« 経営者、あるいは組織のトップに必要なもの | トップページ | 喫茶ラーガで、一輪挿しを買う。 »

漫画、横山光輝「水滸伝」。「宋江」という男のすごさ

11061112_472fcd8e60606 戦う力、腕力には抜きん出ていなくとも
皆が宋江に従い、敬慕し
荒くれ豪傑どもを率いる頭領となり
梁山泊の砦を率いる。

人の力、人格の力に魅せられた
衝撃的漫画だった。

小学高学年から
中学にかけて
何度も何度もみた。

「宋江の力」とは、
「人の力、能力を賛嘆する力」だった。

荒くれ豪傑どもは
自分の持てる特徴、能力を
宋江率いるその組織で
発揮した。宋江と触れ
宋江に期待され信頼されることで
力をつけ、能力を増していった。

宋江の力は、すごい。

|

« 経営者、あるいは組織のトップに必要なもの | トップページ | 喫茶ラーガで、一輪挿しを買う。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

一応女ながら。。。おっとこらしい部分も大いにあるアタシは
「三国志」「水滸伝」系が大好きです^^
マンガももちろん読みましたが、どちらも北方謙三が最高だと思います。
水滸伝はマンガ以外は北方さんしか読んでいませんが
三国志にいたってはかなりの著者数を読みました~
北方三国志の人物描写にはほれぼれします。
北方水滸伝。。。あれほどワクワクしながら読んだ本はないくらいです。
ハリー・ポッターも1~3巻まではドキドキワクワクの連続でしたが。。。
茂木さんの「あなたにもわかる相対性理論」アタシには
ちょいと難しいのですが
所々キラリと光る文章を楽しんでいます。(まだ途中です^^;)
長々とコメスミマセン (*_ _)ペコリ ♡

投稿: ビバ | 2010年3月14日 (日) 22時30分

ビバさんへ。

相当な三国志、水滸伝ファンですね。
びっくりです。
そうですか、北方水滸伝、そうですか。
いや、読みたくなって来た。

茂木さん、最後の章の相対性理論の説明は
場合によっては、飛ばしても
構わないと思います。
気になるのであれば、
流し読みしてください。

投稿: nakamura | 2010年3月14日 (日) 23時57分

そーなんです^^
三国志や水滸伝にはかなり熱いんですが。。。語れる相手がなかなかいないんです。
マンガ「墨攻」も面白いです。
宮城谷昌光の「太公望」も。。。
日本の戦国、幕末ものも大好きです^^

北方「水滸伝」の続編「楊令伝」がすでに12巻目刊行中。。。
水滸伝の面白さは超えられませんが続きを待っています。

投稿: ビバ | 2010年3月15日 (月) 08時28分

ビバさん

すごーい!研究家のようですね。
「ようですね」って、失礼!
研究家ですか。
まずは、北方水滸伝。
このメールに出てくるのも
メモしておきます。

ありがとうございます。

投稿: nakamura | 2010年3月15日 (月) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漫画、横山光輝「水滸伝」。「宋江」という男のすごさ:

« 経営者、あるいは組織のトップに必要なもの | トップページ | 喫茶ラーガで、一輪挿しを買う。 »