« なるなら100%のおせっかい野郎! | トップページ | 人類の分岐点  その2 »

人類の分岐点  その1

72jpg 遺伝子解読、つまりゲノム計画が
達成された時点で
人類は人間の領域を超える
危険な領域に足を踏み入れて
しまったのだと思う。

クーロンやES細胞は
人類の未来に
恩恵以上に混乱と
多くの苦しみや悲しみ
恐怖を生み出すかもしれない。

ここにきて化学物質から
とうとう自らを形成する細菌
つまり生命を持つもの
つまり生命を生み出してしまった。

それは、地球を100個も壊せる
核爆弾の1発目がこの星に
7、80年前に誕生して
しまった危機と並ぶ危機を
生み出すかもしれない。

人類は、急がねばならない。

人類は、今だあまりにも
生命の定義とその扱い方があいまいで
「世界のあるべき姿」と「幸福」というものの
人類共有のファイナルアンサーを出せないうちに
生命を作り出すところまで
来てしまった。

世界の知性が糾合して
その定義を、急がねば
この科学力を人類は統制できない。

急げ、人類!

|

« なるなら100%のおせっかい野郎! | トップページ | 人類の分岐点  その2 »

人生」カテゴリの記事

コメント

インターネット上なのであまり詳しくは書きませんが、昨年の春に友人と核兵器について
考えされるきっかけがありました。僕の世代は戦争の世代ではなく恵まれた世代ですが、
核兵器は憎むべき敵です。その存在を地球から姿を消すまで決して許しません。今まで出会った友人たちもきっと同じ気持ちだと思います。あの邪悪な巨大な存在が世界から、
姿を消せばどんなにすがすがしいか!核兵器にざまあみろと言ってやりたいです。ベルリンの壁、湾岸戦争、9.11テロなど平和について考えされます。
1日も早い世界の平和を祈り、明日からまたがんばるぞー!

投稿: 張飛 | 2011年1月12日 (水) 22時40分

張飛さん

個人の生活や幸せに
こんなに世界が影響している
時代はありません。
その傾向は、ますます
広がるでしょう。

世界の安定と平和なくして
私たち一人ひとりが
穏やかで、幸せに
暮らすことは出来なくなりました。

世界に興味と愛と行動なくして
私たちも、幸せになれません。

照れくさいけど、共々に
ラブアンドピース
世界平和を叫びましょう!

エイエイオ!!

投稿: | 2011年1月13日 (木) 14時23分

最近になって、世界平和とは待つものではなくて、行動して勝ち取るものではないかと思います。
化学兵器も核兵器も真っ二つに叩き折ってやります!
友人たち幸せになろう!

投稿: 張飛 | 2011年1月13日 (木) 23時57分

張飛さん

パチパチパチパチ!!

投稿: | 2011年1月14日 (金) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人類の分岐点  その1:

« なるなら100%のおせっかい野郎! | トップページ | 人類の分岐点  その2 »