« 灯台 | トップページ | ようこそナカムラユウコウのコトバカフェへ »

RICOHのデジタルカメラのコピーから学ぶコトバの力。

2kamerajpg 雑誌を見ていたら
ステキなコピーと出会った。

  退屈なのは
 世の中か、
 自分か。

ネガティブな物言いで
ポジティブな思いを
浮き立たせるという
技ありコピーだ。

これを
ポジティブで
普通の言い方をすると
「世界はわくわくする
 エキサイティングに
 満ちている。
 さあ、チャレンジ精神で
 ポジティブシンキングで
 この世界を生きよう!」
となる。

なんと、凡庸で聞き慣れており
感動、新鮮味、インパクトが
ないことだろう。

言っていることは
同じなのに、言葉とは
これだけ違うのだ。

何を言うかでなく
どう言うかこそが
重要なのだ。

絵、イラストだって同じだ。
何を描くかでなく
どうか描くかが
力であり、個性であり
作家性だ。

 

|

« 灯台 | トップページ | ようこそナカムラユウコウのコトバカフェへ »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RICOHのデジタルカメラのコピーから学ぶコトバの力。:

« 灯台 | トップページ | ようこそナカムラユウコウのコトバカフェへ »