« 旅人は「カタツムリ男」が源流か | トップページ | 旅人 »

津軽三味線の導く物語

120cd3津軽三味線のジャケットに
現われた旅人は「カタツムリ男」の
スピリットを有し、それ故今、
偶然にも複雑な回路を経由して
津軽三味線に帰っていったのだ。

偶然という必然。
必然という偶然。
津軽三味線が導いた
私の人生の中の一つのストーリー。

|

« 旅人は「カタツムリ男」が源流か | トップページ | 旅人 »

人生」カテゴリの記事

コメント

なんか良いね、黒白のほうが好みかな!

投稿: A.Sakurada | 2010年1月12日 (火) 00時03分

背景を赤系で表現をすると
「斉藤真一」さんを思い出しましたが
悲しみとか悲恋とか
そんな感じな斉藤さんと違う感じです
それに
津軽三味線は物悲しいイメージですが
(荒れた日本海と吹雪など・・・)

これは力強く未来を感じます
心がブルブルと振るえました

投稿: ともぞう | 2010年1月12日 (火) 10時04分

sakurada様

そうですね。黒白の方がイラスト的には
ボクもクオリティーが高いと思いますが
裏面とかのトータルなデザイン、奏者の
希望、思いなど総合的に判断して赤バック
にジャケットはなります。よろしく!

投稿: nakamura | 2010年1月12日 (火) 10時49分

ともぞう様

斉藤真一の赤と
この赤、私の思いなど
これほど的を得た
感動的な評はないでしょう!
ありがとうございます。

投稿: nakamura | 2010年1月12日 (火) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津軽三味線の導く物語:

« 旅人は「カタツムリ男」が源流か | トップページ | 旅人 »