 人を残す人生は上」

と言うものだ。

ならば、
「金でやる仕事は下
 ビジネスとしてやる仕事は中
 人のつながり、思いでやる仕事は上」

と言えるのではないか。

人生は、結局のところ「人」だ。

笑顔のいい人間と
よく笑う人間は、信用できる。

リーダシップとは、ああだこうだと
上から指示する力ではなく
「応援したくなる人柄」という
定義をしている経営コンサルタント
の流派があるが、その通りだと思う。

そういう意味で、
盛岡出版コミュニティーの代表は
たとえ何はなくともリーダーシップが
あるとお方だと言える。

                     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イケテルやつ

72jpg 自分の軸

この星(地球)の軸

宇宙の軸

この3つの軸を意思的に
自在にスコーンと
合わせられるようになると
知恵とエネルギーというもの
アイディア、創造性パワーは
湧き溢れ、飽和し臨界点に達し
無限大となる。

疲れないヤツ
いつも元気で
無尽蔵のアイディア野郎が
誕生してしまうわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月11日(金)6:30pmセミナーで予定してる内容

「書く力、企画する力、つくる力講座」
72_2私の持ち時間の内容予定
1.何かを続けるコツ
2.いろいろなアイディアのだし方  
3.書きため方、描きため方
4.ファイリングの仕方
5.オリジィナリティとは
6.自分のために形にする。
7.自己管理と時間管理
8.営業と交渉

| | コメント (2) | トラックバック (0)

絵画展とセミナー、やることになりました。

よろしくお願いします。

72_1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文化の日の夕暮れ、今日は寒いぞ。

Jpg 朝から夕方まで、ずっと
アトリエで仕事。

夕方、届け物の所用が
あって、久しぶりに
仙北町へ。

帰り、本宮のパソコン屋に
寄る。

ここは、量販店とは一線を引き
マック関係が充実。

ケーズやヤマダにはない
パソコン周辺機器もあり
散策は楽しい。

ずいぶんと混んでいた。
駐車場は満杯。

少し薄暗くなってきた頃に
店入りし、出る頃には
すっかり暗くなっていた。

日は早くなり、
ずいぶん、今日は寒い。

やばいな。空は、雨雲ぽい
グレーの重い空。

降ったら、必ず雪になるな。

で、今晩、車のタイヤ
スタットレスに替えよう
と決意。

夜の予定が一つ増加。

備えあれば、憂いなし。

これ、人生の最重要鉄則の一つ。
前倒しの準備で、ばたばたしないで
生活したい、生きたい。

その場の瞬発力と機転で
何とかしのいで生きていく
時代は、心身的にもう終わった。

2009年もあと2か月だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日

P1180407 5:20 起床 散歩・朝の充電
7:30 書類整理と掃除
8:15 朝食 NHK朝ドラ
    「ウェルかめ」視聴
8:30 諸連絡 FAX1本 電話3本
     メール3本処理
9:00 出版記念パーティーお土産の
     同封各種配布文書原稿作成
     T氏にデータ午後渡し
     ~12:30まで
10:10厨川駅 S君迎え
     アトリエでS君に絵画指導
     <県高文祭出品>~12:00
12:30昼食
13:00平金パステル館 T氏と会う
     刷り紙選定購入
     琢木・賢治青春館喫茶部にてお茶
     データCD渡しと祝賀会打ち合わせ
     青春館での松田十刻「26年2か月 
     啄木の生涯」販売状況確認及び
     販売場所撮影
15:00メール処理
     月刊誌への12月個展・講演会の
     広告記事データ打ちとCD作成
16:30月刊アキュート・ぽらん・ゆうゆう
     3社訪問 マシェリはSさん依頼
18:00厨川駅 S君迎え
     アトリエでS君に絵画指導
     <県高校文化祭出品>~22:00
18:30夕食
19:00地域の会合打ち合わせ
20:00日中のT氏との打ち合わせ内容打ち込み
     作家:松田十刻氏・12月個展&講演会
     アピール文書原稿仕上げ~22:00
22:00厨川駅S君送り エムズ書店散策
23:00ブログ記事原稿作成
24:00テレビとウェブでニュース視聴
24:30読書~睡眠
     
     
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月の詩 Love letter「冬が来る前に」

72p1050160 永い永い厳しい厳しい冬が
まもなくやって来る。

しっかり、聞いておくんだぞ。
心に刻んでおくんだぞ。

冬の越え方の全てを語っておこう。
ついでに、人間も超えてしまえ。

まずは

空腹で死にそうな時
「希望」と「パン」を出されたら
パンを取ってはいけないぞ。

死ぬぞ。

「希望」を取れ。

どんなに凍えそうな
寒さに襲われても
この星に春の来ない
冬のないことを
信じて

信じて、まず
今日を生き抜け
今日を生き越せ

こんなこともあるだろう。

もしも、視界に
恐ろしい峡谷が
現われても怯えてはいけない。

どんな急な斜面も
勝負するのは
集中すべきは
その足元の一歩ごと、

数十センチのみの大地であることを
知れ。

こんなこともあるだろう。

もしも、目の前に
巨大な山が
現われても
ひるんではいけない。

どんなに大きな山であろうと
一歩を重ねて
越えられぬ山は無いのだ。

どんなにはるかな
遠い道でも
一歩を重ねて
辿り着けぬ場所はないのだ。

一歩を重ねよ
一歩を初めよ

目的は、その志は
辿り着くこと、登り越え行くことだとしても
不運にも万、万が一辿り着かぬとしても

そこを目指し進める一歩一歩の
歩みの中に、その道の途中、途中の
至るところに、喜びや感動、
信頼や感謝、ドラマを
見つけるだろう。

それが歩みを開始した
種族への祝福だ。
辿り着こうが、着くまいが
歩みを開始するものは
みな、もれなく幸せになる
その仕掛けだ、種明かしだ。

いいか

開始するのだ。

冬を理由に、いいわけにしては
いけない。

実は歩みは、過酷な時こそ
進むのだ。
条件の整わぬ時こそ
人は進み、進化するのだ。

冬にこそ、おまえが
進化すべき時なのだ

人類も氷河期のたびに
進化してきた猿なのだ。
いくつもの氷河期を越えて
人類は、猿から人になった。

人はいくつもの厳しい冬を
意志を持って耐えて生きぬいたもののみが
人類が越えなければならない獣の業を超えた
つまり人が人を超えたこの星の
奇跡の生物、「人」となるのだ。

人は、一つの冬を
超える度に
その越えた春ごとに
美しさを増す花を咲かせるのだ。

この不思議なる宇宙大の脳みそを
持つ人ならではのなせる技よ。

冬に進化せよ。

人は進化への意志を持つ限り
年重ねること、時経るごとに
ますます美しい花を咲かせる
この宇宙の中でも
不思議中の不思議の花なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »