« 12月のLove letter | トップページ | Dazai Osamu »

命を救ったひと言

ありがトン (CD付) Book ありがトン (CD付)

著者:さわとん
販売元:サンマーク出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

言葉は人の命を救うし
生きる屍のようになった人
を蘇らせることも出来る。

今日のNHKの
ほっとモーニングは
鬱をテーマにしていた。

冒頭、5階のビルから飛び降り
自殺を図り、奇跡的に助かり
今、鬱のカウンセラーとして
働く35歳のさわとんさんの
「生きてて良かった」と
声を震わせ涙ぐむシーンが
私をテレビに釘付けにした。
さわとんさんは「ありがトン」
というマンガを多用した
本を出している。

鬱になると文字も読む気が
しなくなる自身の鬱病の
経験を反映してマンガを
多用したのだという。

死にたい」は「助けて」なのだ。
そして、鬱になり仕事をやめ
離婚もし仕事も出来なくなり
5階のビルから飛び降りた。

これで楽になれると、全然怖くなかったと言う。


奇跡的に一命を取り留めた後
命を支え、かすかな光を取り戻してくれた
のが、彼の母だった。
何も言わず、一日中
ずっと付き添ってくれた。
こんな私でも見捨てず
愛してくれる人がいる
大切にしてくれる人がいる。

そして、退院後も
鬱との一進一退の生活中で
彼を決定的に鬱から
脱しさせてくれたのが
電車の中で出会ったおばあちゃん
だった。

何気にドアを開けて
入ってきたおばあちゃんに席を
譲る。

その後、おばあちゃんは
彼と共に電車にいる間の
20分程度の時間
何度何度も「ありがとうね」
「ありがとうね」を繰り返す。

彼は、その時、直感する。
こんな生きる価値のない私でも
何か人の役に立てる事が
できるかもしれない。

彼は、その瞬間、鬱を脱する。
おばあちゃんの心からの
「ありがとう」が彼を
蘇生させる。

その後、半年間、彼は、鬱のカウンセラーの
資格を取るため通い資格を取り現在に至っている。

11年間30000人以上の自殺者
の出ている世界でも類をみない
自殺大国日本。

ツレがうつになりまして。 Book ツレがうつになりまして。

著者:細川 貂々
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

番組では人気マンガ家の
細川てんてんさんの
ご主人の実話を素材にした
「ツレがうつになりまして」
のマンガを紹介。

鬱との戦い、鬱病になった
ご主人との生活での赤裸々な
感情と彼女自身の進化と
夫婦愛は感動的であった。

人は、徐々にあるいは
劇的に変化する。進化する。

|

« 12月のLove letter | トップページ | Dazai Osamu »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 命を救ったひと言:

« 12月のLove letter | トップページ | Dazai Osamu »