« 1974年。15のボクは  「高校の合格発表の日」 | トップページ | 女神様のヒモ »

毎晩泣いてばかりの生活。

夕べは、成海璃子主演の
書道ガールズで泣きました。
成海璃子の出る映画は全部見たかな。
彼女の演技のリアリティーは
格別だ。

「書道ガールズ!!私たちの甲子園」 [DVD] おとうと<通常版> [DVD]

そして今日は山田洋次監督「おとうと」
に泣かされた。

姉の吟子に扮するのは、吉永小百合。
賢い姉であり母である吟子

愚かな弟の鉄郎には、笑福亭鶴瓶。
問題ばかり起こしてはいるけれど、
愛すべき存在である彼の姿に、
『男はつらいよ』の“寅さん”
が重なる。

なかなかの好演でびっくりした。

吟子の娘、小春には、今や日本映画界
になくてはならない蒼井優。
美人じゃないのに、こんな可愛い娘が
世界に存在するとはという
本当に凄いことです。

加瀬亮も、いい。
あんな好青年、誰だって
恋しちゃう、大好きになっちゃうな。
吟子の義母に加藤治子は
やっぱり芸術的演技だ。

いい映画でした。

|

« 1974年。15のボクは  「高校の合格発表の日」 | トップページ | 女神様のヒモ »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎晩泣いてばかりの生活。:

« 1974年。15のボクは  「高校の合格発表の日」 | トップページ | 女神様のヒモ »