« 私がこの人生で、目指しているもの | トップページ | 婦人雑誌ってためになる。 »

「ステキな旅先、ステキな宿で、美味しいものを食べる」ことを、諦めねばならないのか。

Img_811298224b7a042733f61 病院で雑誌「サライ」を読む。
旅雑誌だ。
雑誌経営が難しい中、続いているのは
特集が良いこと、旅への憧れを
起こすことに成功しているのだろう。

この号での特集は
「一芸際立つ個性派、美術館へ」だ。

日本中の、個性的
魅力的な個人美術館。
そして、そこを訪ねる旅の宿。

ステキな佇まい。
おいしそうな料理。

いいな~!

まてよ、って思った。

俺は、まだまだ、まったく
 ステキな場所も宿も、美味しい料理の数々も
 まったく行ってない、食べてない!-

 なんで、このステキなここは、そこは存在して
 自分も今、ここにこうして生きて存在しているのに

 そして、

 こういう所を訪れ堪能し美味しいものを食べて
 いる人達もたくさんいるであろうに

 みんな「一つの人生」を授かって
 何で自分の人生に、たくさんのステキな旅と宿と
 絶品の美味しい料理、それがないのか?
 なんで、自分はそこに行かない?行けない?
 そしてそういう人生になぜ黙って
 甘んじて生きているんだ。

 それ、おかしくないか!?
 俺、おかしくないか!?

 俺は、甘んじないぞ、
 甘んじる必要があるのか!?-

血圧が高くなって
少し、頭がおかしくなったか
私は、待合室のロビーで
旅雑誌「サライ」のステキな宿の
おいしそうな料理を見ながら
興奮していた。

|

« 私がこの人生で、目指しているもの | トップページ | 婦人雑誌ってためになる。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ステキな旅先、ステキな宿で、美味しいものを食べる」ことを、諦めねばならないのか。:

« 私がこの人生で、目指しているもの | トップページ | 婦人雑誌ってためになる。 »