« 「26年と2か月  石川啄木の生涯」の第2版出来! | トップページ | 吉永賢一氏の「東大家庭教師が教える頭が良くなる読書法」完読! »

現在進行形のフォルダと本棚

Huxoruda_p1250063 同時進行でいろんな
仕事をしていると
作り掛けの文書探しに
無駄な時間を費やす時が
多々ある。

ジャンルに関係ない
「作業中フォルダ」を作る。
そこに進行形は全部、入れとく。

簡単な事だが
閃かなかった。

吉永賢一氏の「東大・・・・読書法」
にもあったが、本をジャンルで
収納せず、読みかけ、読もうと思っている
本をまとめておくというのも
本質的に同じ発想。

これは、私もやっている。


私のアトリエの本だなの位置
収納は大きく分けて

1.時間があれば読もうと思っている本グループ
2.読んだがアトリエにおいておきたい本グループ
  (人に紹介したり、自分でも時にパラパラめくりたい
   心情的置いておきたい本)
3.時々、パラパラめくりたい本。自分をリフレッシュしたり
  元気をつけたり、心や脳を刺激する本グループ

4.1~3以外はアトリエ以外の通路や他の部屋の本棚。
  ここはジャンルで収納。

尚、本は、ブックオフ等に持っていっても安いので福祉バンクに寄付します。

|

« 「26年と2か月  石川啄木の生涯」の第2版出来! | トップページ | 吉永賢一氏の「東大家庭教師が教える頭が良くなる読書法」完読! »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現在進行形のフォルダと本棚:

« 「26年と2か月  石川啄木の生涯」の第2版出来! | トップページ | 吉永賢一氏の「東大家庭教師が教える頭が良くなる読書法」完読! »