« 今は、やがてあの日、あの頃になり、思い出になる。 | トップページ | 一枚のハガキ     その2 »

一枚のハガキ

Akibiru_dscf2162ある冬の日の午後
一枚のハガキが届いた。

差出人の名はない。

「あなたの出生の秘密を
 お話します。

 あなたが誕生してから
 今日までの人生のある時期
 ある時に
 いくつかの遺伝子操作を
 行いました。

 まず

 悲しむ仕組みと
 苦しむ仕組みを
 削除しました。
 
 

 
 私が、誰か知りたければ(知りたいし!!)
 明日の午後3時
 M駅の後ろに作りかけ
 建設中断したビルの屋上で待ってます。

 その時、私はあなたに、あなたが
 明日から10年間にやっていただく
 運命のノルマ表を
 お渡しします。(何それ?誰が作ったの!?)

 ぜひ、来てください。」 

 『運命のノルマ表』に何が書かれていても
 中身には、さほど驚かないと
 思いますが、そういうのが
 あるのに驚いています!(って言うか、あんたホントに誰?)

 いずれ、私は、翌日
 指定されたビルに向かったのだった。
 怖くはなかった。
 
 超可愛い青いクマさんだったり
 あるいはあの世に行っちゃったちょっとだけ
 大人びた顔つきになった愛犬ボッシュが
 黒い背広を着て現れたり
 銀河鉄道009のメーテル風の
 美人が現れるのでないかと、
 予感していたのだ。

   

|

« 今は、やがてあの日、あの頃になり、思い出になる。 | トップページ | 一枚のハガキ     その2 »

人生」カテゴリの記事

コメント

不思議w(゚o゚)w
早く続き更新してください。
ワクワクします!

投稿: samusun | 2011年1月26日 (水) 23時35分

samusun さん

続きですか。
私にも、この続きが
あるのか分かりません。

ただ私も誰が来るのか
気になります。

投稿: | 2011年1月27日 (木) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一枚のハガキ:

« 今は、やがてあの日、あの頃になり、思い出になる。 | トップページ | 一枚のハガキ     その2 »