« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

今年、最後の言葉

Jpg今日、車を走らせていて
突然やってきた
信号待ちでメモした言葉。

私達は、しっかり
 自分に責任を持たなければ
 ならない。

 自分の事
 楽しくなくなんか
 生きさせてはダメだ。
 
 それは、禁止だ。

一年間、ブログ
遊びに来てくださって
ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何かを続ける力

Photo今年、一月一日に始めたブログも
明日でまる1年。365の文章を
産み出したことになる。

何かを続ける力とは
無意味なことを続ける力だ。

人は、意味あることを止めはしない。

しかし、すぐに意味を感じなくなったり
意味を忘れたり、薄れたりする。

だから、ものごとが続かない。

だから、極論、何かを続けられる人は
意味や価値を感じないことでも
決めたことをやり続けられる人だ。

それを、短くいうと
「意味のないこと、価値の感じられない
 ことを続けられる人」ということになる。

でも実は、何かを続けられる人というのは
一番ピュアな気持に戻る、すぐに
フィードバックできる人であり
何のためが非常に明確であったり
一個人の私欲を越えた誰かのため
何かのため、あるいはもっと大きな目的が
あったりということで、自分の決めた
決定事項に高いモチベーションを
常駐できる人なのだ。

まとめて言うなら何かを継続できる人というのは
決定した行為の原点にすぐ戻れる人
何のためがはっきり明確化している人
なのだ。

だから、自分で決めた何かを継続したい人は
すぐに原点、一番、心の熱いところにすぐ戻れる仕組み
を構築すること。そして、その事の何のためかを
しっかり熟考し明確化し出来れば明文化すべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKの朝ドラの熱烈ファン

Imgdd41741azik9zj 今、朝ドラは「ウェルかめ」。

その前の「つばさ」の総集編特集が
昨日今日と、正月特別番組で放映。

ボロボロ、涙を流して見ている。

思えば20数年来のファンだ。

NHKのおかげで、「泣く」という
生理的、精神的にいい
心地よい心のシャワーを
浴びることが出来ている。

泣くことはとても大切です

嘆くことでなくです。
愚痴ることでも、センチに
なることでもない。

泣くことは、大切。

年齢と共に涙腺が緩くなるのは
おしっこが近くなるというような
老化現象とはまったく別で
ある状況に対する経験による
感動の情報が増え、同化
連想されるため。

いずれ、日に何度も泣き
日に何度も笑おう。

感動がなくなると老化が加速する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そう大切なのは実行力と徹底度

72_3 12月の個展で発表した
新作ポスターのメッセージを
ここに載せます。

このブログを見ている
特に若い人たちに是非伝えたい
ことだから。

「こうすればこうなる」
という単純、確実なことをやりきる。
それを積み重ねる。

拝啓。いよいよ本当の人生、開始するキミへ!

頑張らなくてもいいから、ひとつひとつ実行。
モチベーションも何も関係ない。
「やる気起きないから出来なーい」のではなく、
やる気を起こさせられない事がキミの力不足、未熟さ。
やる気があれば、誰だってやるんだ。
当たり前だろう。

能力の差とは、まさに常に安定的に、
時に爆発的にやる気を出させることが
どれだけ出来るかの力の差なのだ。

大人な人間とは、いつも安定して
恒常的にある程度以上のやる気を出せる。

かっこいい!それが大人の色気だ。

もしキミが、そうでなければキミはまだ、
人としては子供。

モチベーションとか気分とかやる気とか、
極論、そんなことはどうでもいいんだよ。

人生のアマ、心の甘ちゃんじゃなく、
人生のプロになれ。

乗っても乗らなくてもひとつひとつ形にする、
現実的に、具体的に行動するだけ。

キミの思い、願い、夢、実現するんだよ。

キミの事は、いつだって大好きさ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風呂仲間、忘年会

Img_0076 週1、夜温泉に
お風呂仲間の忘年会。

東京は銀座松屋で
個展を終えて戻って来る
弟を待って、カメラマンのO君と3人。

ファミレスで遅い夕食を済ませたあと
近所のお気に入りの喫茶
ダニーハで、特製のオリーブの実を
つまみに、ハーブとコーヒーとで
来年のビジネスについて盛り上がった。

というのも、カメラマンのO君
この12月、数日前25日をもって
写真事務所を退職し、独立。

三人集まりゃ文殊の知恵
ということで
どう写真の仕事の需要を増やすか
アイディア企画会議。

非常に素晴らしいアイディアが
湧いたが、企業秘密。

しかし、問題は
アイディアよりも実行力。

Img_0062 ビジョンや夢や企画を
今日の、今の行動にどう
具体的に落として実行していくかだ。

素晴らしい仕事というは
そのアイディアの斬新さよりも
その徹底度、実行度により
形成されている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

忘年会途中参加

浅田家 Book 浅田家

著者:浅田 政志
販売元:赤々舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

カメラマンの友人の
スタジオで
野郎5人の忘年会に途中参加。

ウーッ、濃い感じ。

鼻風邪にやられ体調は
あまり良くない。

早々に退散するつもりでいたが
大いに盛り上がってしまった。

とくに、アラーキー話は
皆が、それぞれに知っている
情報を競う如くに
語り教えあった。

アラーキーは、天才
感動の人生、感動の人だ。

昨年、木村伊兵衛賞受賞の
浅田政志氏の写真集「浅田家」も
話題になった。

写真を撮る、写真に収める
原初的な楽しさが
新鮮に強烈に我々にパンチする。

あのばかばかしいほどの
家族で様々なスチュエーションをつくり
「写真を楽しむ」ということから
我々は、「今という時」を、
「人生を楽しむ」
「生きていることをもっと楽しもう!」
というメッセージを受け取る。

それは、やはり凄い写真集だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスお茶会

Photo今日は人生相談ではなく
恋愛相談会に。

で、おじさんからの本日のアドバイスは
 
「恋のマジックにかかっている間に
 二人の関係、その中身において
 尊敬の度合いを互いに増しって
 行かなければならない。

 恋心から敬愛へ自然な移行こそ
 男女の幸運なあり方だ。

 究極、男の大人の色気は、人格だ。
 究極、女の大人の色気も、人格だ。
  
 男の魅力、女の魅力とは
 性的魅力を超えて、究極、人格の魅力だ。

 色気のある男、色気のある女になるには
 人格の魅力と輝きを増すよう、
 月々、日々、年々に進化し大人に
 なければならない。

 すばらしい人間になること、
 これが究極の魅力的男、女の作り方」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスイブ 仕事がテーマの人生相談会

Birthdaycakes_christmas4 今日はクリスマスイブ
とは言え、何というわけでもない。
どこからかケーキを
戴けば、そのケーキを
食べる程度。

なぜかクリスマスイブは
絵の教室、アトリエの
木曜日と重なることが多い。

今年は、野郎だけで
コーヒーをちびり
仕事がテーマの人生相談会に
なってしまった。

で、私からの本日のアドバイス。

「好きな仕事をしなくちゃ!
 仕事を好きにならなくちゃ!
 どっちかにしろよ。
 今やっている仕事が
 どうしても好きにもなれそうに
 ないなら好きな仕事を目指して
 人生を準備しなおそう。」

「それと、仕事の楽しい、楽しくないは
 職場の人間関係が楽しい、楽しくない
 ということも多々あるので
 職場の人間関係を良くする。
 我々のできることは
 どんな人からも
 いい所を見つけること。
 どんな人からも、学ぼうとすること。」

「仕事が楽しいということは
 職場が楽しいということ。
 職場が楽しいということは
 人間関係がいいということ。
 人間関係を良くするには
 究極、他人ではなく
 自分の人格を磨く、あげる
 ことが、大切なこと。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野村胡堂・あらえびす記念館

72 かっての人気テレビドラマ
「銭形平次」の作者。野村胡堂

その記念館が、紫波町にある。

車で1時間。

すばらしい景観、デザインの建物

中の展示の仕方
展示機器とそのセンスも
すばらしい。

2万点という
日本一のレコードの
個人コレクターでもあり
音楽、こと、クラッシックには
造形が深い。

記念館の中には
小さな、品のいい
音楽堂、コンサートホールもあり
定期的に、クラッシックを初め
各種楽器のライブや
レコード鑑賞会も定期的に
催されているという。

すばらしい。

ロビーは、全面大きなガラスで囲まれ
外ののどかな田園風景が
一望できる。

冬景色、美しい。

春は春で、夏は夏で
緑のグラデーションが美しいだろう。

秋は秋で、この景色は
黄金の大海原となり
その周りを、燃える紅葉が囲むだろう。

すばらしい設計、ロケーションだ。

72_2しかも、コーヒーは
セルフで美味しく100円という
ロープライス。
お賽銭箱のようなボックスが
あるだけ。客の良心任せ。

ヘタ臭い喫茶店よりいい。
近ければ、毎日来たいくらいだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

周期ゼミ・素数ゼミ

素数ゼミの謎 Book 素数ゼミの謎

著者:吉村 仁
販売元:文芸春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

米国には日本のセミとは全く違う
「周期ゼミ」もしくは「素数ゼミ」
と呼ばれる種類のセミたちが生息。

2004年にニューヨークなどで
大発生したときは60億匹だったという。

 このセミの特徴は、なんといっても、
正確な体内時計によって、
ある集団に属するすべての個体が
一斉に13年もしくは
17年おきに羽化するということ。

2004年に大発生したニューヨーク市では、
2021年まで素数ゼミたちは姿を
見せないということだ。

 これら素数ゼミが、日本のセミと違うポイントは

以下の3点だ。

1.成虫になるまで10年以上の長期間を要する。
2.常に同じ場所で一度に大発生する。
3.成虫になるまでの期間が、きっかり13年の種と
  17年の種のみがいる

ということらしい。わくわくする話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17年ゼミ

7217 17年という長い年月を
土の中で生き暮らし
17年目のある日ある夜
一斉に数十億匹の、数え切れない
数のセミが地上に現れる。

北米で周期的に見られるらしい。

数十億匹の無数のセミは
数日地上に出て
空に鳴き、天に歌い、天に飛び交い
そして交尾して
子孫を残して死んでいく。

それは、衝撃的地底生活の長さと
衝撃的地上生活の短さだ。

しかし、もしかしたら生物とは
ほとんどがそういうもの
かもしれない。

たとえば、僕ら人間。

45億年の寿命の
水の惑星、この星で
無数の奇跡の繰り返しと
重なりの果てに
人となり
私となった。
あなたとなった。

そして、70~80年という
45億年に比べると
一瞬の時を生きて死ぬ。

それは、17年ゼミの
17年の地底生活に対する
地上生活の数日間より
遥かに短い一瞬の時間だ。

この一瞬とも言えるこの短いに時間に
この星の本当に限られた小さなエリアで
僕等は行ったり来たりうろうろしながら
そこで泣いたり笑ったり
恋だ、愛だ、惚れた、腫れたと
成功だ、失敗だ
ラッキーだ、不運だと大声出しながら
どたばた劇を演じているわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり、しびれる!エミネム

Curtain Call: The Hits Music Curtain Call: The Hits

アーティスト:Eminem
販売元:Interscope/Aftermath
発売日:2005/12/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

久しぶりに今日は少々の遠出で
高速に乗る。

雪がチラついていたせいもあり
行きは薄暗く、帰りは真っ暗
ということもあってか
なんか緊張した。

「生きてます」なんて
セリフの記事とイラストのブログを
前日書いたもんだから
なんか笑い話に、あれが
今生の最後のブログになったりしてと
いやな緊張感で100キロちょいで飛ばした。

ま無事、生きて戻ってまいりました。

行き帰りエミネムを久々に聴いた。
大音量と高速の緊張感で
感度は全開といった感じ。


やはりエミネムのラップは
メロディーは最高だ。

叫ぶこと、語ること、歌うことの
天性の能力を備えているのだろう。

この星のどこに、このメロディーが
隠れていてどこから掘り起こして
来たのだろう。

彼の命の広大な鉱脈には
どれほどのメロディーが眠っているのだろう。

それはメロディーなのか語りなのか分からない。
不思議な音楽だ。

一曲一曲がそれぞれに
独自なメロディーでありながら
それでも、エミネムだ。すごい。

曲を作るのではない。
その時々の思いを、コトバとメロディーに
乗せて思いを形にする。
するとたまたま曲になる。
だから一曲一曲がオリジナリィティーに
溢れている。

このなんとも毒の効いた
命のコアが快感するメロディーって
なんだろう。

すごい。

エミネムyoutubeより

http://www.youtube.com/watch?v=QuTj9a04o-s

http://www.youtube.com/watch?v=ox8w1LNYwi8

http://www.youtube.com/watch?v=lm0sc7jcXno

| | コメント (2) | トラックバック (0)

生きてます。

72jpg_6 あなたも、

生きてますか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プレゼント

72jpg_3 過去はpast
未来はfuture
そして
現在(今)はpresent

今は、プレゼント!

今というこの瞬間は
presentプレゼント
なんですね。

presentの名詞形presenceの意味は、
いること、あること、存在。

あること、存在すること自体が
最大の贈り物ということだ。

その贈り物、僕等は
今も、今日も、毎日喜んで
いるだろうか。

「めっちゃ、うれぴー!」
って喜んで
「ありがとう!ありがとう!!」
って生きてるか。

生きてるか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の意味、1ヶ月の意味

72jpg_2 自分は、まだ、今生きている。

死が近づいて、あるいは
死んで初めて解るんだろうな。

僕等は自由だったんだ。
 何をしても、どう生きても良かったんだ。
 楽しく生きて良かったんだ。
 誰かのせい、何かのせいにしていたけど
 楽しくなかったのは、全部、自分のせい
 だったんだって、すっかり、はっきり
 わかるんだろうな。
 もっとすぐ幸せになれば良かったのに。
 もっと笑えば良かったのに。
 愛してるよ、大好きだよ、ステキだね
 すごいね、ありがとうって言えば
 良かったのにって思うんだろうな

そして、ああ、もし、1ヶ月だけ命が
またもらえたら、言い残したコトバを
みんなの心に一人一人、一つ一つ
置いて歩き回りたい思うんだろうな。

でも、今、生きてる僕等は、ほとんどが
1ヶ月以上生きていける。

僕等の「何気ない今日」はそして
「なんとなくいつの間にか過ぎてしまう1ヶ月」は、
生きたくても、生きたくても
昨日までに、不運にも不覚にも死んでしまった
惜しくも残念にも死んでしまった人たちが
欲しくて欲しくて恋焦がれた今日なのだ


なんでも出来る1ヶ月なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日届く「喪中のお知らせ」ハガキ

72 喪中のお知らせハガキが届く
時節になった。

ポストには連日数枚ずつ
入っている。

えっ、うそー!という
あの元気さ、この年齢で
という人も。

「人が死ぬ」ということは
残されたものにとっては
どんなことをしても
「もう二度と会えない。」
という意味と事実だ。

それは、つらい。

いつ誰と突然の別れが来ても
いいように「ありがとう」を
言うべき人に言っておこう。

終末医療の臨床医のレポートによれば
生きてての一番の後悔が
「ありがとうを言うべき人に
 ありがとうを言えなかった」
ことらしいから。

「ありがとう」というコトバは
この世界で、特別な最重要の
コトバらしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大掃除、整理の鉄則

72jpg 個展・セミナーとイベント続きで
アトリエは、ひっちゃかめっちゃか。

ああ、掃除がしたい!片付けたい
と思いつつカオス的状況に進行。

整理・整頓へのストレスも
時間と共に正比例。

今日より、いよいよお掃除だ!

私の掃除・整理整頓・片付けの法則

1.所定の場所に戻すことが片付けるということ。

 まず頭を使わず、悩まず、元のあった場所に
 戻す作業をする。30分~1時間

2.必要なものを取り、後は捨てる

 捨てるかどうか、処分するかどうか考えると
 悩み効率が悪い。ぜったい必要なもの、大切な
 ものを選出し、後は捨てるという作業にしない
 と時間もかかり、作業も収束しない。

3.時間を決めて取り組む。

 30分でこれをやる。この棚を片付ける。1時間で
 こうするとか、時間を決めてやる。

4.一つ一つテーマを決めてやる。

 例えば、今日は、本棚だけ全部掃除するとか、
 美味しいコーヒーといい音楽を聴きながら
 午前中3時間でPCのフォルダを整理するとか
 名刺や手紙・ハガキや年賀の整理をするとか
 一日一テーマで整理する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

展示会・セミナー終わる。そして

Photo ご来場、お花、もろもろありがとうございました。

松田十刻氏著「26年2か月 啄木の生涯」
この10月から12月までの3ヶ月
忙しかった。

表紙のイラスト制作
文庫のブックデザイン
ポストカードイラスト制作
祝賀会の企画開催
販促企画
そして
この記念展示会とセミナーの
企画開催。

今日で、ひと段落。

本の売れ方も、順調。

次回作は、来春、澤口たまみさんの
宮沢賢治関連本。

息をつく暇もなく、明日から
次のスタート。

楽しく頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「26年2か月 啄木の生涯」出版記念販売

 「26年2か月 啄木の生涯」出版を記念

1  「花咲かおじさん」
<額25.8センチ×32.0センチ>
のジクレー版画限定10部、
領布致します。

額・マット代・送料・消費税込みの、
20,000円でお届けします。
尚、さらに今回は、サイン入りで
私が表紙の絵、帯カバー含め
ブックデザインした松田十刻著
初版本「26年2か月 啄木の生涯」
も贈呈します。

 そして、そしてなんと!
今回、松田十刻氏が啄木の歌の
72j 大好きベスト3の歌に,
私がイラストを描き起こした
ポストカード3枚
もお付けいたします。
(ジャパネットたかたもビックリです!)

10部申し込みになり次第終了させて
戴きますので、ご希望の際は、
お早めにお申し込みください。

お申し込みは、yukohnn@yahoo.co.jp  
まで、住所、お名前、お電話番号を
お願いします。

また、宅配の希望日、時間帯等が
ありましたらお書き添えください。

72pg 72 代金の振込み先は、
戴いたメールアドレスに
返信致しますので、どうぞ
よろしくお願い致します。

それでは、どうぞよろしく
お願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自信作と人気作品

72jpg 大判の7枚の新作ポスターは
自分でも、とても楽しく
ワクワクしながら
作ることが出来た。

今回の新作水彩の一番人気は
頭に花を咲かせたおじさん。

72_1

   「花咲かおじさん」

ー「心に花を咲かせなさい」と
 説教する頭に花を咲かせている
 おじさん。手に花は持っているし。
 でも、そんな言行不一致の
 おじさんが好き。-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナカムラユウコウ作品展と松田十刻、澤口たまみ、ナカムラユウコウによるセミナー開催

Kaizixyou_jpg 忍び寄る新型インフルエンザの
恐怖と戦いながら
なんとか、倒れることなく
展覧会準備をし、初日夕方からの
「書く、つくる、企画する講座」
に穴を開けることもなく
無事、終えることができた。

良かった。

それだけでも、私としては
大成功だった。

Paneru 新作も見栄えするほどは
揃えられたし、
松田十刻さんのコーナーも
出版社のコーナーもなんとか
形を整えることが出来た。

セミナーは、予約を取って
いるわけでもなく
溢れるか、全く来ないか
蓋を開けて見なければ
分からないという
怖いものだったが
50名ほどの参加で
60席のイス席が
程よくほぼ満杯という
ことでメデタシ、メデタシ。

Paneru_2 今回の「盛岡出版コミにティー」と
「もりおか文庫」の誕生秘話?
制作現場の裏話を含め実際を通し
掲げたテーマ通り
「書く、つくる、企画する」
ことにおいて、いくらかはためになる、
笑いあり、涙あり?の楽しい
セミナーになったと思う。
好評であった。

Photo 4日間だけの展示会、明日からの
3日間。店番係、がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天才アラーキーを大いに語る

41c6p21vhhl__sl500_aa240_ 大学のデザインの恩師と
今日は天才、アラーキーの話で
盛り上がった。

先生、テレビで先日
天才写真家アラーキーの
番組を見て感動の弁。

今、アラーキーは
前立腺癌と戦っているらしい。
戦っているとは言え
自分を面倒見てくれる
看護師たちも
皆、彼のカメラの餌食に
なっているようだ。

「一瞬一瞬がいとおしい
 死は生であり、生は死である。」


というもはや思う存分
思うように生きて来た
豪快な人生の至る
そんな達観の境地だね。

番組では愛ネコのチロちゃんも
出てたらしいが、彼女は22歳。
人間で言うともう100歳を越えている。

「俺もコイツも『生欲』が凄いんだ。」
と満面の笑顔を放つ。

性欲ではない。りっしんべんのない『生欲』
造語の天才、天才アラーキーの造語だ。

たくさんいい写真集がある。
このチロちゃんを撮った写真集もある。

病と闘い、戦い変化していく自分
死の瞬間まで自分と世界を取り続ける
にちがいない。

天才とは、したいことをする人。
したいことをし、したいようにし続ける人
のことだ。

アラーキーをして天才というのは
正しい使用法だ。

しかし、ここに来て彼は今
死と対峙しながら
天才では納まりきれない
天才以上の何かにならんと
している気がする。

天才以上、神未満の何かに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に自由な人、楽しい人

Photo 友人のカメラマンが今月末
独立する。

私や弟が雑誌や書籍の絵を
中央の出版社に送る時
長く地元、盛岡での
作品撮影ポジフィルム作り
をしてくれたカメラマンである。

毎週水曜日の夜には弟と3人で
風呂や温泉に行く裸の付き合いだ。

見聞きした情報の交換の場
時に相談したり、相談されたり
という感じだ。

彼が、独立する。フリーになる。

で、その彼に私は一生懸命、しかも
楽しく仕事をやっていって欲しいという
思いで、弟と3人でコーヒーを飲みなっがら
いろいろな仕事上のことの後に、こう最後にアドバイスした。

「真剣な人が、一番、自由なんだ。」

そう、本当に自由な人は
真剣な人なんだ。

彼も、弟も、目を輝かせ
それ、すごいコトバですねと
感動してくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己認識

0080469_2 いろんなトラブルや事故が重なったり
大変な量の仕事や、するべきことが
どっとやってきてたじろぎそうに
なる時がある。

みんな、そんなこと、
そんな時がある、人生は。

そんな時は、自分が
宇宙と同じ成分としくみと仕掛けを
持った、宇宙大の力と知恵と
エネルギーとソフトを持った
存在であることを思い出すことだ。

私が表紙を描いたNHK出版の
「世界のたね」の表紙に
世界的爆発的セールスとなった哲学啓蒙書
「ソフィーの世界」を書いた
ヨースタイン・ゴルデルが
その帯にステキなコピーを
書いてくれている。

「ぼくらはかって宇宙のかけらだった。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

創造力の湧く空間

Sanmarukuoodohri20020521 久しぶりに
大通りの
サンマルク
私のお気に入りの
カフェに入った。

11日からの展示会で
販売する書籍を、書店に30冊

会場に持って来てくれるよう
頼みに久しぶりに
大通りに来たからだ。

サンマルクはいい。

落ち着いたジャズが流れ
店内のモノクロトーンに
統一した内装も好みだ。

ここに来ると
条件反射的に
文章が訪れる。

至福のときだ。

クリエートな空間を街の中にいくつも持とう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分が仕事をしない技術

Jpg とうとうギブアップ。

ウィルスにやられたのでない。

オーバーワークってこと。

今、まだ、リクルート中の大学の
後輩に宛名書き等のアルバイトを
頼む。

今年、大学の恩師の退官パーティー
で一緒に準備をしたメンバーで気心が
知れていて仕事を頼みやすい。

彼は、あまり饒舌でなく
黙々と仕事をこなしてくれるので
助かる。

パソコンもできるし
仕事も速いし
なかなか頼りになる。

お金持ちなら
僕がリクルートしたいくらいだ。

専属のスタッフが
もてる身分になりたい。

仕事が3倍5倍できるだろう。

自分にしか出来ないことをやり
自分でなくても出来ることは
依頼する。

オーバーワークの時
より仕事に
クオリティーをあげたい時

これは、重要なことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高傑作の答え

72nekusuto 今日は知人から、いい話を聞いた。
あまり、会う機会はないのだが
いつもいい情報、いい話をしてくれる。

チャップリンの話だ。

有名な話らしい。そういえば
なんか聞いているうち
どこかで聞いた気もしたが
やはり、感動した。

チャップリンは新聞や雑誌の記者から
「あなたの最高傑作は?」と
聞かれると、いつも
「Next one(次回作だよ)」
と答えていたという。

最高傑作は次回作。

これは、全ての人に
貴重なアドバイス、指針だが
特にクリエーターにとっては
ほんとうに魂に
刻んでおきたい言葉だ


ありがとう、チャップリン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーで『オズプラス』買いました。

72_2 とても読みやすく、良く整理
されている。

私も整理術に関する本は
これまでたくさん読んできたが
よく言われている王道から
この雑誌ならではの新しい
情報、提案があり必見。

特に、ものだけでなく
時間や心、人間関係の整理・管理
まであり、非常にすぐれものの
編集だ。隔月とあって確かに普通の
雑誌の2倍以上の充実度を感じる。
品のいい可愛いイラストも多くて
丁寧で心を込めて力入れて
作ってますねっと言う感じです。

買って損しない590円なり。
いろんな意味で大いに勉強なりました。

雑誌の広告

仕事にもプライベートにも前向きな、
30歳前後の
“Lively (ライブリー)”
な女性たちにとって
『すぐ隣の頼れる友人』
『“プラス”をくれる存在』
として一冊まるごと
“女を磨くワンテーマ”をかかげ、
実用性・保存性に富み読み応えのある
コンテンツを提供。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学研の「学習」「科学」の休刊を発表 

Kagakugakusyu 学研は、今日、学習誌「学習」と「科学」を
休刊する、と発表した。

「学習」は09年度冬号(10年1月1日発行)、
「科学」は09年度3月号(10年3月1日発行)
をもって休刊するとのことだ。

 「学習」は、46年創刊。
そして科学は57年創刊。

「児童数の減少やニーズの多様化など
市場環境の変化による部数の減少のため」
という理由での休刊。想像に難くない。

小学校時代、ほんとうに、科学・学習は
楽しみでした。当時は、学校での販売。

小賢しい私は、付録によって
現場判断。多角的に分析して
学研にしたり、科学にしたり
その度、テキトウな理由で
学研の叔母さんを口説いてました。

もちろん、両方、買えれば
こんな苦労もしなくても良かったのですが
うちはそんな裕福じゃなかった。

一冊分だって、相当、努力と工夫と
無理をしていたと思います。

付録はもちろん大好きだったけれど
長新太のイラストの物語、読み物が
大好きだった。楽しみだった。

私の、クリエートの原点は
絵にしろ文にしろ
科学・学習、あの頃の学研の読み物で
培われたとかも知れない。

さびしい感じがする。

ただ、学研は、企業としては
したたかに頑張っている。

科学・学習の付録だけを特化したような
「大人の科学」シリーズは
科学・学習で育った40代、50代さえ
ターゲットに2000円から1万円台後半までの
価格帯でヒットを飛ばし続けており
大したものである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dazai Osamu

72p1180872太宰治が読まれている。
私も学生時代に読んだ。
文章は柔らかく読みやすく
居心地のいいウエットさがある。

それにしても
漫画「デスノート」のヒット
それの実写化による松山ケンイチ君の
登場人物「エル」のはまり役
による中高生における
松山ケンイチのブレーク。

そして中高生のデスノート愛読者層が
太宰治の小説『人間失格』の帯に
松山ケンイチ君の写真を見て
またたくまの10万部突破のセールス。

中高生は人間失格というコトバに
劇画デスノート的なイメージを
もって飛びつく。

タイトルだけで見れば
確かに両者は共鳴。

編集企画に脱帽。きっかけは
何であれ、中高生が活字に出会い
大昔のおじさんの文章もおもしろい
小説おもしろいと、
視覚的・映像と聴覚的・音と
受容するだけの情報から
活字を見て脳内に自分で映像を
構築する機会を持たないと
日本人の頭がやばい。

中高生は、恐ろしいほど
iPodによるYoutubeの映像と音楽
と携帯いじりで一日のほとんどを
過ごしている。これは、やばい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命を救ったひと言

ありがトン (CD付) Book ありがトン (CD付)

著者:さわとん
販売元:サンマーク出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

言葉は人の命を救うし
生きる屍のようになった人
を蘇らせることも出来る。

今日のNHKの
ほっとモーニングは
鬱をテーマにしていた。

冒頭、5階のビルから飛び降り
自殺を図り、奇跡的に助かり
今、鬱のカウンセラーとして
働く35歳のさわとんさんの
「生きてて良かった」と
声を震わせ涙ぐむシーンが
私をテレビに釘付けにした。
さわとんさんは「ありがトン」
というマンガを多用した
本を出している。

鬱になると文字も読む気が
しなくなる自身の鬱病の
経験を反映してマンガを
多用したのだという。

死にたい」は「助けて」なのだ。
そして、鬱になり仕事をやめ
離婚もし仕事も出来なくなり
5階のビルから飛び降りた。

これで楽になれると、全然怖くなかったと言う。


奇跡的に一命を取り留めた後
命を支え、かすかな光を取り戻してくれた
のが、彼の母だった。
何も言わず、一日中
ずっと付き添ってくれた。
こんな私でも見捨てず
愛してくれる人がいる
大切にしてくれる人がいる。

そして、退院後も
鬱との一進一退の生活中で
彼を決定的に鬱から
脱しさせてくれたのが
電車の中で出会ったおばあちゃん
だった。

何気にドアを開けて
入ってきたおばあちゃんに席を
譲る。

その後、おばあちゃんは
彼と共に電車にいる間の
20分程度の時間
何度何度も「ありがとうね」
「ありがとうね」を繰り返す。

彼は、その時、直感する。
こんな生きる価値のない私でも
何か人の役に立てる事が
できるかもしれない。

彼は、その瞬間、鬱を脱する。
おばあちゃんの心からの
「ありがとう」が彼を
蘇生させる。

その後、半年間、彼は、鬱のカウンセラーの
資格を取るため通い資格を取り現在に至っている。

11年間30000人以上の自殺者
の出ている世界でも類をみない
自殺大国日本。

ツレがうつになりまして。 Book ツレがうつになりまして。

著者:細川 貂々
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

番組では人気マンガ家の
細川てんてんさんの
ご主人の実話を素材にした
「ツレがうつになりまして」
のマンガを紹介。

鬱との戦い、鬱病になった
ご主人との生活での赤裸々な
感情と彼女自身の進化と
夫婦愛は感動的であった。

人は、徐々にあるいは
劇的に変化する。進化する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月のLove letter

72_3 ボクは、キミに電話を入れる。

「人生を見に行こう!」

白いジープで地上800階
雲の上のレストラン
に向かう。

この世界で一番
見晴らしがいいレストラン。

一枚の大きな絵を見るように
人生を見渡せる。

ーあそこは、少しデッサンが荒いね。
 赤があった方がいい。
 だいぶ、楽しくなると思うよ。
 誰かの絵のようでなく
 もっとオリジナルなモチーフにしよう。
 キミしか描けない絵にしなくちゃね。ー

ーOK。ワタシしか描けない絵をね。-

キミはボクの意見に素直だ。
いや概してキミは、誰に対しても
素直だし、人の話を聴く力と
上手に取り入れる技術がある。

ーどう?ボクの人生は、どうだい?
 何か、気になる所はないかい?-

ーほら、あそこ、少し黄色があっても
 いいんじゃない・・・・と思うー

ーなるほど、ありがとう。
 ボクも・・・と思うー

キミは笑う。

君の笑顔は、この星の
生物進化のひとつの成果だ。

地上800階の空には
いろんなものが飛んでいる。

流れ星はひっきりなしに
レストランの窓ガラスという
窓ガラスに見えている。

キミの特技は、秘密だ。

流れ星を見た後
グラスに目をやると
グラスのワインの中に
流れ星のかけらを落とす
ことが出来る。

すると
ワインの原子の中の電子たちが
活性化し説明不能な
分解と結合を起こし
極上の味になる。

ーキミは、人でないものだなー

ボクは、それを問い詰めない。

問い詰めると、多くのおとぎ話が
教えるように
皆、星に帰ってしまうからね。

ボクは知らん振りをしている。
誰にも言わない。

特別不思議なことじゃない。

ボクだって地球人という
宇宙人だ。

青く輝くこの星の
地上800階のレストランで
違う星の宇宙人の二人が
ワインを飲んでいたって
いいんじゃないか。

今日という日は
宇宙にたった一度しかやって来ない
ということは、二人に共通しているんだから。

ーカンパーイ!-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »