« 会社や各種組織で欲しい人、私が部下にしたい人 | トップページ | バレンタインとバランタインの恋愛論 »

「猿は猿は、魚は魚、人は人」と言う本

猿は猿、魚は魚、人は人 松下幸之助が私につぶやいた30の言葉 (講談社BIZ) Book 猿は猿、魚は魚、人は人 松下幸之助が私につぶやいた30の言葉 (講談社BIZ)

著者:江口 克彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

松下幸之助さんに、
もっとも身近で仕えた一人である
前PHP研究所社長、江口克彦さんが
23年間の中で最も印象に残り
学びためになった30の言葉について
説明している本です。

いいことがたくさん書いている
いい本です。

タイトルにも惹かれ読み始めました。

「それ、私の考えていることと同じだ。」
と、松下さんは、決して
言わなかったそです

一生懸命アドバイスして
きっと相手も感動するかな
内緒にしてたいけど
教えちゃおうみたいなことでも
ことごとく、

「私も解っているんだけど・・・」
「私も考えたことある(考えている)・・・」
「同じこと聞いたことがある(読んだことがある)・・」
「○○さんにも言われた・・・」

と言う人がいて、そういう人には
ちょっとげんなりしますね。

でも、けっこうこの口癖の人いますから
注意しましょう。

松下さんは、ある時、江口さんに
こういうアイデアはどうだろうと
話していた後、すぐに、ある人が来て
松下さんが言っていた将に同じような
内容を松下さんに語ったことが
あったそうです。

それでも松下さんは、相手に
私も解っているとか言わず
「凄いいいアイデアですね」等、
相手を賞賛する。

感動してくれ、感心してくれるので
話す方も、うれしくて松下さんに、
いい考えや情報を伝えたくなるという、
そういうことが松下さんの周りには
起きていたようです。

「私も(オレも)解っている。」と言わず
相手を賞賛し感謝の言葉を発しましょう。
そうすれば人の情熱と愛情に満ちた
いいアイデアや話を聞け、
人からの情報が集まるようになります。

|

« 会社や各種組織で欲しい人、私が部下にしたい人 | トップページ | バレンタインとバランタインの恋愛論 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「猿は猿は、魚は魚、人は人」と言う本:

« 会社や各種組織で欲しい人、私が部下にしたい人 | トップページ | バレンタインとバランタインの恋愛論 »