« 勇気ある人生 | トップページ | 死しても友はありがたし。 »

自分が好きなんて、気持ち悪いと思うが、自分が嫌いというのもどうか。

75img093_3歳とるたびに、
自分を好きになってなければ、
それは随分楽に
生きて来たということだ。

人のために、我慢したり
惨めになることもなく
暗闇や舞台裏で走り回ることも無く

時間と労力と財を
誰かに費やすことも無く
あるいはそうすることが極めて少なく
自分の衣食住と
楽しみと快楽と快適のために
生きてきたということだ。

人生の喜びも悲しみも
幸・不幸の中身の実体も
結局、人間であり
人間関係なのだ。

自分の時間と労力と財と慈愛を人に
費やすことあまりにも
弱く細く少なく
それ故、人からの心からの
敬慕も尊敬も信頼も憧れも
感謝もされる人間関係が
人生に醸成され形成される
事がない。

そして、その寂しさの実感と共に
廻り廻って自己嫌悪にまで
発展する。

カバンや押入れに隠し持つ宝など
たかが知れている。
皮肉な事に、人は他人に与えたもの、
与えた分だけを
自分の人生と魂に所有することが
出来るのだ。

自分のためと、人のため世のための
バランスはどうか
さじかげんはどうするかなんて
ことではないんだ。

自分のことをやっての余力があれば
その分、他人や世のために
つぎ込むのではない。

全部、人のため世のためにつぎ込むんだ。
それが一番、自分の才能を個性を開き
そしてそれが実は最も
自分をしあわせにする仕組みという
本当に人生は、ややっこしい。
皮肉な仕掛けだらけだ。

|

« 勇気ある人生 | トップページ | 死しても友はありがたし。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

昨晩はお世話になりました。早速のぞいてみました。
失礼ながら毎日更新と聞いて、もっとサラっとしたものを想像しておりました。いやはや、大変なパワーです。私の方は細々とですが、やはりブログを書いております。ご覧いただければ、うれしく思います。

投稿: nori | 2010年11月13日 (土) 17時27分

こんにちわんこそば。私は、世の中の字の中で、自分の字が一番好きです。自分の絵が好きで、いつまで見ていても飽きません。ひとは、自分自身で自分を癒す力がある。と聞きますが、私も、近頃そう思っています。合掌。

投稿: 後輩1962 | 2010年11月15日 (月) 18時25分

noriさん

こちらこそ、おしゃべりの
相手をして下さいまして
ありがとうございました。

とても楽しかったです。

コーヒー豆の薀蓄
とても楽しく勉強になりました。

いつか機会があれば
是非に、noriさんの焙煎した
コーヒーをに見たいものです。

その時は、よろしくお願いします。

今から、noriさんのブログに
入ります。

それでは、また。

投稿: nakamura | 2010年11月16日 (火) 06時51分

後輩1962さん

こんにちは。
再びコメント、ありがとうございます。
お待ちしておりました。

この前のコメントで
初対面にも関わらず
描いている絵を是非見たいなどと
書くのはどうかと思い
やめましたが
是非、1962さんの字と絵が
ますます見たくなりました。

ブログとかあったら
あるいは見ることの出来るサイト等
ありましたら、教えてください。

一番は、生で見たいです。

帰省の際は、ご連絡下さい。

「岩手大学の図書館の入り口ドア
 1:00PM集合!」などと指令を
出してください。

いつの日か、作品と
そして自分の創りだす文字と絵が
大好きという1962さんと
お話できることを楽しみに
しています。

たくさん書と画を書かれて下さい。

それでは、また。

投稿: nakamura | 2010年11月16日 (火) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分が好きなんて、気持ち悪いと思うが、自分が嫌いというのもどうか。:

« 勇気ある人生 | トップページ | 死しても友はありがたし。 »