« 中学での講演会質問「やる気が出なくて頑張れない。続かない」って質問 | トップページ | 『持続する力とは、意味のないことを、やり続けられること。』 »

「谷まさる」と「モード学園」の凄さ

Genki_041123_2数日前、テレビでモード学園の谷まさる氏が
特集されていた。

釘付けになった。
話すことが明快で
学園のシステムが
明快で、軸がしっかりしていた。

モード学園は100%就職。
驚異である。社会で通用する技術と
企業人、クリエーターとしての
厳しさを完全に教育できているのだ。

谷氏は言う。
「モード学園では、2つのことをやって
 もらうだけでいい。
 一つが、授業に参加する。
 もう一つが課題を提出する。」

 なんという自信だろう。
 課題量は凄く、生徒のファッション、髪は今風だが
 みんな礼儀正しく、授業は厳しく真剣だ。
 すごい学校を作ったものだ。

 そして、さらに言う。
 「出席をする。課題を出す。それでもダメなのは
 生徒のせいじゃない。教育のせいだ。」
 潔い。学費泥棒でない。立派だ。

 さらに、さらに言う。
「できる人だけついて来いは、教育じゃない。
 みんなを社会に出してやる。」

谷氏の「自分の20才頃より
    今の子達は、みんな目的感があって
    しっかりしていてものになる。」
という言葉がさわやかだった。
「今の若いもんは」とか「昔は」とかすぐ言う
その辺の爺さんとは違う謙虚で、飾らず
温かい眼差しのステキな67歳。

100%就職のモード学園、恐ろし!
単純明快な人は恐ろしい。

モード学園
1966年4月に谷まさる(本名:粕谷勝)が創設した
名古屋モード学園が発祥。

現在は実弟である理事長の粕谷俊彦と二人三脚で経営し、
コンピュータ・ファッション・医療の専門学校が
東京、大阪、名古屋、パリにある。
講師を含めた教職員は1,200人。
生徒総数は約15,000名(うちモード学園パリ校1,000名)。

|

« 中学での講演会質問「やる気が出なくて頑張れない。続かない」って質問 | トップページ | 『持続する力とは、意味のないことを、やり続けられること。』 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「谷まさる」と「モード学園」の凄さ:

« 中学での講演会質問「やる気が出なくて頑張れない。続かない」って質問 | トップページ | 『持続する力とは、意味のないことを、やり続けられること。』 »