« 夕暮れ。復習。 | トップページ | 人生のモデル。二つのドア。あらっ、さりげにドラちゃんだ。 »

ポリフェノールの効用。赤ワインとコーヒーにはいっぱい!?

手に持っている書類や車のカギを探していたり
物を取りに入って部屋で、何を探しにきたのか
忘れたり、そんな思い出、ありませんか?

Imagecadl8vlwそんな笑える思い出ばかり。
特に最近、増えてきている気がします。

アルツハイマー病は、記憶の一時保管
海馬の収縮による近い記憶の障がい。

昔の話は覚えていても
さっき食べた朝ごはん食べてないと
怒ったり、いじけたり、泣いたりする
何度も、同じ話をするおじいちゃん、
おばあちゃんがいるわけです。

人間を始めとする動物が、赤ワインに豊富に含まれる「ポリフェノール」を摂取すると、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用、ホルモン促進作用が向上する言われている。

なお、日本人が最も多くポリフェノールを摂取している飲料は、2009年にお茶の水女子大学とネスレ日本の共同研究・調査により、コーヒーが最も多かったという結果が提示されている。 

同量のコーヒーと赤ワインに含まれるポリフェノールの量は拮抗しており、近年ではアルコールを含まないポリフェノール飲料としてのコーヒーへの注目度が上がってきている。

以前からわかっているポリフェノールの効用

脳梗塞や動脈硬化の予防効果
●活性酸素の抑制効果
●血中のコレステロールを抑制する効果(高血圧の予防)
●肝機能の向上効果
(肝機能が向上することにより脂肪を分解する機能も向上)
●ホルモン促進作用
●殺菌効果
●糖尿病の改善効果
●抗酸化作用(細胞の老化を防ぐ)
●がん予防(消化器系)の効果  などなど。

ポリフェノールはワインだけに含まれているわけではなく

厳密に言うとその材料であるぶどうに含まれています。

その他にはどのようなものに含まれているかというと、実は
ポリフェノールはどの植物にも含まれています。野菜や果物に
は必ずポリフェノールが入っているのです。すべての植物に入
っているのですが、それぞれに含まれる量は変わってきます。
ポリフェノールを多く含む物の特長として、渋味や苦味が強い
もの、その植物の色が濃いものがあげられ、その中でも表皮、
種子に多く含まれています。

赤ワイン・コーヒー以外のポリフェノールが多く含まれるもの

671311pm01_4111203_2 ●緑茶
●ゴマ
●大豆
●りんご
●タマネギ
●ブルーベリー
●生姜
●ウコン
●柿
●プルーン
●イチゴ
●カカオ(チョコレートやココア等)
●紫芋

ポリフェノールは熱に強く、壊れにくいので調理する際に気を
つけることは特にありません。上記でも書きましたがポリフェ
ノールは皮の部分に多く含まれています。

果物などを食べる際は皮ごと食べられるものを選択するのも良
いかもしれません。ブドウなどは皮まで食べられるもの、ミカ
ンやグレープフルーツよりもりんごを選ぶとか、皮ごと煮てジ
ャムやマーマレードなどに加工するのも良いと思います。

ただ、ポリフェノールを多く含んだものだけを食べる事は偏っ
た食生活になりやすいので注意しなければなりません。

果実などに多く含まれているので食後のデザート感覚で食べる
ようにするとうまく取れると思います。赤ワインにも含まれま
すが飲みすぎには注意が必要です。いくらポリフェノールが身
体に良いからといってアルコールの摂り過ぎで身体を悪くして
しまいます。ボケ防止を理由に、お酒の飲みすぎには気をつけ
てください。

|

« 夕暮れ。復習。 | トップページ | 人生のモデル。二つのドア。あらっ、さりげにドラちゃんだ。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

<論文捏造>名市大准教授、懲戒解雇 老化研究で画像改ざん
毎日新聞 3月20日(火)2時2分配信
 名古屋市立大は19日、老化防止研究などの論文に改ざんや捏造(ねつぞう)があったとして大学院医学研究科の原田直明准教授(44)を懲戒解雇、監督責任者として岡嶋研二教授(58)を停職6カ月の処分にした。名市大の調査専門委員会によると原田准教授は熊本大研究生時代(05年)の1本を含む計8本の論文で過去の実験画像を新しいものとして使ったり、画像に手に加えたという。原田准教授は「論文作成中に、仮に作成したものを誤って使ってしまった」と説明しているが、調査委は信用できないと判断した。

監督の教授停職 岡嶋教授が責任著者を務めた論文19本で画像に手が加えられたり、他の実験画像の流用が判明した。調査委議長の今川正良副学長は「岡嶋教授の不正関与を裏付ける証拠はなかったが、本人が不正に気づいていなかったとは考えられない」と述べた。

 処分された2人は育毛や老化防止、認知症予防に役立つ物質を研究。学外から指摘があり、昨年3月から調査委が調べていた。戸苅創(とがり・はじめ)学長は「研究機関としてあるまじきことで大変遺憾。早急に再発防止に努めたい」とのコメントを発表した。【河出伸】

投稿: とおりすがり | 2012年3月20日 (火) 09時53分

とおりすがりさん

情報たいへんありがとうございました。
岡嶋教授の件は、情報全体に
不信感を感じますので
引用、紹介部分を削除しました。

ありがとうございました。

投稿: nakamura | 2012年3月20日 (火) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポリフェノールの効用。赤ワインとコーヒーにはいっぱい!?:

« 夕暮れ。復習。 | トップページ | 人生のモデル。二つのドア。あらっ、さりげにドラちゃんだ。 »