« 現在進行形のフォルダと本棚 | トップページ | 夏、来たり。夕日舞う、さんさ踊り。 »

吉永賢一氏の「東大家庭教師が教える頭が良くなる読書法」完読!

P1250064_2 今日、マックにて完読。

数日前に、読み始めの途中
感想をアップしましたが
読み終えた本日も同じ感想
印象です。

つまり、この本は、本の読み方を通して
学び方全体まで自然と言及しており
さらにいうなれば
どう自分と自分の人生を豊かに楽しく
させるかを説く自己改造・自己進化教書
ですね。

本書中身は詳しく触れませんが
吉永氏が、カーネギーの原則を
実行してない場面で
「こうすれば良かった」という
姿をイメージする
メンタルリハーサルなるものを
すでに小学生、中学生時代から
行なっていたというのは
恐ろしい。

間違ってカーネギーの書物を小・中時代に
読む子はいるかもしれないが
このメンタルリハーサルなる
イメージトレーニングを実行し
中学時代にはカーネギーの「人に動かす」に
書いてあった原則を手帳に
書き写し、持ち歩き、何度も読み返すことで
無意識に染み込ませようとしていたというのは
驚嘆ものである。

吉永氏が考える「頭の良さ」とは

「問題」を解決し
「望み」を叶えることで
 自分自身を改善していく

ことだという。

まさに偏差値93、東大理Ⅲ合格したという
勉強的な頭の良さ以上に、
生きる力、自己変革力に満ちた
真の「頭が良さ」を持った人間と
「東大・・・・」三部作を
読んでの感想だ。

吉永賢一著
「東大家庭教師が教える頭がよくなる読書法」
お勧め。

|

« 現在進行形のフォルダと本棚 | トップページ | 夏、来たり。夕日舞う、さんさ踊り。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉永賢一氏の「東大家庭教師が教える頭が良くなる読書法」完読!:

« 現在進行形のフォルダと本棚 | トップページ | 夏、来たり。夕日舞う、さんさ踊り。 »