« 私たちの人生 | トップページ | エネルギー貯蔵庫 »

「福井正二追悼展 」生きているうちしたいこと

Img3091102110001            <福井正二さんが自分をモチーフにしたイラスト>

いい展示会だった。
盛岡にこんな趣味で
作品のレベルはプロだが
こんな暖かい
いろいろなイラストを描いて
いる方がいるとは。

3年ほど前に亡くなった様だが
奥様とお友達の絵描き、
絵手紙仲間の方が企画開催した展示会。

故人が師事した絵手紙の大家
ばばあきら先生の今まで見たこともない
ガラス絵か何かの人物のイラストが
とても素敵だった。

会場には奥様の追悼文もあり
自分が随分辛口だったもんだから
奥様がいない時や深夜に
絵を描いていたといい
もっと褒めてやれば良かった
あなたの絵は全部好きでしたよ
という文章はぐっと来た。

これは、きっと
本当に心残りで
せつない後悔になっているのではないか
一言声をかけてあげたい思いに
かられている時
タイミングよくこの展示会を中心的役割で
企画運営していた女史が声を
かけて来て奥様をご紹介くださった。

ーあの文章、ぐっと来ました。
 奥様のいない所で描いたのは
 いいのをこっそり描いて驚かせ
 褒められ喜ばせたかったから
 だと思います。
 
 一人で描いている時も
 いつだって、頭の中に奥様が
 一番のお客さんでいたのだと思いますよ。
 厳しくていいんです。
 だからこんなに上手になれたし
 たくさん描けたと思います。

 こんなにたくさん作品があるのだから
 これからもいろんな形で
 生き続けますよ。
 ほんとうに、楽しい心温まる
 展示会でした。
 ありがとうございます。-

奥様を泣かせちゃいました。

以前に「死ぬときに後悔すること25」
という本をこのブログで紹介した。

なんと人の人生における後悔のナンバーワンが
ありがとうと言いたかった人に
ありがとうと言えなかった。
言えてないということらしい。

感謝のコトバは、特別な日になどと
取っておかないように。
構えないように。
口があって、言葉が言えて
自分の意識があるという
3つの条件がそろっていれば
いつでも言ってしまおう。

時間と機会があれば
また、言えばいいじゃん!

 

|

« 私たちの人生 | トップページ | エネルギー貯蔵庫 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「福井正二追悼展 」生きているうちしたいこと:

« 私たちの人生 | トップページ | エネルギー貯蔵庫 »