« 高校サッカーと大学箱根駅伝から学ぶ。 | トップページ | 仕事始め »

朝は友と街中の温泉「喜盛の湯」正月の意味

72img_0106 昨年末から、新年にかけて
毎朝温泉浸かり。

鼻かぜにやられ
サウナと水風呂で
ウィルス退治をしている。

今日は東京から帰省の
中学、高校の同級生と
朝温泉。

サウナでは箱根駅伝を
見ながら汗を流し
温かい温泉に浸かっていれば
冬の冷たい風も心地よい。

話も尽きず
良き新年。

上がってガラス張りの食堂で
アイスクリームとコーヒー
を飲む。

窓の外には、新幹線が走っていく。
もう帰省ラッシュは
始まっているんだろうか。

間延びしがちな
退屈な人生に
いくらかでも
張りと新鮮さを呼び覚ます
工夫としての盆暮れ正月。

それは、生きていることに
感謝を思い出させる日
軟体動物の私どもに
節を与えてくれる日だ。

大いに正月に浸ろう。
今日一日。明日から仕事だ。

|

« 高校サッカーと大学箱根駅伝から学ぶ。 | トップページ | 仕事始め »

人生」カテゴリの記事

コメント

お世話になりました。楽しいひと時でした。

投稿: A.Sakurada | 2010年1月 7日 (木) 00時23分

A.Sakurada様

ハイ、また。
上京の際は、よろしく!

投稿: nakamura | 2010年1月 7日 (木) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝は友と街中の温泉「喜盛の湯」正月の意味:

« 高校サッカーと大学箱根駅伝から学ぶ。 | トップページ | 仕事始め »