« 今年、最後の言葉 | トップページ | 高校サッカーと大学箱根駅伝から学ぶ。 »

新年の詩

2010p1190517太陽の力に憧れ
月の知性を慕い
我らは数百万年の時を
緑の惑星の上で
生きて来た猿族。

脳みその前頭葉だけを
異常増殖させたこの猿たちは
知性の業、自滅の業を越え
どこまで、シアワセになりうるか。
どこまで発展していくのか。

この星を見事に生かし
そしてやがて月に街を作り
宇宙にエネルギーセンターを浮かべ
1000年の寿命を持ち言語以外の
コミュニケーションスキルで
すべての種類の猿たちが
一番いい心根と
伝えるに値する
共有利益の最高判断を
瞬時に伝え合う
今だ、かっていかなる生物も
成し遂げたことのない
完全なる利己消滅による
自己実現という離れ技を持って
宇宙で一番良く笑う
よく歌い踊る猿として
宇宙中の生き物に愛され
慕われ尊敬される日を
そして我は、そこに至るかつての
祖先の猿として恥じない
あと2~30年を
りっぱな猿として
生きてゆきたいと
2010年の満月に誓う。

2010年1月1日見事な満月、美しい星空でした。皆様のいい年、祈ります。

ケーズ電気隣、立体駐車場、3Fより11:20PM撮影。

|

« 今年、最後の言葉 | トップページ | 高校サッカーと大学箱根駅伝から学ぶ。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
今年も素敵なコトバ、メッセージ私達に届けてください。
楽しみにしています。

投稿: samusun | 2010年1月 3日 (日) 09時54分

samusunさん

ハイ、あけまして
おめでとうございます。

実り多き充実した
楽しい一年になります事
お祈りいたします。

投稿: | 2010年1月 4日 (月) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年の詩:

« 今年、最後の言葉 | トップページ | 高校サッカーと大学箱根駅伝から学ぶ。 »