« 花咲く場所 | トップページ | 日曜日の朝、再び、歌詠み。テーマは太陽 »

愛してくれないと嘆く人

72_2jpg人はよく嘆く。
私も、かってずいぶん嘆いた。

いろんなことを嘆くが
「愛してくれない」と
人はよく嘆くのだ。

子供が愛してくれない
生徒が部下が愛してくれない
と嘆くのだ。

さて、ところで
そう嘆く自分は自信を持って
うそ偽りなく、自然に心から
愛してくれないと嘆くその子を
生徒を部下を、果たして
愛しているのだろうか。

幸せや成長を心の底から
本当に願えているのだろうか。

もしかしたら
愛してくれない
愛していないのは
自分の方なのではないか。

そう気づくことがあります。

愛してないどころか
その愛してくれないと
嘆くその相手に対して
冷たいものや嫌悪、
見下げた思いなどが
深層心理に存在してやしないか。

単純に、その嘆く相手を「好き」
「いとしい」と言えるか、
そういう嘆きを持っている皆さんで
たった今、自問自答して
実験、検査してみましょう。

検査してみると、
気づくかもしれません。
実は、愛されないことを
深層では、よしとしている自分に。
あるいは、実は、仕方がないと思っていて
その気持ちを隠すために
深刻ぶったり、愛されていないと
悩んだふりをしていた自分に。

この世で、伝わらないものは
いろいろあるかもしれませんが
愛だけは伝わります。

愛してくれるものを愛する
愛には愛が反応していくのは
普遍の命あるものの性質です。

そういう意味でも

1年、2年、3年
5年、10年、20年
いっしょに暮らし、仕事をし
関わっていて、愛してくれない
信頼してくれないと嘆くのは
嘆くのであれば、嘆く自分自身の方の
親としてリーダーや経営者や上司として
先輩や教師として
愛する力や信頼にたる人間性の部分で
自身が、弱く貧弱であるではないかと
厳しい見方が必要かもしれません。

愛してくれない
信頼してくれないと嘆きながら
実は、愛してくれないという
その相手をどこかで攻めている自分
はいませんか。

陰湿で冷たい攻撃していませんか。

そういう自分を見切り、
そこを見定めたところからそこを脱し
そのような自分であることを認め
その認めたそこから、いい関係を築き
楽しく幸せな家庭、職場などなど自分の
生きている空間を世界を
作りましょう。

|

« 花咲く場所 | トップページ | 日曜日の朝、再び、歌詠み。テーマは太陽 »

人生」カテゴリの記事

コメント

深いなあ。

投稿: ダーキ | 2011年1月18日 (火) 18時15分

ダーキさん

ありがとうございます。

ダーキさん初めブログを
読んでくれている皆さんには
いつも生意気なこと言って
ごめんなさいと
思っているんです。

ただ、私の文は
結局、一編の詩なので、
勢いとか文体とかで
そうならざる
得ないところがあります。

でも、書いていることが
きつい言い方であればあるほど、
それは自分自身に向けて
バスガホー連射し続けて
泣きながら
書いているんですよ。

そういうことで
ダーキさん
みなさん
どうぞ、お許しください。
どうぞ、よろしくお願いします。

投稿: | 2011年1月18日 (火) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛してくれないと嘆く人:

« 花咲く場所 | トップページ | 日曜日の朝、再び、歌詠み。テーマは太陽 »