« 山本玲子著「啄木うた散歩」 | トップページ | 盛岡観光。「本当、いいとこですね、盛岡。」 »

草原のスクリーン

Sougenn_0北に車を走らせる。
だんだんと家も建物も少なくなり
やがて、木々と草原が
広がる。

広い草原だ。5月の緑の波。
風も気持ちがいい。
車を止め、カメラだけ持って
腰掛ける。

海辺、防波堤に腰掛け
いつまでも海を見つめるように
草原を見つめる。

いろんなものが、いろんな人達が
見える。通っていく。

水玉のワンピースの少女が現われる。
こっちをじっと見ている。

キミは誰ですか。


麦藁帽子、虫取り網を持った少年も現われた。

大名行列が見える。黒澤明の回し者か。
あるいは江戸時代からタイムワープか?

鐘の音、笛、太鼓、お囃子、にぎやかな葬儀だ。
にこやかに笑顔の行列だ。
いかなる人の、いかなる人生だったのか!

白い犬がてくてく歩いていく。

老婆が乳母車を押して向こうからやってきた。
あれは、誰?母?

いや、1984年に亡くなったお春おばちゃんじゃないか!

母が大好きだった、この世でたった一人のお姉さんだった。
笑ってる、ずっとしあわせだったんだね。
良かった。

あれ、口にタオル巻いて、棒を振り振り、
なんだあの行進は?

「安保反対!チンポ反対!安保反対!チンポ反対!」

あっ、小学4年生
悪がき、マサユキとカズアキ、私じゃないか!

|

« 山本玲子著「啄木うた散歩」 | トップページ | 盛岡観光。「本当、いいとこですね、盛岡。」 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草原のスクリーン:

« 山本玲子著「啄木うた散歩」 | トップページ | 盛岡観光。「本当、いいとこですね、盛岡。」 »