« 今日一日の値段と意味 | トップページ | ライオンになる日 »

「時間」は本当にそんなに貴重か。

Jpg 人は誰でも、美しい感動的な
ドラマを書きたいと思っている。

できることなら、自分の人生も
そのようなものに
したい。

誰だって、そう思っている。

美しく感動的で、
出来れば楽しいものにと
心の深層で願っている、
あこがれている。

自分の人生が美しく
感動的なものであり得たら
人は、死を迎えねばならぬ
状況が近づいても
あきらめもつくし、
満足も納得も出来る。
少なくとも醜く感動のない人生よりは
諦めがいいはずだ。

不安も悔いもない安らかで満ち足りた心で
その時を迎える人がいたら、おそらくは
その人生は美しく感動的なもので
あるだろう。

さて

自分の人生を美しい
感動的なものにするには
美しいもの、感動的なことが
やってくるのを、待っているのではなく
自らこの自分が美しい感動的な行動をとれば
確実に、人生は美しく感動的なものになる。

当たり前だが、当たり前のことを
人は実行できない。
現実的な思考のつめも甘ければ
行動のつめも甘い。

自らこの自分が美しく感動的な行動をすることが
人生を美しく感動的にする最も確実な方法だ。

美しく感動的行動を実行するために
その準備とその実行に費やす
時間は、いくらあっても
足りないくらいである。

美しさにも感動にも上限がない。

だから時間は貴重なのだ。
貴重になるのだ。

時間自体が貴重なのでない。
時間は無色透明だ。

|

« 今日一日の値段と意味 | トップページ | ライオンになる日 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「時間」は本当にそんなに貴重か。:

« 今日一日の値段と意味 | トップページ | ライオンになる日 »