« 今日の意味、命を大切にすること、自分を大切にすること。 | トップページ | 人間力「思考実験力」 »

2011年東日本大震災、中村太樹男「義援金捻出行商春ツアー」報告

Photo大震災義援金捻出行商ツアーに
弟がジープに絵を積んで関東に
向かって数日が経った。

時々、様子を教えてくれと
いっていたが、
東京に無事着いたとの一報の後
連絡がない。

なかなか、思うように行ってない
のだろうか?

あるいは

友人や、弟の絵ファンの方々の
善意の嵐に電話するヒマも
ないか、どちらだろう。

人それぞれ、いろんな考え方があり、
それぞれの感じ方、思いもある。

何事においても
自分の思いの熱さと温度差もあるだろう。

そのことをもちろん誰も
攻めることは出来ないし
各自が自分の善意で
それぞれに行動することはいいが
善意は押し付けるべきものでない。

どういう状況であろうと
いずれ頑張っているに違いない。

最終的には、今回のこの行商ツアーは
結果でない。思いを思いのままで
終わらせず、ビックリしたね、たいへんだね、
可哀想だねという寄り合いおしゃべりで
終わらせず、自分のできること
自分の出来る限りの
あわよくば自分の出来るもっとも
効果的な方法で行動するか
否かが、この途方もない被害と
悲しみだからこそ、むしろ
結果より一つひとつの
一人ひとりの行為そのものが
たいせつになのだ。

どちらにせよ、どうだ、どうだと
詮索したり、急かしたりせず
連絡が来るまで待っていよう。

私は苦戦している場合の
いくつかの激励の言葉も
準備していた。

ところが今日やっと
今、さっき電話があった。

声が明るく元気だ。

私の心配も激励の言葉も
無駄に終わったようだ。

同級生や、その他の東京のお友達、
厚意のお客さんたち、絵のファンの方たち
皆、皆、熱い応援をしてくれ
最低目標の50万は優に超え
義援金も三桁を超えるとのこと。
大成功のようだ。

本当にありがたいものです。

弟の話では、随分、弟のご友人、
絵のファンの方が
リンクしている私のブログの
今回のこの弟の行商ツアーのことを
書いた記事

日本中、それぞれの義援金物語
「母のこと、弟のこと」

http://kotobacafe.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-0c8e.html

読んでくださっており、
ありがたくも
いたく感動していただいて
皆さんに、よりご協力いただいた
とのこと。

ありがとうございます。

絵を買ってくださり義援金を
つくりだして下さった皆様には、
あらためまして心から、
感謝申し上げ、敬意を表します。

頑張れ、日本!

|

« 今日の意味、命を大切にすること、自分を大切にすること。 | トップページ | 人間力「思考実験力」 »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年東日本大震災、中村太樹男「義援金捻出行商春ツアー」報告:

« 今日の意味、命を大切にすること、自分を大切にすること。 | トップページ | 人間力「思考実験力」 »