« 「怒らないこと」としあわせついてスマナサーラは語る | トップページ | 今は、やがてあの日、あの頃になり、思い出になる。 »

究極の選択「空気を暗くする人か、白くする人か?」しかし・・・・

2jpg_2  「自分のことを悪く言って
 空気を暗くさせる人」と

「自分のことを良く言って
 空気を白くさせる人」と

どちらかを選ばねばならぬという
悪夢を見たら

それでも、暗くさせる人より
白くさせる人の方がいいだろう。

最近の船井幸雄さんはよく分からない
難しいことばかり言うが
昔は、愛読者だった。

その船井総研の何本指かの著名な
コンサルタントの方が言っていたが
話し手が一流の人間であると
いくら自慢話をしても
聞く人たちがいやな気分にならず
心地よく、その話し手を好きになる
と言う。

そのレベルでなければ一流の話し手、
講演者でないと語っていた。

そういうレベルの人は
自慢話をしたいのでなく
そもそも自分でしなくても
多くの人が、世の中が
十分彼の、彼女の実績と能力と
人間性を評価しており
自慢話をする必要もなければ
その欲求もない。

それは、一つの演技であり
人を育てたいという
深い情愛に根ざしたもの
だからだろう。

だから、中途半端な照れもなく
快い自画自賛も出来るのであろう。

|

« 「怒らないこと」としあわせついてスマナサーラは語る | トップページ | 今は、やがてあの日、あの頃になり、思い出になる。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 究極の選択「空気を暗くする人か、白くする人か?」しかし・・・・:

« 「怒らないこと」としあわせついてスマナサーラは語る | トップページ | 今は、やがてあの日、あの頃になり、思い出になる。 »