« 被災地三陸「釜石」に行く! | トップページ | この震災で世界が驚いた数ある日本人の凄さの二つ »

熱い二つの「100億円の寄付」

「台湾の義援金が100億円を突破したようだぞ。」

と弟からメールが入る。

Ph00b 数日前、ブログで台湾の
義援金のことを書いた。

被災からわずか3日で
台湾のテレビ局と芸能人が
チャリティー番組を企画し
数時間で40億円もの義援金を
集めたその素早さ熱さ
日本愛を感動と感謝を持って
綴った。

調べてみるとその通りだった。

ウェブの新聞各紙が100億円突破を告げていた。

私は勘違いをしていた。
国際情勢に疎い私は
台湾は、中国のように今
景気が良くて大金持ちがたくさんいて
バブバブ、バブルなのかと
思っていたのだ。

だって2000万の人口の国が
4時間の一番組で、そんな40億もの
大金を集めたのだから
私のような勘違いをする人間は
私だけではないだろう。

ところが、台湾は、平均年収が
150万円前後と日本よりも
低いと言うのだ。

貧乏な私だって150は超えてるぞ。

そのアメリカのを上回る義援金を、
そのアメリカの10分の一以下の
人口2000万人の国が、しかも
平均所得150万前後の人々によって
なされていることに
この国の熱さ、不幸なものへの愛
日本への温かい気持ち、
日本愛に感動でまぶたに
熱いものが溢れる。

「へっ、個人でソフトバンクの孫さんが100億円寄付!?」

Imagecaloy8ca_2ビックリしました。
100億円は本当だ。

孫さんは先に福島県の避難所を訪れ、
被災者数万人への携帯電話の無償貸与。
さらに非常に細やかな対処であるが
震災孤児を対象に、18歳までの通信料を
完全無料化といった支援も表明していた。

そして、今回のこの前代未聞の
100億円の寄付。

個人で100億円を寄付するだけでなく
さらに平成23年度から引退までの
社長業の報酬全額も、震災で両親を亡くした
震災遺児の生活と勉学の支援に
役立ててほしいとして寄付する
というのだから、カッコいい
のにもほどがある。

孫社長の平成21年度の報酬は
1億800万円ということだ。

ソフトバンクも企業として
10億円を寄付したほか、
ヤフーも3億円の支援金を
決めている。

出し惜しみせずやれることは
全て、今すぐやるという孫社長の
時と機をわきまえた人間として
財も力もあるものとしての
凄みさえ感じる判断と行動
手の打ち方だ。

も一度人生があって
サラリーマン人生を選択するのであったら
ソフトバンクで、孫さんのもとで働き
「キミを部下として持ったことは
 私の人生の幸運の一つだ。」と
言わしめる人生を生きたいものだ。

すごい人間と出会うこと以上の
人生の幸せはない。
それ以上のロマンもない。

もしかしたら
思ったよりもこの星には
すばらしい人間が
溢れているのかもしれない。

というか
人間は、すばらしいもの
なのかもしれない。

最近、私は、そう思えてきた。

|

« 被災地三陸「釜石」に行く! | トップページ | この震災で世界が驚いた数ある日本人の凄さの二つ »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱い二つの「100億円の寄付」:

« 被災地三陸「釜石」に行く! | トップページ | この震災で世界が驚いた数ある日本人の凄さの二つ »