« 盛岡観光。「本当、いいとこですね、盛岡。」 | トップページ | カッコイイ本!「ニーチェ」 »

清純なる女学生、川辺にて空に歌う。

Photo 大西民子の歌碑の一周年記念式典。
昨日来の東京からの客人がたを
駅前のホテルよりご案内。

上の橋の袂に、中津川河岸を望み
歌碑が立つ。

開式初めに、女子学生、数十名の
澄み渡る清涼な歌声を
この自然の中、空の下で聴くのは
なかなか格別な感がある。

千葉に住む姉とそのご主人が
歌で結ばれた。二人は、それぞれに
歌集も何冊か出している。

私も時に気まぐれで
人に我流の歌を、励ましの言葉
贈る言葉の替わり
戯れ言で作歌することがあるという
くらいで、歌のことも解らなければ
大西民子女史に及んでは
まっして何も知らない。

ただ、素晴らしい歌人のようだ。
盛岡二高の卒業生。
釜石で教員も。
その後、埼玉に移り
中央で生涯をすごした様だ。

こうやってふるさとに歌碑もでき
お弟子さんや友人、教え子たち
そして時を離れてこうして
作品を通して広がる多くの人達に
死しても慕われ称えられる人生。

それは、きっと、すばらしい生き方や
人生の時が、そこにあったのだろう。

|

« 盛岡観光。「本当、いいとこですね、盛岡。」 | トップページ | カッコイイ本!「ニーチェ」 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清純なる女学生、川辺にて空に歌う。:

« 盛岡観光。「本当、いいとこですね、盛岡。」 | トップページ | カッコイイ本!「ニーチェ」 »