« 11日(金)午後2:46分 | トップページ | マグニチュード8.8から9に変更 つぎつぎ分かる激震被害 »

余震続く、地震の備え:水・灯油・食物購入困難

72sos 連日、市内で数箇所開いている
ガソリンスタンドに
数百メートルの列。

同じく、地元企業のスパー
ジョイスは、市内の数十箇所
の店舗で救済使命で販売。

そこに群がる
数百メートルの食料を求める人。

灯油一つ、ガソリン入れるのにも
半日仕事。しかも、一缶、10リットル
制限がある状況。

余震も心配。
また、この大地震で、関東以南
首都圏、中越等も変に活性化
しなければと心配。

バイクを乗らなくなった
近所のお年寄りよりバイクを借り
水・灯油・食料などを
単独老人世帯、高齢者夫婦
障がいのある家族を持つ高齢者主体の家庭
などに無償配布及び配達代行の
ボランティアを一日中実施。 

バイクのガソリン底をついてきた。
車から取れると思ったが
甘かった。補給せなば。
並びたくね~!

大地震の時、欲しいもの

<情報>
電池式ラジオ+電池
自動車で充電できる携帯の充電器

可能なら
無線ランPC
ワンセグ搭載のノートPC+充電スペア

<照明>
懐中電灯+電池
ろうそく+マッチ

可能なら
ランプと燃料のアルコール

<水>
水のペットボトルを購入

水道の出る間に、水をボトル・なべに補給
風呂に断水時にトイレを流す水確保

<食料>
米・乾物・カップめん

<暖房>
反射式ストーブ+灯油(暖房+お湯+料理)

ホッカイロ

<その他>
ガスコンロ+ガス

|

« 11日(金)午後2:46分 | トップページ | マグニチュード8.8から9に変更 つぎつぎ分かる激震被害 »

人生」カテゴリの記事

コメント

いろいろと奔走しているようで
ご苦労様です
自分の所は被災地ではありませんが
地震を駅の構内で向かえ
多くの人の悲鳴が
未だに焼きついてます
盛岡に帰りたいです
それは無理なので
自分のいる場所で頑張るしかないですね
防災アイテムは
日頃から準備しています
通勤はアイテムをリュックに入れてます
電池は限りがあるので
ソーラー式充電のスタンドライトがあるので便利です
携帯用もあります
充電には時間がかかりますが
お勧めします
職場でも自宅でも活躍していますよ

交通手段が復旧したら
お邪魔します


投稿: ともぞう | 2011年3月19日 (土) 08時13分

ともぞうさん

ありがとうございます。
盛岡は、スーパーには
ほとんど物がない状態が
続いています。

店によっては
少々、あるところもありますが
すぐ腹の足しになりそうなものが
あっという間に売れてなくなります。

それよりも、灯油、ガソリンは
完璧ストップです。

ガソリンがないため
仕事が出来ない
仕事に行けないという
状況です。

しかし、海岸の被災地は
もっと酷く、食べ物も
届かない避難所も多々あり
津波で流されたものを
拾い集めて食べ
始めています。

拾うものもないところもあり
支援物資が届くか
餓死、病死が早いかという
近代国家日本での被災とは
思えない想像以上の状況です。

最近は、日本の中ほどの
地震が多いので十分
気をつけてください。

福島も奇跡的に
収束し最悪の事態も脱し
交通も復旧したら
どうぞいらっしてください。


投稿: | 2011年3月19日 (土) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余震続く、地震の備え:水・灯油・食物購入困難:

« 11日(金)午後2:46分 | トップページ | マグニチュード8.8から9に変更 つぎつぎ分かる激震被害 »