« 今日のようなこんな夕日に向って何度も叫んだものだよ | トップページ | キノコの季節 »

「自分なんかどうでもいい」という言葉の意味、その位置。

Jpg そんなに自分を特別扱いしないことだ。
誤解を覚悟で言うなら
「自分なんかどうでもいい」
ということだ。

博愛、利他の精神を
意味しているわけでない。
私は神父ではない。

かといって自暴自棄的意味合いでもない。

「自分なんかどうでもいい」
というのは、微妙な境地だ。

自分は目的でない。
私は、私のビジョンに向う
それを実現する単なる道具、
手段なのだ。

それを知ったものは
長い命を持つ。

長い時間を手に入れ
自分と生への執着から解き放たれ
生の根本的不安からも開放される。

私は目的でない、私は手段だ。

人は誰もが自分のビジョンに向う
踊り笑い歌い舞う熱く燃えながら
飛行する輝くベクトルで
あらねばならない。

その突き進む動的航行の
中にのみ存在するのが
人の幸福というものだ。

|

« 今日のようなこんな夕日に向って何度も叫んだものだよ | トップページ | キノコの季節 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自分なんかどうでもいい」という言葉の意味、その位置。:

« 今日のようなこんな夕日に向って何度も叫んだものだよ | トップページ | キノコの季節 »