« 神は死に、クリスマス明けの日曜日、街は、買い物客でごった返す。 | トップページ | 新書のデザインしました。 »

県庁の休憩室 世界の実像

Imagecag9sc75 久しぶり今日、県庁に
用事があって一階の休憩室に
入った。

もしかしたら
小学校以来、数十年ぶりだ。

小学生の頃、お金を工面して
かき集めて県庁の地下の
職員食堂にラーメンを食べに
行った。

おまえは子どもの癖になんで
県庁の職員食堂で
ラーメンを食ってるんだと
誰かに問い詰められないかと
少々ドキドキしながら
食券をオバサンから
買ったのを覚えている。

県庁といえば
実はラーメンより強烈な
記憶がある。

休憩室にあったぼろぼろの
白黒の写真集だ。

それは、南京虐殺の風景
軍人たちの中国人女性の虐殺風景
そして広島の原爆で真っ黒く
墨になったいくつもの人間の
死体だ。

人間は怖い生き物だと
初めて強烈に知った。
なんでもありだと
この世界に今まで感じことのない
緊張感を感じた。

県庁に行っては、無料のお茶を飲み
その休憩室にある本を見るのが
ささやかながら、自分で生み出した
楽しい時間の過ごし方としていた。

|

« 神は死に、クリスマス明けの日曜日、街は、買い物客でごった返す。 | トップページ | 新書のデザインしました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県庁の休憩室 世界の実像:

« 神は死に、クリスマス明けの日曜日、街は、買い物客でごった返す。 | トップページ | 新書のデザインしました。 »