« 流れと勢いで「人命救助の自慢話」 | トップページ | 坂本健のライブ。 »

美術館に行って「感動」を書く。

P1190891 大学の先輩H氏から電話が来た。

現代アート、美術教育の大家だ。

県立美術館の一番広い空間、
グランドギャラリーで
自分の感動、成功体験を
カードに書いて壁に展示する
「Happier Project」
なるものを、彼が企画
仕掛けている。

案内葉書をもらっていたが
頭の中で会期を間違えていて
あぶなく行きそびれてしまうところ
電話を戴いて良かった。

心理学者アルバート・バンデューラの
「人はネガティブなことしか記憶に強く残らない。
 ほとんどの人は成功した体験が強い情動記憶として
 残らない」という発言も心にとめての企画。

成功体験の時の感情を鮮明に想起させ
それを肉体への刺激と関連付けさせ
肉体の刺激から逆に成功体験時の
感情をフィードバックさせるという
プロジェクトだ。

私も書いた。記名でも。無記名でもいいという。

私は無記名をセレクトし
私の人生の成功体験のベストは何かと
数十秒思い巡らし、数十秒で
殴り書いた。

考えすぎない方がいいだろう。
そっちの方が真実に近づく気がした。

私は書き終えると、指示通り
クリップで壁の格子に
くくりつけた。

P1190895 「20代の初め 
 人生に苦悩が消滅して
 苦労だけになったこと。

 人は進化できる
 変われると知ったこと。

 バンクーバーで
 絵画展ができたこと。」

|

« 流れと勢いで「人命救助の自慢話」 | トップページ | 坂本健のライブ。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美術館に行って「感動」を書く。:

« 流れと勢いで「人命救助の自慢話」 | トップページ | 坂本健のライブ。 »