« しっかり頑張ります! | トップページ | 子犬と牛と羊のケツ見る »

画家「澤田哲郎」さんについて

Sawada_img_0398 神奈川の相模原で東洋医学の治療院を
開院している兄が、東京は錦糸町で
勤務の整体士をして中野区に
住んでいた頃の話だ。

今から、もう20年以上も前になるだろうか。

兄は、澤田哲郎の医者である奥様の耳鼻科医院で
奥様と彼女のご友人2~3人を、日曜日に
長きに渡って治療を施していた。

兄は、私と違って体を鍛えるのと
医学書を読むのが趣味と言う
根っからまじめな誠実な人間なので
その人柄と治療方針、治療理論、治療方法が
信頼されていたのだろう。

兄は絵をやっていた私の勉強になるだろうと
ある日、一緒に連れて行ってくれた。

病院の2階がご主人の澤田哲郎のアトリエに
なっていた。

兄の治療を終えた後、
奥様は、私にお勉強にと
既に亡くなっていた澤田哲郎のスケッチブックや
様々な作品、澤田のトレードマークにもなっている
葉書2枚分の大きさであるサムホールのキャンパスに
描かれた無造作に本棚にぎっしり詰まった作品を
取り出しては、見せてくれ、在りし日の
澤田哲郎を懐かしみながら、たんたんと
彼のことを話してくれた。

その後、麻布のどこかの小さなギャラリーと
六本木のストライポ美術館での大展示会と
二つ見た。無数のサムホールが、額に入れず
数珠繋ぎに巨大なタペストリーのように
1階から4階まで展示され、それは
壮観な展示会だった。

兄の相模原の中村治療院には
奥様からもらった「澤田哲郎」の
サムホールの作品が一枚掛けられてある。

|

« しっかり頑張ります! | トップページ | 子犬と牛と羊のケツ見る »

人生」カテゴリの記事

コメント

はじめまして 鈴木みなこと申します。
先日他界した父と澤田さんは長く親交があり、私が子供の頃 よく医院のスタジオにつれて行ってくれました。澤田さんは数多くに絵と絵の具にの間に座られていて
豪快な笑いが印象でした。家のリビングルームに大きな澤田さんの絵がかけてあり
ました。
小さかったのでご家族はのことはわかりませんが今もご連絡が取れるのでしょうか?
おしえていただくと助かります。

投稿: Suzuki Minako | 2015年12月 5日 (土) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 画家「澤田哲郎」さんについて:

« しっかり頑張ります! | トップページ | 子犬と牛と羊のケツ見る »