« やはり、やはり、偉大なるデール・カーネギー。 | トップページ | 「時間」は本当にそんなに貴重か。 »

今日一日の値段と意味

3jpg 昨日の夜
タモリの口から
デール・カーネギーの
「人生とは今日一日のことである」
と言うコトバを聞いてから
興奮さめやらぬまま
今日も朝からこのコトバのことを
考えていた。

なんて簡潔で深く力のあるコトバだろう。

今日が豊かになる、豊かに感じる。

似たようなコトバ
似たようなことを言う人
先人も多々いるが
この言い回し、このまとめ方がいい。


くどくど語らずとも
今日を語ることで
自ずと人生全体を見事に
締め梶を取らせ
マネジメントしている。

現代のほとんどすべての
自己啓発の先生方の
崇拝するさすがの
カーネギー大先生だ。

お金を10万、100万落としても
取り戻すことはできる。
まじめに働いて貯金をするか
銀行強盗すればいい!?

しかし、今日という一日をただただ無為に
だらだらと空しく過ごしてしまったら
どのようにしても時間は取り返すことができない。

|

« やはり、やはり、偉大なるデール・カーネギー。 | トップページ | 「時間」は本当にそんなに貴重か。 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日一日の値段と意味:

« やはり、やはり、偉大なるデール・カーネギー。 | トップページ | 「時間」は本当にそんなに貴重か。 »