« 自営業主・創作系のアーチストの皆さんへの提案 | トップページ | 花咲く場所 »

ジョージァ。冬の寒い空の下、甘く君を思い出す。

Dsc00561 拝啓

ボッシュくん。
お元気ですか。

君がこの世界からいなくなって
もう6年経とうとしているけれど
冬の冷たい空の下
甘い缶コーヒーを飲むと
君を思い出し胸がキューンと
痛むよ。

冬の散歩道
雪を踏みつけながら
自動販売機やコンビニで
缶コーヒーを買う。

あの頃は、なぜか
ジョージアのロング缶の
甘い缶コーヒーが好きで
君は上目遣いで
私の飲むその甘いコーヒーを
せがむのだったね。

私は、冷たい冬の早朝の風の中
手袋をとり手のひらに
コーヒーをたらした。

君はぺろぺろなめ回し
もっとと目で訴えるのだった。

何回やらせるのだ。
きりがないだろう。
糖尿病になったらどうするのだ。
私のようにデブなったらどうするんだ。

体は40キロも、50キロもあって
人間の大人一人分ほどの
大きな体をしていたけれど
その愛らしい瞳と
気持ちは、何歳になっても
赤ちゃんのままだった。

アインシュタイン超えと言われ
最もノーベル物理学賞に近いといわれる
ハーバードのあの超美人、理論物理学者の
リサ・ランドールが言う様に
この世は、輪切りにした
フランスパンのように
いくつもあって
きっとあの世とか、この世とか
いろんな世、世界があって
どこかに君の命は生きているんだろう。

君は、たいへんな時に現れて
私たちを守ってくれている。

Dsc00256 時々、君の気配もする。
車を走らせていると
一緒に駆けている時もあり
アトリエで仕事をしていると
ふと風にまぎれてカーテンを揺らし
部屋に入ってくることもある。

魂は電波には乗りやすいという。
いつぞやは携帯電話の中で、
確かに4度吼えて
小火に、漏電に気づかせてくれ
大火事から救ってくれたこともある。

ねぁ、ボッシュくん。
ありがとう。

犬猫を飼っている皆さん。
もちろん人間だってそうだと思います。

お金は宇宙銀行には預金できませんが
愛情は預金できます。
愛することです。
深い愛情は宇宙に貯蓄できます。

|

« 自営業主・創作系のアーチストの皆さんへの提案 | トップページ | 花咲く場所 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョージァ。冬の寒い空の下、甘く君を思い出す。:

« 自営業主・創作系のアーチストの皆さんへの提案 | トップページ | 花咲く場所 »