« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

宮本武蔵「五輪の書」

Img086_2 吉川栄治の宮本武蔵
何度か読んだ。

井上雄彦 著/吉川英治 原作
バカボンド33巻読んだ。

去年かな、今年だったかな。
34巻は、いつ発売だろう。

年内に、バカボンドの終了を
この5月に井上雄彦は宣言している。

今日は、DVDで、
「その時歴史は動いた。宮本武蔵 五輪の書」
を観た。

おもしろかった。

地の巻、水の巻、火の巻、風の巻、空の巻
の5巻からなるから五輪の書というのだと言う。

空の巻は、武蔵の会得した真髄が書かれていると言う。
迷いのない澄み切った心を表していると言う。

1974年。五輪の書は、アメリカでビジネスマンに
智恵の書としてベストセラーになった。

死ぬまでの2年近く細川藩、熊本の郊外の霊岩洞の中
ろうそくの灯りで命をかけ、命を削り
書上げた一人の武士の、人間の魂の書。

そして、62年の生涯を閉じた。

「ささいな事から、大局を判断せよ」
「水を手本とし、心を水のようにせよ」

60回以上、命を懸けたぎりぎりの
戦いの全てに一つ例外なく勝ち続けた人間の
「戦いに絶対勝つ方法の秘密」が
この本の中に詰まっているのだろう。

一見の価値あり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人間関係、社会、人間の中で生きる大切な二つ

Img085今日は、ある中小の社長さんと会い
話題、さまざまに及んで
社員の遅刻・欠席について語る機会が
ありました。

今回、ここでは「遅刻」について、
「時間を守る・守れない」
について、今日、お茶を飲みながら
話題に出たことも含め
私のそれに関する考察を
自戒や反省も込めて
述べます。

採用・選出・評価基準       サラリーマンは30分前以上に出社すべし  

何も面倒な事はありません。
仕事を一緒にする人を選ぶ時
あるいは
何かを人生において一緒にやろうとする時
誰かを採用する立場になった場合
「時間を守る」「時間を守れる人間」かが
最も基本的な一番の大切な基準ですね。

約束した時間や、会社や学校の始業時間に
よく遅れる人は、慢性的に遅刻癖のある人は
全面的に信頼、信用するのは危険です。

危険といっても
大切な仕事を頼む
大事な事をお願いする
大切な仕事やビジョン、あるいはプロジェクトの
同志として、スタッフとしてその何人かを選ぶ
あるいは、給料払って人を雇うという時に
危ない、要注意だという程度の事です。

仕事の出来る人・出来ない人

教員6年、予備校6年の
12年間のサラリーマン生活で
遅刻する人間で仕事を出来る人を
私は、見たことがありません。

遅刻しない人に、仕事の出来る人
出来ない人はいるかもしれませんが
会社や職場に遅刻する人で
仕事が出来る人とは、これまで
ついぞ出会ったことがありません。

それほど、「時間を守る」「遅刻しない」
というのは、人を選別したり、選出したり
評価したりする、その人の社会的
仕事的能力の総合判断基準として
確かなものだと思っています。

「時間を守る、時間に遅れない」人のすごさ

「時間を守る」「時間に遅れない」という
その事実に、習慣にその人の人間としての
基本的総合力がでます。

物事や人に対する心の持ち方、誠実さ、
ベースとして何事へもの真剣さ、まじめさ、
意欲などの心の部分の全体値が現われます。

人が伸びる最も大切な基本力、人間力。
それは、真剣さ、まじめさ誠実さ
なんですね。

これが一番現われることの一つが
やっぱり、時間を守る、遅れない
ということです。

それが、人の話を聞ける
吸収出来る素直さにも通じていく。
だから変っていける、進化する
成長する、伸びる。

真剣さが違い
感謝の度合いが違い
感度が違う。

だから、上司や先輩、先生
友人の言葉が聞けるし
その言葉が脳と心に入っていく。

変化する、進化する、成長する。

ちょっとした才能よりは
この誠実さの方が
やがて仕事も出来るようになるし
才能も開かれ技術も高まり
強さも凄みも出てくる。

いずれ時間にきちんとしている人は
とてもステキです。大人です。信用できます。

時間に遅れるのを、たまに若い人で
愛嬌とか、大らかさ、物に動じないとか
個性とか、憎めない可愛さとかと
勘違いしている人がいますが、いつの日か
時間に遅れることの、かっこ悪さ、悲しさ
情けなさ、だらしなさ、さらには遅れることで
相手や会社、組織、仲間や友達に与える
迷惑や時間的ロス、さらには
それに伴う精神的ストレスなどに
深く心から気づいた時
穴があったら入りたいと
思う日が来るでしょう。

人間関係、社会、人間の中で生きる大切な二つ

まず、
「友達には死んでもお金は借りない。」
というのと同じくらい
「友達や人との約束の時間は守る。
 会社、学校には、遅刻しない。」
というのは大切に考えましょう。

これが、人間関係に於ける
基本であり、社会人としての
最重要事項の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬が来る。車に飛び乗る、豆禁断症状。

P1290135インスタントでなく                      風光社内より撮影
コーヒー豆ドリップコーヒー
禁断症状。

というよりも風光社の豆の
禁断症状といった方が
正確かもしれない。

先週は、休みだった。

衝動的に、車に飛びのる。

山は、初雪が降り
数日前からの
急な冬の寒気で
一気に紫色に。

冬が来るんだな。

帰ったら
冬物のフリーズや
ダウン類を出そう。

冬支度だ。

夜、弟と写真家の友人と彼らの
12月の展示会の打ち合わせ。
二人にも土産に豆とドイツパンを買う。

クリスマスからの一週間の展示会。
一年があっという間に終わるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい人達。私はとてもいい所に住んでいる。

P1280993 早朝、朝もやの中
ひんやりとするこの冬の時期でも
すぐ近所の徒歩3分の所にある
広い広い運動公園は、
散歩のメッカ。

P1290107_2 こうやって毎日
散歩する人達は
しっかり自分の健康と
自分の人生を管理する
優秀な人達なんだろう
と思う。

たまに、写真を撮りに来た
私は、感動する。

落葉の中には、大きな銀杏が
転がっていた。

うまそう!匂いはきつい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自分で書く自分の弔辞。

084 午後、ふと見たTV「ドラクロワ」
おもしろかった。

おデブのお笑い三人娘森三中の
司会進行。

ドラマチックな苦労話を
視聴者から募集して
番組を構成している。

午後3時過ぎだったな、
この時間帯だと再放送かな?

自分に対して弔辞を書き
読んで欲しい人を決め
それを、とりあえずは
自分で読むというもの。

これはなかなかいい試みだ。

ありたい自分、成就したい人生の
一工夫の気づきの実験だ。

私も、私への弔辞を読んでもらいたい人に
読んでもらいたい内容の弔辞を
作文して見ようと思う。

おもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本屋に行けば、買ってしまうよね。

Photo 2冊の絵本。
「岸辺の二人」は、
数年前、米アカデミー賞か
何かで、特別賞を受賞した
ショートフィルムを絵本化したもの。
ネットでそれを見て、PC画面を
何枚かの写真に納めてましたが
絵本になった実物を本日ゲット。

P1290100_2 「水おとこのいるところ」
数あるステキな絵本の中で
本日一番の一目ぼれ。
すばらしい絵です。

それと、この前、神奈川の兄と
電話で話している時、話題に出た
「お釈迦様の脳科学」
P1290101_2 おもしろかった
と言うのでゲット。

そして「怒らないこと」
これはたまたま、タイトルが
シンプルで、装丁もピットきてゲット。
スリランカの仏教学者らしい。

今回は、偶然、仏教ずくし。

P1290102_2 いずれ、今から、4冊
堪能します。楽しみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日、25日。東北最大級の書店Ms'EXPOが、すぐそば、散歩コースにやって来た。

Dscf9746_2 私のアトリエはとても
住み易い環境だ。

歩いて20メートルのところに
ホームセンターがあり
日常の大工道具から
文具、さまざまな生活用品OK。

ケーズ電気は徒歩3分
ヤマダ電機も先月自転車で
3分の所にやってきて
全国でも話題になるほど
スーパーもたくさん。

美味しい食堂
オシャレな喫茶店もたくさん。

ゲオも近くて
音楽と映画と漫画のレンタルOK。

盛岡駅も高速の乗り口も近く
さらに近くに駅まで出来た。

何せ、極めつけは、朝方の私の
朝のコーヒータイムに合わせて
4年前、私が越して来た翌日から
徒歩3分のマックが10:30からの営業が
突然、朝6:30に!オーマイ・ガット。

そして、止めを刺すが如く
朝9:00から24:00まで営業の
東北最大級の本屋が、今日やって来た。

ネットに打ち勝つための
断トツの実物での品揃えと言う
コンセプトで一周するだけで
ぶらぶらするだけでいい運動になる。

健康づくりのために
毎日本の迷路をお散歩なんて
本好きの人間にはたまらない日課だ。

私は、なんてしあわせもんなんだ。
たまんね~!

それと関係者にお願い。
本屋の中の喫茶店。
コーヒー、350円でなく
300円にしてください。
そうでないと、やっぱり
車3分走らせ
マックプレミアムローストコーヒー120円
に行っちゃいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「人と関わること」と「脳の発達進化と思考力の高度化と総合化」

Nakayosi_img081 人と関わること。
もちろん人との関わりなしでは
生きてはいけないけれど
意志的に意図、意欲、
情愛を持って
人と関わらねばならない。

もちろん
恩恵を蒙る
守られる
育てられる
面倒見られる
そういう関わり方でもいい。
人の初期の段階には
そういう関わり方も
多いだろう。
また、時期においては
そういう受け取る関わり方も
多いこともあるだろう。

それは、それで
いい。

人は、完全に比例で
右上がりで進化する
強くなり続けるわけではないからね。

時に、カーブしたり
右下がりになったり
でも全体としては
右上がりの人でありたい。

そして、さらに、
人とのかかわり方として
対等の関係は楽しい。

それは、友とか親友とか
気の許せる友とか
敬愛するライバルとか
切磋琢磨する好敵手
おまえがいるから
オレも進化できる
出来たという良き敵。
そして、対等な関係として
志やビジョンや
夢を共有する同志とか
その関係も楽しい。
感動することも多い。

そして人が人たるが故の醍醐味
人が本当の意味で大人になる
人とのかかわり方は「育てる」だ。

これは、未来志向の意志の元
より自分でない者を
発展させたり、成長させたり
能力を開かせたり
楽しく生きさせたりする行動を
自分以外の者にエネルギーを注ぐ行為だ。

自分の興味が自分の生活
自分の未来にだけ
自己完結したもの
意識が自分にだけ集約し過ぎては
危ない。いつか、転がる。
あるいは転がった時怖い。
何も止めてくれものが自分の住む世界にない。

人との関わりは
不測の連続であり
一番、脳を進化させる。

特に「育てる」というこの人との関わりは
人を力強く、深く高く賢く進化させる。
本当の人生の智恵と深みと温かさを
持ってその人格を芳しく眩しくさせる。

人生の中に、「育てる時」を
「育てる人」「育てる場面」を持て!

自分の生活と人生だけでも
皆、一杯いっぱいかもしれない。
そういう人もいるかもしれない。
でも、自分の生活、人生で人を育てよ。

面倒を見、世話をし
情愛を持って守り、見守り
育む作業の労力の時を
生活と人生の中に
割り込ませよ。
スケジューリングせよ。

バランスの良い、健全で
人として思わず敬愛したくなる
真の賢さの輝きを放つ人格の形成と
脳の発達、進化のために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年12月31日までやること。やりたいこと。やらねばならないこと。

723jpg・お金をいくら貯めますか?
・なんの借金片付けますか?
・未払い、未納はありませんか?
・誰にちゃんと「ありがとう。」を言いますか?
・誰に勇気「ごめんなさい。」をしますか?
・誰にどんなプレゼントをしますか?
・誰にどんなお礼をしますか?
・誰をどう楽しませますか、喜ばせますか?
・手紙やハガキ出しておきたい人は?
・写真やDVD、CDなんか送る約束してませんか?
・対処しなければならないトラブルは?
・すっきりしたいわだかまりは?
・心にもやをかけ、重くしているものは?
・心の思いのどういう事を整理しますか?
・どこに旅行に、旅に行って来ますか?
・家の中、部屋の中、何を捨て、何をあげ、何を寄付しますか?
・本や雑誌の
整理は?
・資料や書類の整理、処理は?
・PCのフォルダの整理や処理は?
・麺棒と掃除機でPCやPC周辺機器のおそうじは?
・CDやDVDの整理は?
・お風呂場の掃除や模様替えは?
・冷蔵庫の中と、台所の整理と掃除は?
・洗面所、洗面道具の整理と模様替えは?
・玄関の模様替えは?
・小屋で捨てるものと整理は?
・部屋の模様替えは?
・アトリエの模様替えは?
・デスクと書斎の整理、模様替えは?
・夏物、冬物の整理や処分や入れ替えは?
・自動車の大掃除は?
・来年のカレンダー、手帳の選定は?
・来年の計画や、やることリストは?
・年賀状のデザインは?
・名簿や名刺、お手紙の整理は?
・借りてるもの返しましたか?
・何キロ痩せますか?
・血圧や血糖値や、コレステロールの数値は?
・どこまでステキになりますか?
・どの部分をどう年内に自分を革新させますか?
・楽しく生きられる自分にどこまで成長、進化させますか?
・自分も楽しくてたまらず、人にもエネルギーを与えられる大人に
 どこまで近づきますか?
・書きたいことはないですか。今年書くべきこと、今年しか書けない事は?
・今年しか描けないもの、描くべきものは?
・今年しか作れないもの、作るべきもの?
・みたい映画、DVDは見ましたか、何ですか?
・買いたい本、読みたい本は、買いましたか、読みましたか?
・会いたい人、会っておきたい人は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノルマとメニュー

Img079私には、この人生で
どんなノルマがあるのだろう?

私のこの人生での
トレーニングメニューは
どんな内容なのだろう?

あなたには、この人生で
どんなノルマがあるのだろう?

あなたのこの人生での
トレーニングメニューは
どんな内容なのだろう?

一枚紙を出し
ペンを持ち

「私の人生のノルマ」
「私の人生のトレーニングメニュー」

と紙の上に書いて見て下さい。

そうすると何かが
サムシンググレートか
何か解りませんが
降りてきて
ペンを動かし紙を
埋めてくれるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒー豆を山の麓に買いに行く。山は、今だ、黄葉は成らず。

P1280940 コーヒー豆を買いに
岩手山の麓
小岩井の風光社に向う。

本日休業。

そばの手作りドイツパン屋
に向う。

本日休業。

さらにそばの市場に向かい
そこで売ってる有機栽培の
オリジナル焙煎の豆を買う。

帰りは岩手山に一度近づいて
帰る違うコース。

岩手山の黄葉は
今は中途半端。

山は急に冷えるから
真っ赤な岩手山
来週辺りが見ごろかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安上がりなしあわせ

P1280824 お気に入りの
カウンターのある店で
コーヒー一杯。

ほどよく人が通り過ぎ
ほどよく雲が変っていく。

2編の詩を書き
一つのレポートを読み込み
一つの企画書の未完部分を
ポメラで作文する。

3つのアイディアが湧いて
3枚のメモが出来あがる。

私のしあわせのハードルは
低くてやすい。
紙とペンと美味しいコーヒー。
安上がりな男です。

コーヒーは贅沢か。
最低、紙とペン。

これなら
砂漠でも牢屋でもニューヨーク
でもしあわせになれるな。

2010・10・20
午後の記録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「人でなし」になろう!復習

Dscf9685_2 今日は、いい天気。
パステル・水彩を指導している
紳士淑女たちと
盛岡城公園周辺をスケッチ。

公園を年老いた母と腕組んで
笑顔で歩く母娘。

向こうに目をやると
楽しそうにブランコに乗る母子。

一般論として
特別に手のかかる
大変な子もいるし、
性格のいい見事な人格の
お年よりもいるのだけれど

でも、私は、こう考えている。

Dscf9629_2 子育ては、未来のある可愛い
駄々っ子、ウンコもさほど臭くない。
責任を持って人を愛し育て
一人前の「人」となる訓練。

親の面倒は、依怙地、不機嫌
可愛げなくなり、ウンコも臭くなる
それを、慈しみ愛情を持って面倒を見る。
これは「人を超えるもの」になる訓練。

人生の後半に
神様が人を「人でなし」の
神なる自分の眷属一族に
進化させるための
仕組み、仕掛けを作ったのだ。

私も、若い時
おそらくは病院の看護士よりも上手に
天子よりもやさしく
楽しい一時と感じるよう
惨めにも感じさせないよう
親父のウンコの面倒を見たので
少しは「人でなし」に
なったのだろうと思う。

いずれ「人でなし」なりましょうよ。

人間は疲れる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

遭難に注意!山登り、クマと水の対策。

Img071_2 まず、どうしたことか
最近、クマが日本中で出没。
のどかに、いや決死の覚悟で
人里に柿の木、カキの実を
求めて降りて、めでたく
冬眠の腹ごしらえをして
帰るものもあれば
鉄砲で撃たれるものもいる。

そんな今日日、山道、
遭難したら、第一にクマが怖い。
山ではクマはどんぐりの実を
好物にしている。

餌不足による
クマの人里出没異常行動の故
逆に山中、どんぐりの豊富な
所には、クマ有きで要注意。

特に、お腹のすいたクマ
子どもと一緒のクマは怖い。

死んだ振りがいいという説
目を見て後ずさりがいいのだ説
さまざまな真偽のほど
不確かな説が乱立する状況であるが
どれも、ケースバイケースで
実際、自分の遭遇した
スチュエーションで
役立つのか解らない。

そこで、どうせなら
発想の転換で、積極的に
クマと出会った時のため
クマをおだてる話術を
鍛えておこう!

クマの自尊心をくすぐるよう

たとえば
「いや~!クマさんは
 ゴリラより強くてかっこいい!!」とか

Img072_2 「クマにしておくのはもったいない!
 生まれ変わったらK-1チャンピョン
 まちがいなし!!!」

などと、もはや我々には時代の死語となった
ほ・め・ご・ろ・しも
クマの世界では、ブームは
おそらくまだ来ておらず
目新しい。

どんなクマもあまり、そういう言葉を
かけられたことはないはず!

彼らは間違いなく
言葉に溺れ
衝撃を受けること
まちがいなし!

その間に
爽やかに
なるべく自然に

「それじゃ、また、会おう!」

と、会いたくなくても
元気にその場は
力いっぱいの笑顔で!
引きつらず、自然に

心の中では、永久の
別れとなるよう祈りつつ。

ただし、効果は
五分五分。
言っている最中に
鋭い爪で、顔や体を
ひとっ掻きされる場合もある。
その可能性も考慮しながら
この対処をするか冷静に検討し
慎重に対応して欲しい。

第2、水対策。
水分が補給が出来なくなった
状態では、オシッコも
無駄にしてはいけない。

病院では、毎朝、自分のものを
飲尿する健康法、免疫力アップ
対策をしているところを
以前テレビで見たことがある。

結構な個人病院。
先生数人に看護士さん
20名くらいはいたかな。
元気に、おはようございますと
言って紙コップに入った自分の尿を
飲んでいるのであった。

イラン・イラク戦争で米軍は
砂漠で自分のオシッコを
のむためのフィルターを
持っていた。

尿は体内からの排泄物であるが、
摂取した食物の残渣や腸内細菌などの
塊である糞便と異なり、
血液から 作られた余剰物であり、
体外に排泄されるまでは
基本的に無菌のものとのことだ。

成分的には水(98%)のほか尿素
(アンモニア)、その他電解質といった
血清と同じもので構成される。
腎臓という最強のフィルターで
濾されており、出してすぐなら
細菌は増殖しておらず
汚くないらしい。

宇宙船でもオシッコを
飲み水に再生する技術は
確立している。

血液をしばらく置くと
上が黄色い水溶液になる。
あれが、おしっこと
同じ成分らしい。

いずれ、遭難したら、砂漠か、宇宙に放り出された
と思って、いざと言う状況では
まじめにオシッコも大切にしたい。

いずれ体力と、水の管理確保、
冷静さが生死の分岐点だ。

では、まじめなサバイバルライブどうぞ!

下記をURLをクイックして
弟のブログ「つれづれ日記」で
本日10月18日の標高2038メートルの
岩手山での遭難寸前ライブを、
ご覧下さい。

http://black.ap.teacup.com/nakamura-takio/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アトリエの立って書く(描く)机

Img061jpg 座って書く(描く)打つ机は
市販のPCデスクに
黒いペンキを吹き付けた
大きな合板を打ち付けたもの。
合板のサイズは70㎝×150㎝

その後ろに
50㎝×150㎝の大きさの
高さ95㎝の机が置いてある。

立ちながら仕事すると
仕事は速い。

即断、即決。

文章とメモは的を得
事務処理、対処のスピードが
スポーツのリズムになる。

仕事は立ち机
創作は座り机

時には逆も。

ちなみにIBMは
オフィスに個人のデスクを持たず
イスもなくて、共同のデスクは
立ちながらデスクワークをこなす。

立ち机、いいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阻害要因を排除した人の実体

Img060_3 人の進化と人生の豊かな実りを
阻害する重要因子の

ねたみ、怒り、嫉妬、ひがみ
その他、もろもろの
ネガティブな感情を取り除いた人は

人の話を聞ける
人から学べる
人や物事の良い面が見える
吸収できる

向上心があり
結局自然に楽しく
吸収し取り入れ進化する人
進化する人生になっているのだ。

進化の実感に個の主体的
実感の幸福感がる。

しあわせじゃない人は
阻害要因が多い。

一日も早く取り除いて下さい。

阻害要因排除の技術とシステム
環境づくりなどいろいろ工夫して
除去、消去に成功して
楽しくこの星に存在して
生きて、この人生を
創りあげてください。

阻害要因のない人は
軽いです。
作り明るさでない
湿度ゼロの気持ちのいい
安心できる、明るさというより
軽さがあります。

この大地を街中を
わずか1センチから2センチくらい
浮遊して歩く技を持っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しあわせのなり方

Img059_2 つぎ込むな。

それよりも

ねたみ、怒り、嫉妬、ひがみ、
その他もろもろなネガティブな感情
思い、印象、瞬間感情、直感を
排除しろ。

それだけで人は
自然に幸せになるように出来ている。

トマトと同じだ。

栄養を次々やっても
画期的な豊潤なトマトは出来なった。

伸びる、育つ、実るための
阻害要因を一つ一つ
全部取り除いて行っただけで
たわわと豊潤なる大量の
トマトが出来た。

有名な話ですね。

私たちはトマト。

阻害要因を取り除くと
進化するのです。

生命の特徴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読解力

Img058 実は、人は直感で
詩心で方向を見定め
それに、つちづまを
あわせるように
ああだこうだと
理屈をつけて
そのベクトルを
作っていくのだ。

「読解力」について
思うことを
キミに語ろう。

読み解く力も
また、同じだ。

だから、人は
そこにある意味を読み解くのではなく
自分にとって価値のある意味のある
願いを込めた意味を与える
自分がそうあって欲しい意味を与える
作業をしている。

悲しいほどに、人は皆
幸せになりたがっている。

細胞も、感情も、思考も。

くどいのが、私の特徴だ。
もっと、あっさりと
オシャレな男、人間になりたいのだが
くどくてしつこい。

だから、もう一度、言う。

「読解力とは、読み解く力ではなく
 人生で起きた全ての出来事
 人生で出会った全ての人に
 自分と世界が幸せになるための
 意味と価値を、改めて与える力、
 積極的に与える能力のことだ。」

さらには

「読解力とは無秩序でバラバラの人生の出来事に
 ネガティブにマイナスに見えたりする
 出来事も含め自分と世界の幸せの実現の
 視点から、それらの出来事に新たな位置づけ
 意味づけを与え再構築する、物語を書く力」


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピンクの似合う娘

Kixyunn_2 何度も何度も
通ったTの字の
つきあたりに
その日、初めて
キミを見た。

キューンと来た。

こんな可愛い娘が
この町に、ここに
いたなんて。

そしてなんて
ピンクのお洋服の
似合うこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いろんな瞬間

P1260028 少女がいて
黒い犬が3匹
ポリスが3人

この町にも
いろんな
瞬間がある。

世界中どの町にも・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私もハーバードに行こうかな?思索力、議論力。

午前中、いつもいろんな
為になるイベントや講演会など
誘ってくれる先輩の
留守電が携帯に入っていた。

「今日、夜に
 ハーバードの美術教育に関わるアートセラピー
 研究者のセミナーがあるから来い。」とのこと。

Img_9619 いろいろあったが6時半までに
全部用事を済ませ会場に
駆け込んだ。

それでも10分の遅刻。
すでにセミナーは、始まっていた。
大学の先生方、アート研究家や
美術教育関係者が集まって
いたようだ。

アートセラピーという言葉は
時折、聞いて来たが
はっきりと解らない。

体系的なお話を聞くには
いい機会になった。

最後に質問を取ったので
すぐに手を挙げた。

おそらく私はメモ上手、
いやメモ魔である。

1時間、2時間の講演は
メモによりほぼ再現できる。
メモを取り自分のアイデアも
閃いたりしたものをメモリながら
メモることで話も整理されながら
頭に入っていく。

ということで
私の質問は、その数十年にわたる
メモ力の鍛錬の賜物で
全くアートセラーピーの勉強をした
ことのない人間とは思えない
ハーバードでアートセラピーを
研究し携わっている人間の
ぶつかっている問題、地点に
関与した講演者の女史も感心の
重要な質問と提案となったようであった。

講演終了後、大学卒業後
アメリカにわたって11年という
才女の強い誘いもあり
先輩と運営に携わったスタッフの
若いクレバーな青年、県立美術館の
学芸員の方という数名で
食事をしながら、熱く語り合った。

アートと教育と宇宙と
出版とハーバードと
アメリカと日本と
議論とディぺートと
熱い楽しい議論が出来た。

帰り、方向が比較的、同じだった
若いスタッフ2人を車で送ってやった。

セミナーでの質問や意見
食事をしながらの議論、討論、懇談での
私の発言を聞いて

「失礼ですが、率直に言って
 なぜ、そんな頭がいいのですか?」
「どうすれば、そんなに頭がよくなるのですか?」

と聞かれた。

頭がいいのでない。私は二人の若い学究に
こうアドバイスした。

的確で、明快で、創造的質問や意見を
述べることが出来るのは(自分で言う人)

メモの取り方がうまいだけだ。

メモは単に記録ではなく、実は
同時に応用や展開を含んでいる。

聞いた内容をビジュアル的メモで
整理しながら自分の中に視覚的に取り込み
そこから閃いたものを
手際よくスペースに書き込む。

特別に頭がいいのでなく
普通の並みの思考力だが
積み重ね方、繋げるコツ
を、
マスターしているだけなのだ。

議論していての論点がぶれず
整然としており、アイディアに
オリジナルを感じさせ明快さを
維持出来るのは(自分で言う人)

話し相手を
へこませようとするのでなく
また説得や打ち負かしたり、
上に立とうとするのではなく、
できれば感動させるという戦略。
話し議論する相手と戦うのでなく
共に創造しようという心情を
持続堅持すること。

それが思考のバランス、柔軟さ
、思考の飛躍や展開力を
維持し続ける。

いい議論を展開するには
実は、条件反射的に感じる
議論相手への敵意や警戒感、嫌悪感を
出来る限り消去し、
今相手から感じる知識や知へのそして
まだ相手の見えない知識や知に対しても
敬意を持って向き合う

意地悪でない心根が大切だ。
人間に対する慈愛が大切だ。

そういう心情を持った者の
議論は気持ちよく収穫も
多く大きく楽しい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

He said at that time.

Img057_3夕暮れ時、少し離れた街中で
大きなゴールデンと散歩する
長い髪のステキな女性を
見かけた。

キューンとする。

散歩しながら
時々彼女を見上げる
眼差しが、本当に
いとしく愛らしい。
大好きなのだろうな。
楽しいのだろうな。

ーボクが悲しいのは
 言葉が話せないからじゃない。

 あなたを守ってあげると
 思ってもいつも
 守られてばかりの自分が情けなて
 悲しいのでもない。

 あなたより
 短い命が
 悲しい、悔しい。

 なんの役にも立たなくて
 迷惑と手間ばかりかけるけれど
 それでもあなたがずっとずっと
 そばにいて欲しいというのなら
 どうぞ神様、私にあなたより
 一日長い数十年の命をください。ー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

幼少時代の脳のトレーニング

Img054_3 幼児期の記憶は、ほとんどない。
おなかの大きくなった母の
膝にだっこされていた
1シーンだけはおぼえている。

まもなく弟が生まれる。
「お兄ちゃんになるんだからね。」
とか何とか言われたような気がする。

よく弟が絵本を読んでいる姿や
動くぬいぐるみ、オモチャのように
皆に可愛がられていた
さまざまな場面は、覚えているのだが
自分の幼児期の記憶は
本当にまったく記憶なく
この1シーンだけなのだ。

小学校に入学してからの記憶はある。
小学校時代は、自分は絵を描いてばかり
いたように思う。

高学年になるにつれて
マンガの模写とか上手に描き
友達にせがまれ得意になっていたり
詩も書くようにもなっていた。

一番の心と脳の成長は
近所の子供たちと
野山をかけ周り、路地裏をかけ巡り
兄弟が多く4人の兄姉たちとの
会話やかけてもらったコトバの数々
多くの会話が培ってくれたように思う。

そして、何よりもおそらくは
小学高学年から、中学・高校時代と
すぐ上の兄と、どちらも
まったく哲学など知らず
そんな本も読んだこともないのに

「ここにものが有るということ
 有るということはどういうことか?」

などと当たり前のことを
延々と毎夜毎夜、深夜へとへとになるまで
議論したことは
私の思考力、議論力の発達において
大切な宝の時だ。

もはや若いとは言えない今でも
4時間でも5時間でも
考え続け議論しても
疲れない筋金入りの、相当な
脳体力、持久力は
ここで培われたように思う。

でも、議論において思考力よりも大切なの
心根であり意志力であり、体力だ。

議論で大切なの、相手をへこませるのでなく
相手を感動させること。
決して怒らない事、ため息をつかないこと。

「言っても解らないと思うけど・・・」
「私はそう決めているから・・・」
「だれだれが、そう言っているから・・・・・」

などという言葉は、議論以前の
智の土俵、土壌が未熟で幼稚さの表明であること。
また、相手のいう事に
「それも解っている、解っている」という
口ぐせをやめること。

また、解らないことはわからないということ。
相手を尊重し慈愛すること、
議論のための議論でなく
価値を生み出そうとする意志を
3時間でも5時間でも
持ち続けること。

そういう事が、たいせつです。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーベル化学賞の根岸先生のことばの解説「夢・実現・50年」

Img051_2 2010年ノーベル化学賞を受賞した根岸英一
米パデュー大特別教授がテレビで受賞の
インタビューで語っていた。

「大きな夢を持って、
 基本的な力を持っていれば
 正しく夢を追っていけば
 誰もが実現できる。
 私も50年やってきた」

と語っていた。

夢とか、何とかいうと
甘ちょろいとかいう人がいるが
夢と言うのは、未来に対する
自分にとっての快適な幸福な状態への
憧れであり、ビジョンであり、計画であって
何も甘ちょろくはない。

つまり、夢なしには幸せになれないし
夢に向わずには幸せになれない。
「夢」とは、「この私の私のための幸せ計画」
その計画は、ワクワクに溢れ喜びに溢れ
そこに向う道程も、過程もまた幸せなのだ。
辿り着いても、辿り着かなくても
人は皆、幸せになる。そこを目指す行進自体が楽しいのだ。


それが、人生と言うものだ。

「基本的な力を持っていれば」というのは
特別な才能がなくてもいいよ、
自分に湧いた夢は、特別な才能がなくても
つかめるよ、ということですね。

「正しく」とは
見失わず不断の、努力と精進、それに対する
行動が絶えることがなければ夢は実現する。
「あなたによるあなたのための幸せ計画」は
実現するとノーベル化学賞受賞の先生は
言っているのですね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

復習・しあわせ、応用。

「不幸とは、幸せに気づかない状態」

「不幸な人間とは、幸せに気づかない人間」

Img052 これが、ローマ哲学の叡智の一つだ。

さて、不幸は、
感謝を忘れた状態に近い。

感謝を忘れると、不幸になるし
不幸になると、感謝が出来なくなる。

幸せな人の共通の特徴は、よく感謝する。

不幸な人の共通は
愛されていること
愛されてきたこと
助かったこと
助けられたことの
記憶喪失になる。

空間も視界もどんどん小さくなり
時間どんどん短くなり、きのう、今日、明日
今しか見えなく感じられなくなってしまう。

その自己の内世界の状態に、敏感であれ。

深呼吸し、スクワットし
シャドーをし
声を出し、踊り、歌うのだ。
名言を朗読し
低めになっている声の音量のボリュームアップをし
低めになっている声のオクターブを一つ上げてもとに戻せ。

時間と空間を広げよ。
拡大せよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠していいこと、隠してはいけないこと。

Photo隠してもいいこと
「自分が不幸である。」こと。
これは自由、強制はしません。

でも、隠してはいけないこと
「自分が幸せである。」こと。

自分が幸せであることは
隠してはいけない。

「幸せな人も幸せ自体も、
 人類の共通財産」

だと、私は、そう考える立場です。

で、さて、私はどうか?

この夏、死線をさ迷いました。
いつまでもあると思うな
寿命と人生!
ほんとのことを言って
おかねばなりません。

ということで

「私は完全に幸福である。」

と白状します。

本とかよ~!

こう言い切るには
「幸福」とは何か
少なくてと自分の考える「幸福」が
キチンと纏まり自分で
確たる認識で解っていなければ
なりません。

それと、ともに
度合いに対する考察
認定力を自分に対して
信頼できていなければ
なりません。

その二つがあって
たとえ思い込みであろうと
いや、思い込みでいいし
思い込みしかないし
逆に思い込みでも
「私は完全に幸福である。」と言える人は
幸せです。いや、めでたいです。

そう、私はめでたい人間です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

復習、確認。『今』の感度

P1280117

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千葉健児展、開催。

100dm1 千葉健児展が本日より
10月4日より10月11日まで
盛岡市大通ギャラリー・リリオ
にて開催。

私のアトリエに通うメンバーの
ご主人が53歳の若さで亡くなり
その遺作展。

絵画・イラスト及び
つり関連の手作り物など
100dm 100点ほどのボリュームのある
展示会です。

ご主人、設計をやっていたので
建築パースなど仕事でも
絵を描くこともあり、建物
風景、花や静物など
なかなか味わいのある
小作品が並んでいます。

どうぞ、ごらんくだい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キノコの季節

72dscf9537 今日は日曜朝市。
どの出店も
野菜からキノコ三昧に。

数日前は
八百屋さんで
マツタケが8本くらいで
あまり大きくは無いが
2000円で売っていた。

今年はマツタケも
キノコも全般に
72dscf9534 大豊作だと言う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「自分なんかどうでもいい」という言葉の意味、その位置。

Jpg そんなに自分を特別扱いしないことだ。
誤解を覚悟で言うなら
「自分なんかどうでもいい」
ということだ。

博愛、利他の精神を
意味しているわけでない。
私は神父ではない。

かといって自暴自棄的意味合いでもない。

「自分なんかどうでもいい」
というのは、微妙な境地だ。

自分は目的でない。
私は、私のビジョンに向う
それを実現する単なる道具、
手段なのだ。

それを知ったものは
長い命を持つ。

長い時間を手に入れ
自分と生への執着から解き放たれ
生の根本的不安からも開放される。

私は目的でない、私は手段だ。

人は誰もが自分のビジョンに向う
踊り笑い歌い舞う熱く燃えながら
飛行する輝くベクトルで
あらねばならない。

その突き進む動的航行の
中にのみ存在するのが
人の幸福というものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のようなこんな夕日に向って何度も叫んだものだよ

Dscf9572 いつまで、おまえは、不幸でいるんだ。

何を守り、何にそんな怯えているんだ。
何にそんな執着して、もがいているんだ。
今の人生、これまでの人生。

それはそんな守らねばならないものなのか。
無ければ死んでしまうのもなのか。

ああ、そんなささいなことに
こんなささいなことに
悩み続け、怒り続けていたのだろう。
いるのだろう。
そして、打ちひしがれていたのだろう。

笑うことの少なくなった生活に
すぐに気づいて手を打って
少しでも長く自分を楽しく
生きさせるべきだった。

もっと私は自分を大切にするべきだったのだ。

もっともっとよく考えて
一日でも早く自分を
しあわせにしてあげるべきだった。

いつまでおまえは、ふつうなんだ。
なぜそんなにふつうなんだ。

おもしろくねーな、おまえって人間は。

いつまで、おまえは、不幸な月並みな人生
月並みな人間をやっているんだ。

何をそんなにしあわせにビビッているんだ。
そんなに、あらたまり、身構えているんだ。

気軽にしあわせになれ。
決心、覚悟しろ。

しあわせが何ものであるかを解ることより
解らなくとも、しあわせになると決心する
無防備な飛躍の冒険の瞬間を
この人生において1秒でも早く体得することだ。

それが、実は、ドアであり
開始さ、はじまり、はじまりさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »