« 遭難に注意!山登り、クマと水の対策。 | トップページ | 安上がりなしあわせ »

「人でなし」になろう!復習

Dscf9685_2 今日は、いい天気。
パステル・水彩を指導している
紳士淑女たちと
盛岡城公園周辺をスケッチ。

公園を年老いた母と腕組んで
笑顔で歩く母娘。

向こうに目をやると
楽しそうにブランコに乗る母子。

一般論として
特別に手のかかる
大変な子もいるし、
性格のいい見事な人格の
お年よりもいるのだけれど

でも、私は、こう考えている。

Dscf9629_2 子育ては、未来のある可愛い
駄々っ子、ウンコもさほど臭くない。
責任を持って人を愛し育て
一人前の「人」となる訓練。

親の面倒は、依怙地、不機嫌
可愛げなくなり、ウンコも臭くなる
それを、慈しみ愛情を持って面倒を見る。
これは「人を超えるもの」になる訓練。

人生の後半に
神様が人を「人でなし」の
神なる自分の眷属一族に
進化させるための
仕組み、仕掛けを作ったのだ。

私も、若い時
おそらくは病院の看護士よりも上手に
天子よりもやさしく
楽しい一時と感じるよう
惨めにも感じさせないよう
親父のウンコの面倒を見たので
少しは「人でなし」に
なったのだろうと思う。

いずれ「人でなし」なりましょうよ。

人間は疲れる。

|

« 遭難に注意!山登り、クマと水の対策。 | トップページ | 安上がりなしあわせ »

人生」カテゴリの記事

コメント

年老いた親との毎日は、自分の心の中だけでの葛藤だと思っていました。
人を超えるものになる仕組み、仕掛けなのだとわかったら目からウロコが落ちました。
ありがとうございました。


投稿: samusun | 2010年10月24日 (日) 22時42分

samusunさん

「人でなし」になって
本当に、この人生を、この世界を、この宇宙を
楽しみきりたいですね。

投稿: nakamura | 2010年10月30日 (土) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人でなし」になろう!復習:

« 遭難に注意!山登り、クマと水の対策。 | トップページ | 安上がりなしあわせ »